ホームページへ医学博士・臨床心理士 姜 昌勲

きょう こころのクリニック 院長のブログです。

2012年10月

勝間和代さん、干場弓子社長と貴重な時間を過ごしました。朝活会も含め私的「秋のディスカヴァー祭り」!

きょうです。
念ずれば花開く。
僕がさまざまな影響を受けてきた勝間和代さん、そしてディスカヴァー・トゥエンティワンの干場弓子社長と、ランチするという貴重な機会をいただきましたので、報告させていただきます^^
35

続きを読む

越川房子先生の「マインドフルネス認知行動療法」講演を聴きました!

きょうです。
本日は聴講録!
いまトピックスのマインドフルネス認知行動療法について、聴講したので報告します。
講師は早稲田大学教授の越川房子先生
まず最初に驚いたのが、そのお姿。全然知らなかったので。

続きを読む

僕がADHD特性を持ちながらも、医師になれた理由。

きょうです。
患者さんとの診療では、日々気づかされるこどばかりです。
彼ら彼女たちにすれば、僕は治療者で、治療してもらうという受動的な立場かもしれませんが、実は僕自身が彼ら彼女たちから多くのことを受け取り、学んでいるのです。

また新しい気づきがあったので、ちょっと書いてみましょう。続きを読む

精神科臨床はどこへいく~精神科医のお仕事は、どこへいく~

きょうです。
先日、眠れないからなんとかすぐ診てほしい、という患者さんが来られました。
基本、患者さんの個人情報はブログやツイッターでは書かないことにしているので、ここで書く症例は複数の事例を組み合わせた、架空の事例とお考えください。続きを読む

心理検査の所見とはどうあるべきか。WISC-Ⅳテクニカルレポートからの雑感。

きょうです。
先日、とある大学併設のカウンセリングセンターから、心理検査所見についての医師側の意見を求められたので、 行ってまいりました。
そこで、WISC-Ⅳ心理検査の保護者へのフィードバック用紙を見せていただいたのですが、各指標の数値が無い・・・
これ、数値が無いと意味が無いですよね?と質問すると、公式の研修会などで、保護者への数値のフィードバックはしてはならない、と言われたとのこと。

え?そんなバカな、と思いつつ、ちょっといろいろ調べてみました。続きを読む
メルマガ購読・解除
 
きょう まさのり の本
大人の発達障害診療マニュアル
明日からできる大人のADHD診療
コミュニケーション回避系男女のための失敗しない会話入門
「おとなしすぎる子」に不安になったときの子育て
あなたのまわりの「コミュ障」な人たち
他人とうまくいかないのは発達障害だから?
子どものこころQ&A70
きょうまさのり オフィシャルサイト

Designed by TEMA Production.