ホームページへ医学博士・臨床心理士 姜 昌勲

きょう こころのクリニック 院長のブログです。

「児童精神科外来Q&A」原稿

「心身症」の正確な定義について、もう一度勉強してみた。

きょうです。
前回アップした記事「子どもの心身症について。除外診断の必要性と、否定の罠」について。
心身症の定義について、正確でない表現であることを専門の先生から指摘されました!

ということでもう一度勉強して、まとめてみました。長文です。
(平成23年11月29日追記:この記事は平成23年11月14日にアップしましたが、さらに加筆して再投稿いたしました!)続きを読む

子どもの心身症について。除外診断の必要性と、否定の罠。

きょうです。
本日は、児童精神科外来で比較的目にすることの多い疾患、「心身症」について説明しましょう。
あ、大人でも心身症の人はものすごく多いです。
つまり、すべての年代通じて良くみられる疾患ということです。
そもそも心身症ってなんでしょうか?続きを読む

児童福祉領域で利用できるサービスについて-その1-

きょうです。
精神科臨床の現場で医師や心理士に求められる仕事。
それは医師なら診断・治療。心理士ならアセスメントとカウンセリング。
・・・だけかと思われがちですが、もちろんそんなことはありません。
続きを読む

チックとトゥレット障害について

きょうです。
ぼちぼち元気に生きています。
出版書籍原稿も一段落し、いよいよ詰めに向かいつつあります。それから他にも依頼いただいた原稿も、頑張って仕上げました。ということでまた次の目標に向かって画策しております。具体的には、書籍第二弾!の出版ですでに自分の中には構想はあります。がんばらねば。さて、本日のブログです。
教え子さんからメールが届いたのですが、「チックとトゥレットの違いがよくわかりません」とのこと。ではブログで解説することにいたしましょう。ちょうど今度出版する原稿にも軽く入っておりますので。続きを読む

不登校。学校に行けないのか、行かないのか。その②

きょうです。
愛犬ラブの病状をみなさん心配してくださりありがとうございます。
本日(といっても日付は変わっていますが、10日の日曜日のことです)、滋賀の動物医療センターまでお見舞いに行ってきました。
手術後の経過も順調なようで食欲も旺盛でまずまず元気でした。
2011/07/10 12:16:02
愛犬ラブ、滋賀まで面会。病院は混んでた~さっきようやく会えました!ちゃんと頑張って立ってくれました!妻も行ったので嬉しかったのでしょう。先生も術後はじめて立ったとの事で驚いていました。経過は順調ですが根本治療、解決ではないです。でもとりあえず安心しました。まだ入院続きます…

日々の診療や運動、愛犬のことなど気になることばかりですが、ブログを更新して執筆書籍の原稿もいい加減に完成したいと思うので引き続き頑張ります。

さて本日は不登校について、続きです。
前回記事はこちら
「不登校。学校に行けないのか、行かないのか。:きょうクリいんちょうブログ」
続きを読む
メルマガ購読・解除
 
きょう まさのり の本
大人の発達障害診療マニュアル
明日からできる大人のADHD診療
コミュニケーション回避系男女のための失敗しない会話入門
「おとなしすぎる子」に不安になったときの子育て
あなたのまわりの「コミュ障」な人たち
他人とうまくいかないのは発達障害だから?
子どものこころQ&A70
きょうまさのり オフィシャルサイト

Designed by TEMA Production.