きょうです。
この情報化社会、ネットに触れない日は1日たりともありません。生活に密着しているというか、もはや無くてはならないものになっている。
そしてそういうネットと触れあう日々において問題になってくるのが「ネタバレ」。

そう。たのしみにしていたタイガーウッズとフィルミケルソンの10億円マッチ(買った方が10億円もらえるという、10円置くんちゃいまっせ、10億円でっせ。。)も、日本のゴルフネットワークチャンネルで放映される前にネットで爽やかにネタバレきましたし、なんかネタバレしないフィルターとかを、スマホやパソコンにかけたいくらいです。

そして今日、過去最大級くらいのネタバレにあって愕然としております。ヒントは本日封切りの映画なわけですが、いやあもうネタバレ嫌なら封切り初日に映画館に行かないとあかん時代ですねえ。
最近見放題の映画ネットサービスとかもあって、ちょっと待てば気軽に自宅で映画がみれてしまう時代、僕もちょっと映画館にいく頻度が減ってきているのですが、ネタバレも気にせずフレッシュな気持ちでみることのできる映画館、見直さないといけないかもです。。

最近、過去の大作映画のリメイクなんかも多いのですが、ああいうのって結末とか変えてるんだろうか?例えばリメイクされたオリエント急行殺人事件なんて、あれ結末しってたら面白くもなんともないような気がするのですが。。

とりあえずゴルフばっかり行ってないで映画館にも足を運ぶことにしよう。
ではまた!