きょうです。
本日は勉強法について書いてみます。
思春期外来で、勉強のアドバイスを求められることが結構あります。

本人から聞かれたり、保護者さんが「先生に教えてもらい!」とか言うこともあり。

大体は悩んでいる、うまくいってないからアドバイスを求めるわけで、こちらとしてはそう言う場合は結構気楽にいろいろ提案できます。

で、いよいよ夏休み。

夏の勉強は、僕的にはかなり大切やと思ってます。

大学受験ならここが勝敗を分けるといっても過言ではないし、医師国家試験にしても、産婦人科領域の本はとりあえず一冊仕上げとくみたいな、ちょっと大きな目標も立てれちゃいますし。

中学入試は、誘惑も少ないし、何の疑問もなく勉強に集中できるので、あえてここで言うこともないですが。

高校入試は、僕は経験していないので、何も言えねえ。。

大学受験については、僕は夏の過ごし方は失敗と成功、双方経験しています。

そう、現役は見事に失敗。浪人は成功、です。

今から振り返ると、なんで失敗したか、なぜ成功したか、それは明白です。

現役の時は、やっぱりペース配分もわからなかったですし、なんか霧の中を彷徨ってるような勉強しか出来ていなかったように思います。

予備校なり夏期講習なり、そういうのを真面目についていっていれば、良かったかな。やっぱり受験のプロですから。

浪人の時は、現役の失敗を踏まえて自分なりに対策をたてました。

まず、勉強の環境作り。つまり、「場所」の「構造化」です。

家では全く勉強出来ない派でしたので、もう割り切って、家は飯食って風呂入って寝る場所としました。

朝起きて、あえて時間のかかる各駅電車で予備校まで行きます。

これは、座れるということ、ある程度まとまった時間が確保できる、という意味があります。

そこで、大体の予習をやりました。
これは捗った。

もちろん、眠くなればそこはサクッと寝ます。
無理はしない。

そして、予備校では食堂なり自習室で、勉強。

ここで大切なのが、勉強時間と休憩時間の記録です!

何分集中して勉強したのか、しっかり記録すること。

意外に、やったつもりでもやってないものです。

大体、一日の勉強時間を目標設定しておくのも大切。

そして、クリアした問題数なども、しっかりチェックしていきます。

僕は、チェックボックスを自分で作って、黒く塗りつぶしていきました。

ひとつひとつは簡単に斜線をひいて、5個とか10個とかまとめて塗りつぶすのが快感だったなあ。

一冊の小さなノートに、コツコツ勉強時間を一日一ページ、記録しました。

夏の間、これを、やりきりました。

この夏の勉強と自信が、大きかった。

昔から、「夏を制するものは受験を制する」と言いますが、これはやっぱり真理やと思います。

あと、息抜きもやっぱり必要なので、「何もしなかった一日」があっても良いと思います。

ただし。
何もしなかった一日も積み重なったらヤバいっす。

それでも、
何もしなかった一日がなかってもヤバい。無理しすぎるとメンタル潰れますから。

参考書や問題集は、一巡目からわかったところできたところ、できなかったところ、日付けとマルバツ、記録しておくのもおススメしときます。

秋冬、最後は時間との勝負になります。
今から、自分の弱点を絞り込むこと、そして「できているところ」は一回でサクッとクリアさせてあんまり見直さない、て割り切りも必要になりますから。

受験生の皆さま、今から夏!これから、勝負です。

人生でひとつのことに打ち込む夏なんて、そうそう訪れるもんじゃあありません。

どうせやるなら楽しみながら打ち込んで欲しい。

辛い、楽しめない、というならそれは方法が間違ってるのかもしれません。

そんな時は診察室でも質問してください。
勉強法に関してはツイッターでも質問受け付けますよ。
たまにはつぶやいてみます(`・∀・´)

みなさまの健闘を祈り、応援しております。

本日はこの辺で、ではまた!