華ぶんOfficial Blog

ようこそ 華ぶんへおこしやす♡ ご訪問ありがとう御座います。  

徒然なるがままに楽しく頑張ります♡

2016年04月

ようこそ おこしやす~♡

今日は雨が降ったり止んだりのお天気状況、何となく湿っぽいですね。

明日からゴールデンウィーク、皆様のご計画はお決まりでしょうか 

5月は野山も花盛り、ツツジを始め藤・こでまり・山吹・アヤメ・カキツバタ等行く先々あちらこちらにお花が楽しめます。

いろいろある花の中でも 山吹(やまぶき)

ヤマブキ


満開だった桜が散る頃になると川岸などには山吹がやさしい黄色の花を咲かせます 。

この花はまた、面影草(おもかげぐさ)という別名も持っています。 

愛し合った男女が親に認めてもらえず別れなければならなくなり最後の記念に、お互いの顔を映した鏡を土に埋め、「再会できたら掘り出そう」と言って別れます。

やがてそこから黄色い可憐な花が咲いたため人々はそれを面影草と呼びました。

山吹には一重咲きと八重咲きのものがあり野生のものは一重咲きで庭先などに栽培されるものは八重咲きで、桜ほどに目立つ花ではないですがその可憐な姿は歌にもよく詠まれました。

山吹色は「梔子(くちなし)の実」で染めるため「口無し」にかけて「言えない思い」や「言わないこと」、「筆舌に尽くしがたく言えない」などのことを山吹にたとえて詠まれました。 

「ものもいはで ながめてぞふる山吹の 
    花に心ぞうつろひぬらん」  清原元輔(清少納言の父) 

この花が咲くと、初夏まではあとわずかです。 (法人和の学校 暦だより 一部引用)




山吹の花で思い出すのは、皆様ご存知の「太田道灌  山吹伝説」 

太田道灌は扇谷上杉家の家宰でした。
ある日の事、道灌は鷹狩りにでかけて俄雨にあってしまい、みすぼらしい家にかけこみました。

道灌が「急な雨にあってしまった。蓑を貸してもらえぬか。」と声をかけると、思いもよらず年端もいかぬ少女が出てきたのです。
そしてその少女が黙ってさしだしたのは、蓑ではなく山吹の花一輪でした。花の意味がわからぬ道灌は「花が欲しいのではない。」と怒り、雨の中を帰って行ったのです。

その夜、道灌がこの事を語ると、近臣の一人醍醐天皇の皇子・中務卿兼明親王が進み出て詠まれたものに

「七重八重花は咲けども山吹の
   み(実)のひとつだに なきぞかなしき」という歌があります【後拾遺和歌集】

「その娘は蓑ひとつなき貧しさを山吹に例えたのではないでしょうか。」と太田道灌に言いました。

驚いた道灌は武道に優れていても文才の至らぬ己の不明を恥じ、この日を境にして歌道に精進するようになったといいます。

花に纏わる歴史上の日本文化は幅広く心も豊かにする深いものがあります。

もう一息頑張りましょう





 










ようこそ~♡

皆様お変わりないですか?

街路に植わっているツツジも満開、ピンク・白・ぼかしピンクが5月のゴールデンウイークを呼んでるように咲いています


2020年東京五輪・パラリンピックのエンブレム決まりましたね。

数ある中の作品A「組市松紋」  作者は野老朝雄(ところ・あさお)氏

2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は25日、旧作品の白紙撤回で選び直した新しい公式エンブレムが「組市松紋(くみいちまつもん)」(タイトル作品A)に決まった事を発表しました。

江戸時代に「市松模様」として広まったチェッカーデザインを3種類の四角形で描き、多様性を表現。

 

格子柄の集合体である、格子の組み合わせによってデザインを変化させることが出来、さらに展開例では藍色以外の色を使ってバリエーションが増える等の幅の広がりも考慮の範囲になるらしい。

2020年東京五輪・パラリンピック徐々に進んでいますね 

皆様はどのような思いでオリンピック迎えられますか?

