きょうです。
医師国家試験、合格発表きましたね〜
早い。僕の時代より1ヶ月早い。 
この時期に発表と言うことは、4月1日から働けてしまうということです。

ちょうど20年前、僕は医師になりましたが(今年医師になって20周年やん! 今気づいた)、その時は試験も遅かったし、発表も4月中旬になってからでした。

以前も何度か書いたかもしれませんが、医局によっては4月1日から働かないといけないところもあり、発表で不合格だと次の日からその人はサヨウナラという、「アメリカ横断ウルトラクイズ」的な突然のリタイアが見られたわけなんです。

精神科医局はまだ幸せで、発表までは働かなくていい、ということでかなーり暇な春休みを過ごさせていただきました。

あまりに暇で、かつ旅行に行くお金もなく、無理やり医大の後輩をあつめてソフトボール大会を開催したり、 アホなことをしてひたすら暇をつぶしていた記憶があります。

そして、それがおそらく人生最後の暇な時間になるとは、そのときは考えもしなかったわけですが。。。

働きはじめても所詮研修医、戦力になるはずもなく、ひたすら雑用をしました。

当時は電子カルテも無く、紙カルテに手書きの処方せんの時代で、大学病院の外来の片隅で、ひたすら処方せんを書き写すと言う仕事をしました。

処方せんを書き写すことによって先輩方の処方の癖とか、いろんなものを覚えるかといえば

まったくそんなことはありません。

処方は自分の頭を使ってはじめて覚えるものです。

常勤の精神科病院に移って、患者さんを担当させてもらって、処方を考えて、そこから身に付きました、いろんなことが。

今は、はじめての患者さんでも、ヒストリーや現在の症状などしっかり問診をした上ですが、自分がその患者さんにどのような治療をすべきか、自然に、流れるように言葉も繰り出されるし、処方も計画することができます。

ただ、こうやって書いていて思い出しましたが、同じ学年の友だちが作った「精神科処方虎の巻」てきな紙をいつもポケットに忍ばせて、いろいろあーでもないこーでもないって考えて、治療計画を考えていた時代が、僕にもあって、本当に懐かしく思う次第です。

これから医師になるみんなに知って欲しいこととしては、やっぱり「鉄は熱いうちに打て!」です。

医師になって、最初の3年4年くらいがとっても大切だと思います。 

僕は研修医は1年で返上して、2年目から島根県の安来第一病院という病院に常勤で勤務したのですが、そこでの臨床経験が凄く大きかった。

基礎の基礎からそれこそ人間性から鍛えられて、それは今の自分の礎になっています。

厳しくて心も折れそうになったけど、良い4年間を過ごさせてもらいました。

最初にどんな病院で勤めて、どんな仲間と接して、そして指導医からどういう指導を受けるか。

自分一人ではコントロールできないことだらけですが、皆様に良い出会いと良い経験が待っていることを願っています。

日本の診療報酬制度は、全国どこであろうが。どんな病院であろうが、どんな医師でも、それこそ1年目でも20年目でも、同じ点数がつけられます。(多少例外はありますが)

それを自覚して、頑張って欲しいです。

患者さんからすれば、自分の病気をなんとかしてくれると信じて頼っている、たったひとりの医者なんですから。

勉強させてもらう、そういう姿勢も必要かもしれませんが、医師として臨床の現場に立っている以上は、常に真剣勝負、そういう覚悟で患者さんと向き合って欲しいと思います。

もうすぐ20周年を迎える医師の戯言でした。

とりあえず、合格した皆様おめでとうございます。

本日はこの辺で、ではまた!