きょうです。
さて、気になるニュースをみつけました。
子供に向精神薬処方増…注意欠如などで2・5倍
以下、転載します。
子どもへの向精神薬の処方件数が増加し、13歳~18歳では、2002年~04年と08年~10年との比較で、注意欠如・多動症に使うADHD治療薬が2・49倍、統合失調症などに使う抗精神病薬が1・43倍になったことが、医療経済研究機構(東京)と国立精神・神経医療研究センター(同)などによる初の全国調査で分かった。

 調査は、02年から10年の間に、外来診療を受けた18歳以下の患者の診療報酬と調剤報酬の明細書約23万件を分析した。1000人あたりの向精神薬の処方件数などを算出し、統計解析で年齢層ごとの処方件数の年次推移などを比較した。

 02年~04年と08年~10年の処方件数を比べると、13歳~18歳ではADHD治療薬と抗精神病薬の増加に加え、抗うつ薬の処方も1・31倍となっていた。6歳~12歳でも、ADHD治療薬が1・84倍、抗精神病薬が1・58倍と増えていた。
なるほど。
ADHD治療薬の増加は、理解出来ます。
要因は二つ考えられます。

まず、児童精神科を標榜する精神科クリニックが増えている、ということ。結構、新規開業で児童精神科やってくれるところ、目立つようになってきました。

なので、「ADHDと診断される子ども」の数は増えているはずです。医療機関が無いと、診断されることはありませんから。

それと、もうひとつの要因は、治療薬の選択が増えた、ということにあります。

ADHD治療薬も、2002年〜2004年は、リタリンしか無かったはずです。で、そのリタリンも、ADHDに適応があったわけではなく、ナルコレプシーと重度うつだけでした。正式にADHDに適応をとったのは、コンサータとストラテラだけのはずです。コンサータは2007年の年末から使えるようになり、ストラテラは2009年の6月から、ですから今回の統計よりも多分現在の方が処方量はさらに増えていることが予想されます。

で、それに加えて、抗うつ薬と抗精神病薬の処方も増えていることに、ちょっとビックリしました。以前のエントリーで、小児に対する抗うつ薬投与のリスクについて書いたように、流れ的には処方は減っているのかな?と思っていたのですが、増えているんですよね。。

やはり、受診出来るクリニックと、受診する患者さん、この両方が増えたからではないのかな?と思うのですが、どうでしょうか。
なので、出来れば受診した子どものうち、何%に薬が処方されたか、それが知りたいところです。

初診でいきなりコンサータやストラテラを処方することはほぼありえないし(もちろん転医や緊急介入の必要性など例外はあります)、良い医者の見分け方で言えば、こういう薬が処方された、されていない、というポイントではなく、「どのタイミングで薬が処方されたか」というのも大切なのです。

ADHD治療薬で言えば、正確なアセスメント、診断、学校教師などとの連携、環境調整、それを経てから、薬物の投与が考慮されるべきではないかと考える次第です。

ともかく、今回の統計をもって、児童精神科が薬づけ治療に走っている!などという誤解につながらなければいいかな、と感じました。

本日はこの辺で、ではまた!
無料メルマガ「児童精神科医きょうもぼちぼち」、隔週木曜に配信しています^^
人気ブログランキングへぽちっと押していただければ嬉しいです☆
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へブログ村もよろしくです☆