被災地NGO恊働センターです。当センターでは、熊本地震の被災地、西原村を支援しています。
現在、関わりを持たせていただいている古閑集落の若手メンバーが12月に新潟県中越地方へ視察に行くお手伝いをさせていただきました。

中越地震の被災地である山古志村の方々と西原村の方々とは、震災以降、中越からメッセージをいただいたり、熊本地震1年の際に山古志から来熊されるなど、交流が進んでいました。今回は、そういったご縁から集落の若手メンバーが中越地震後の取り組みについて学ぶ機会として訪問をされました。
古閑地区中越訪問_180227_0013

古閑集落では、集落内の再生計画(工事)のある程度の青写真が出来てきており、着工を待っている状態になっています。今までは、集落の再生についての議論を交わしていたのですが、それが落ち着いて来た今は踊り場的な状態になっていて、集落の中でどのような活動をしていけば良いのか、何ができるのかということがわかりづらくなっています。若手メンバーは、その中で集落をどのように活性化していくのか、という活動のヒントを探ろうとされています。
古閑地区中越訪問_180227_0008

視察は、木沢集落や川口町、塩谷集落などを見て回り、住民の方々にお話を聞かれました。
参加者からは、「新潟は70歳、80歳がいても諦めずに頑張っていることに感動した。上の人も意見を変えていった。10年たってもボランティアが来てると感じて、そういう雰囲気、受け入れ作りをしていきたいと思った」というような感想が出てきていました。
古閑地区中越訪問_180227_0010

今後は、将来を見据え、集落内の若手や女性陣を中心にした集まりなどを開いていきたいなどの意見も出てきているそうです。外部の人をどのように受け入れていくかということも話題となっていました。

今後もこうした集落内の支え合いや再生に向けた動きをサポートしていきたいと考えています。

熊本地震の支援活動についてのHPを作成しています。
http://ngo-kyodo.org/kumamoto/index.html

寄付の受付はこちらから
http://ngo-kyodo.org/cooperation/donation_and_membership.html 
★JAPANGIVING掲載中(クレジットからの寄付ができます)
 https://japangiving.jp/supports/33713
★マンスリーサポーターの仕組みができました!
 http://ngo-kyodo.org/cooperation/donation_and_membership.html

被災地NGO恊働センターです。
当センターでは、「西原村rebornネットワーク」を通じて、熊本地震の被災地である西原村で支援を継続しています。今回は、その西原村からのお願いです。

今回、西原村の地震直後からこれまでの復興の道のりを、ドキュメンタリー映画として作成するというプロジェクトが進んでいます。
村の住民と役場職員の奮闘を中心にし、後世へと語り継いでいくための映画となります。
映画完成後は、上映会を開催、その後は村へ映画を譲渡されるとのことです。
村役場も全面協力をしていくとのことでした。

みなさま、ぜひご協力をお願いします。

◆プロジェクトの内容や
応援方法の詳細は下記のURLからお願いします。
https://camp-fire.jp/projects/view/64810

みなさまのご協力、どうぞよろしくお願いします。

西原村rebornネットワーク

熊本地震の被災者支援を続けています。西原村では、「西原村rebornネットワーク」が本格的に立ち上がり、活動を展開しています。当センターでは、このネットワークのサポートをしています。今年度1年間を通じて当センターの活動をハンドオーバーしていきたいと考えています。

西原村rebornネットワークは、縮小する災害ボランティアセンターの機能をどのように維持するのかを考えて、当初は「西原村rebornプロジェクト」という名前で発足しました。災害ボランティアセンターを中心として、支援に関わっている村内外のボランティア団体やNPO/NGOをゆるやかにつなぐ場として機能を持たせようという趣旨でした。
IMG_1479

これまで西原村災害ボランティアセンターの運営は、社会福祉協議会が担ってきましたが、どうしても時間が経つと規模を縮小せざるを得ません。がれき撤去などのいわゆるガテン系の活動は徐々に減っていきますが、一方で被災者一人ひとりの困りごとは多様化していきます。例えば、「住宅をどこで再建するか決めかねている」「仮設住宅は狭くてものが置けない」「畑仕事をしたいけど、足がないから仮設住宅から通えない」「みなし仮設に住んでいるんだけど、子どもの送り迎えの間の居場所が村の中にない」など。こうした多様化する個別の困りごとに対応するために、西原村rebornプロジェクトは各種団体と共に情報共有、課題の抽出などの連携を図る場としての機能を果たしてきました。

これから益々、被災地内の課題が多様化していく中で、今年の3月末から事務局をしっかりと持った団体として、そして多くの団体と共に運営・活動していくという意味も込めて「西原村rebornネットワーク」として本格的に立ち上がりました。

現在の活動の柱は、1.集落再生支援、2.村内外の情報共有と発信、3.住民が主役になるイベントづくり、の大きな3つです。当センタースタッフもこの西原村rebornネットワークの事務局をサポートしています。一人ひとりの声に耳を傾けるということを大切にしながら、多様なネットワークで被災者を支えていくことを目指して活動を展開しています。
18058108_989909061146696_2049910970500583124_n

まだまだ立ち上がったばかりで、活動は少しずつしかできていませんが、それでも一歩ずつ復興への道のりを歩いているという実感があります。こうした地元の団体が根付いていくことが復興への道のりの中では大きな意味があると感じています。
今後ともご協力をよろしくお願いします。

西原村rebornネットワーク
https://rebornnet.wixsite.com/reborn-network

◎引き続きご支援をよろしくお願い致します。
「熊本地震」活動支援金を募集しています。
郵便振替 口座番号:01180-6-68556/加入者名:被災地NGO恊働センター
*お手数ですが、通信欄に「熊本地震」と明記下さい。
銀行から振り込む場合は、ゆうちょ銀行 支店番号:一一九(イチイチキユウ)店/店番:119/当座0068556/受取人名:ヒサイチNGOキヨウドウセンター

↑このページのトップヘ