ホームページへ医学博士・臨床心理士 姜 昌勲

きょう こころのクリニック 院長のブログです。

治験の話

自閉スペクトラム症で睡眠障害のお子さまを対象にした治験募集のお知らせです。

きょうです。
本日は、きょうクリで行っている「小児自閉スペクトラム症の睡眠障害」の治験のお知らせです。
連絡は添付資料に書いてあるアドレスまで、お気軽にメールください。
治験は、新薬が日本で使えるようになるための、必要なステップで、患者さまの協力によって成り立っているのです。
本日はこの辺で、ではまた!
①Web掲載用%28ノーベル/小児睡眠障害%29

 

小児ADHDの治験に参加できる方を募集しています。

きょうです。
本日はきょうクリの告知です。
当院では小児ADHD(注意欠如・多動症)の治験に参加していただける方を募集しています。
続きを読む

治験不正のニュース…非常に残念です。

きょうです。
治験がらみでこんなニュースが飛び込んでまいりました。 
続きを読む

治験のお知らせ。小児統合失調症の、薬です。

きょうです。
きょうクリでは、患者さんに協力していただいて治験を行っています。
なぜ僕は治験をするのか?それはこちらの記事をお読みください^^
治験のお話続き。なぜ僕は治験を実施するのか。
治験も患者さんのエントリーが薬の種類によってばらつきがあり、規定の患者さんが集まらずにクローズされるものもあるのです。続きを読む

社交不安障害について。それが性格のせいでなく、疾患である意味。

きょうです。
こんなニュースがありました。
性格の問題で片づけられる精神疾患が多くて、「気持ちの問題」「気合いで何とかなる」と思われる事も珍しくありません。
最近は新型うつなんかもそうですよね。れっきとした適応障害とうつ病の治療が必要と思うのですけど、若者の甘え的にとらえられる記事が多くて悲しい所です。

今回のNHKニュースでは、「社交不安障害」について取り上げられていました。
なんでもかんでも精神疾患にして、という批判があるのは承知ですけど、疾患モデルで捉えるという事は治療法を考える意味でも大切なことなのです。

社交不安障害は、認知行動療法や薬物療法により改善可能な疾患です。
そして、治験も行われています。
治験って何?ってかたはこちらを。
過去記事も参照ください。
きょうクリいんちょうブログ:治験のお話。くすりはどのようにして開発・発売されるのか。続きを読む
メルマガ購読・解除
 
きょう まさのり の本
大人の発達障害診療マニュアル
明日からできる大人のADHD診療
コミュニケーション回避系男女のための失敗しない会話入門
「おとなしすぎる子」に不安になったときの子育て
あなたのまわりの「コミュ障」な人たち
他人とうまくいかないのは発達障害だから?
子どものこころQ&A70
きょうまさのり オフィシャルサイト

Designed by TEMA Production.