きょうです。
本日もブログ更新です。
関西では中学入試、そして全国ではセンター試験が行われました。
大雪の影響で試験開始時間が遅れたところもありながらも、なんとか無事に終わったようですね。

で、いつもこの時期にくると思うんですが。。

ホント、真冬のこの時期の入試、やめませんか?

ってこと。

おおげさかもしれませんが、受験生からしたら「人生がかかる」くらいの気持ちで受けているわけですよ。
で、真冬のこの時期、交通機関は雪の影響を受けやすい、そしてインフルエンザ流行など、罹患してしまうともうどうしようもなくなる(救済措置も全てとはいきません)、いやなんで真冬に入試やるのん?って思うのです。

僕が小学生の頃は、関西では私立中学入試の統一日は3月1日、2日でした。
そこからどんどん前倒しになって、この時期。

いや、前倒しになるのは、良いことだとは思うのですが、わざわざ真冬にせんでも。。

センター試験も、大雪で〜インフルで〜とか各所で言われるのはもはや風物詩。
前倒しにすると、授業の進捗が早い私学が優位だ、という話もありますが、そういう各論をおいておいても、やっぱりこの季節にやるのはどうなん、ってところなんですよね。。

海外諸国は入学時期が9月であるので、入試などでも天候や体調の影響は少ないと言います。
国際化が言われるこの頃、やっぱり日本も9月にしてはどうなん、って思うんですけど、どうなんでしょうね。

まあとりあえず、受験生の皆様おつかれさまでした。
大学入試の高校生は、まだこれから私大入試や国公立の二次試験があります。

春はもうすぐです!
って、9月入学になるとこのフレーズも使えなくなるんですけどね^^;

本日はこの辺で、ではまた明日!