石んこ奮闘記

japino Jr.の人生を赤裸々につづるブログです。 石の駅公式ブログ。

「小才は縁に出会いて縁に気づかず。中才は縁に気づいて縁を生かさず。大才は袖すりあう縁をも生かす」 ブログとはいえ、皆様との出会いを大切にします。

室根石!

室根石は地元、一関市室根町から採れる花崗岩の自然石です。

この度、室根石を使った墓石の施工をしましたので紹介します。



土留を室根石の玉石を組み合わせて、野面積みに仕上げました。

2017-02-14-16-59-35



















本体の石は、約3トン近い重さのため一度リハーサルを行いました。
2017-03-04-16-44-30



















原石は、直接採掘場まで足を運び選んできました。

2017-03-13-14-28-25



















そして、完成したのがこちらです。
自然な形を活かし、とても重厚感のあるお墓に仕上がりました。

重さが重さなだけに、とても緊張しました。

ご縁があり、こういった仕事を出来たことに感謝しています。





酉年!2017年!

遅くなりましたが、新年明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いします。

2017年の干支は酉年ということで、鳥の置物を入荷しました。

CIMG1530



















CIMG1531



















CIMG1532




















CIMG1533




















大きさは5cmから10cmくらいです。

酉年だけに飛躍した年になるように玄関やリビングにどうでしょうか?
CIMG1529



















そして、こちらは笑顔が素敵なお地蔵様!
見ているだけで縁起が良くなりそうです。

2017年もたくさんの人との出会いを大切に仕事をしていきたいと思います。

Merry X'mas!!

Merry X'mas

本日は、クリスマスということで、慣習行事と宗教について書いていきたいと思います。


様々な宗教が存在するここ日本では、クリスマスにケーキを食べ、年越しはお寺で除夜の鐘を聞き、正月は神社へお参りする。何気なく毎年行っていた慣習行事ですが、宗教の観点からみるととても不思議なことですね。

私の家は仏教徒ではあります。しかし、そこまで気にして慣習行事を考えたことがありませんでしたが、外国の人からすると、とても考え難い事実のようです。

日本人にとっての宗教観はいい意味で寛容的であると思います。

全ての宗教において、その教義に忠実である、守ること、それは非常に大事なことです。しかし世の中にはもっと大切なことがあります。それは信じる宗教が違っていても、お互いを尊重し、そして仲良くするということです。
日本では色々な宗教を信じている人がいますが、宗教が違うからといって、争いやもめごとといったことはほとんど起こりません。
しかしテレビでニュースを見ますと、世界ではひとつの宗教を信じるあまり他の宗教の方と争うという場面が放映されます。
宗教の本質は盲目的にひとつのものを信じることではありません。世界にはたくさんの人がいて、それぞれ皆さん感謝の気持ちを持って、安心感を得て、そして自分の人生を全うする。その助けを提供するのがこの宗教の役割だと思います。
ですから宗教の本質、役割というのは安心感を与えることです。ここ日本では様々な宗教がありますけれども、それぞれ尊重して、皆さん平和に安心感を持って過ごされています。


日本のように神仏融合の文化、寛容の精神が世界平和に繋がればと思うクリスマスの夜でした。

記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • 室根石!
  • 室根石!
  • 室根石!
  • 酉年!2017年!
  • 酉年!2017年!
  • 酉年!2017年!
  • 酉年!2017年!
  • 酉年!2017年!
  • 暑中見舞。
  • 暑中見舞。
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