日本のオリンピック成功してほしいです~









ようこそ~♡

今日は全国的?お天気が良くないですね。

今週月曜日の夜予期せぬ災難、警察の方の助けで何とか無事に過ぎましたがもう大変でした。

常々災難や災害・事件・病気などで一寸先は暗闇と言っていたのですが、平穏無事に暮らしていてもホントにびっくりするくらいの事が降りかかる事が自分にも起きます(苦笑

そんな中警察の方又刑事の仕事振りも見られ、今までの認識不足も感じましたよ。


もう1週間にもなる熊本地震も今だ余震続きで、もう大変な心労のダメージ思うに余る事と本当に辛くなりますね。

こんな記事が目の留まりました。

大きな揺れの中、本震直後に出産された「奇跡の子」

出産のために近くの実家に戻り、16日午後に帝王切開を予定していたが、寝付けずに横になって過ごしていた16日午前1時25分ごろ、突然の大きな揺れに襲われ、思わず両手でおなかを。。。

食器や衣装ケースが床に落ち、靴箱は倒れ、家を囲む石塀もほとんどが倒れ慌てて家を飛び出し家族4人で近くの公民館に避難。

おなかをさすってもらっていると陣痛が始まり破水。

母が呼んだ救急車で市内の産婦人科医院に運ばれた。
医院も外壁のタイルが落ちるなど損壊する中、同日午前5時過ぎに無事出産。

人間ドラマは一生それぞれ誰もが綴って行くもの、この世で貰った尊い命、大切に大切にと思います。


春を迎え植物の花も次々と咲いて来ました。
1年を通してワンシーズンに巡り合える花、それぞれ生きる物の宿命尊いものですが・・・・


海老根


地震災害に遭われました皆様が1日も早く安住の生活に戻られます事、心よりお祈り申し上げます。







お買物でポイントがどんどん貯まる!Yahoo!プレミアム会員登録はこちら






ようこそ~♡

2日続きの晴れ渡ったお天気に恵まれた気分もダウンに!

TVを見てもラジオを掛けてもやっぱり現実の地震速報状況・・・・

大地震で荒れに荒らされている状況に胸が締め付けられます。。。

目に飛び込む川内原発「停止の必要なし」???

丸川珠代原子力防災担当相は16日午前、熊本地震の非常災害対策本部で、運転中の九州電力川内原発(鹿児島県)について、観測された地震動が自動停止させる基準値を下回っているとして「現在のところ、原子力規制委員会は停止させる必要はないと判断している」と報告。

こんな大地震に原子力災害対策が出来ている?

その技術?信じられる?

原発「停止の必要なし」本当に信じて良いのですねと念を推したくなりますね。


今だ100何十回と続いている地震、現地の人には恐怖以上の気持ち又これからの不自由な生活を強いられ本当に言葉では言い表せないくらい大変と思います。

1日も早く落ち着いた生活に戻られます事お祈り申し上げ、お見舞い申し上げます。
 






お買物でポイントがどんどん貯まる!Yahoo!プレミアム会員登録はこちら







ようこそ~♡

もうびっくりしました!

昨夜AM2:00頃目が覚め何気なくTVをつけたらこのニュース。

熊本県熊本地方で14日午後9時26分ごろに発生した震度7、マグニチュード(M)6.5の地震。

15日午前9時現在、最大で震度6強を含む震度1以上の余震が120回にのぼっている・・・・

TVで現状を見れば現実! 今だ岩手・宮城内陸地震の事が覚めやらない中、日本列島の現状に不安を再確認です。

自然が脅かす地震の防御策・・・・

人間て遣られてもやられても耐えてたえて、と言う所なんでしょうかね 

自然界と人間界の相互関係、どのように理解して。。。

火山脈が通っている日本列島は免れる事の無い繰り返される災害にやっぱり強固な対策を油断なく常に考えておかなくてはいけないのでしょう。

専門家の更なる研究での防御が求められます。

災害に遭われました熊本地方の皆様の被害、お見舞い申し上げます。







お買物でポイントがどんどん貯まる!Yahoo!プレミアム会員登録はこちら






↑このページのトップヘ