<広島の土砂災害から丸2年報告2>


 広島土砂災害により、いまだ手つかずのまま放置されている家もあります。まだ時が止まったままの人、やっと進みだした人、歩みだそうとしている人など、復興への道のりはまだ始まったばかりです。
 私たちは安佐南区緑井の上組町の町内会で行われた追悼式に参列させて頂きました。法要を行ったのは、広島密教青年会の有志の方たちです。仏教でいうと今年で3回忌となり被災されたみなさんと祈りを捧、供養させて頂きました。忘れたいけど、忘れられない現実がそこにありました。


法要1_s

法要2_s

法要3_s

法要4_s


 これからのまちづくりをどうしようか?など課題は山積みです。避難路を作ってほしいと要望したものの、受け入れてもらえなかった地域、災害では被害がなかったにも関わらず避難路の建設により、立ち退きを迫られ、コミュニティを分断させられた人など、その上で住民が望む安心・安全なまちづくり・コミュニティづくりを模索しています。
 
 8月20日の中国新聞に「当事者の視点で検証」と題して、「それぞれの世帯が抱え込む事情や生活ニーズは、時間とともに変わってくる。きめ細かく寄り添う行政が求められる」と述べ、続けて「とりわけ災害弱者の視点は欠かせない。障害者団体でつくる日本障害フォーラムなどは今年5月、障害者と防災を巡る全国の当事者アンケート結果を公表した。6割以上が『地域の防災訓練に参加したことがない』と答え、福祉避難所のありかをほとんどが知らなかった。いざというときに障害者が取り残されかねない現実を突き付ける。改善策として自力避難の難しい『避難行動要支援者』名簿の活用を望む意見が強い。障害者の死亡率が健常者の2倍以上となった東日本大震災を踏まえ、3年前の改正災害対策基本法で作成を自治体に義務付けたものである。ただ広島土砂災害では市の名簿は安否確認などに生かされたとは言えない。」また「『災害は平時に隠れている地域の課題をあぶり出す』とは、21年前の阪神・淡路大震災以降の変わらぬ教訓だ。多様な当事者の視点を借りた地域点検こそが防災力の源になる。そのことを忘れてはなるまい。」と伝えています。


犠牲者_s

 災害が多発し、過去の災害の記憶が薄れていく中で、各被災地に目を向けその教訓を生かせるよう、犠牲者の命を無駄にしないようにしていきたいものです。

<広島の土砂災害から丸2年報告>


2014年8月20日広島の土砂災害から丸2年を迎えました。77人とお腹の中にいた胎児を含めると78人の尊いいのちが奪われました。そして、時を同じくして、兵庫県丹波市でも豪雨の影響により、1名の尊いいのちが奪われました。両地域で亡くなられた犠牲者の方には心よりご冥福をお祈り申し上げます。
 両被災地域では、巨大な要塞のような砂防ダムが次々と建設されています。その砂防ダムを建設するために立ち退きを強いられた人もいます。以前にも「災害で大丈夫だったのに、移転しないといけない」と悔しそうにつぶやいた住民の声を思い出しました。「国と県が砂防、治山ダム整備などを計画した計57カ所のうち、51カ所が完了した。残る6か所のうち5カ所も11月までに完了の見通しとなった。」(中国新聞2016/08/17)
「深刻な被害を受けた兵庫県の丹波市北部では大半の復旧工事が本年度中に完了する見込み。一方で住まいの確保や被災した農地の活用など、生活再建に向けた課題に直面する被災者もいる。」(神戸新聞2016/08/17)


 広島の被災地を歩いてみると、流れたお墓の救出などに関わった現場では、お墓の区画ができあがり、新しくなったお墓が目立ち、観音様が建立されていました。


観音様1_s

碑文_s


墓苑_s


お墓_s


お墓の裏山には砂防ダムが建設され、脇には大きな工事用道路が建設されていました。
その脇にはまだ不明と書かれた墓石が佇んでいました。

ダム_s

不明_s


 広島市安佐北区の被災者の方を訪ねると、自宅の裏手には巨大な砂防ダムが建設されています。「これを作ってもすぐ土砂が堆積するから、ちゃんと土砂をかきださないといけない」と被災者の人は言います。

裏山_s


砂防ダム1_s


その工事に伴い、住宅が移転を強いられたのです。他の地域でも、道路の拡張や広域避難路のためなどで移転を迫られた人は少なくありません。それにより、各被災地域では人口が約1000人弱ほど減少していて、今後も立ち退きなどによる人口減少は否めません。移転に際しても納得のできる値段では決してなかったようです。また、特別警戒区域に戻る際は、土砂の流入を防ぐための擁壁などの建築に条件が適用されます。それで戻りたくても簡単には戻れない人もいるようです。なかなか住民主体の復興は難しいようです。(つづく)


まちづくり_s

↑このページのトップヘ