2020年07月01日

今年も夏のすだちキャンペーン実施中♪

7月に入り、暑さも増してきます。

ことし今年はマスク着用で外出される方も多い中で、
特に「熱中症」が心配されます(>_<)

のどが渇く前の水分補給が大切です!

そこで、ビタミン・ミネラルも摂取できる手軽な水分補給をご紹介します♪

共栄薬品で販売しているとってもおいしい「すだち酢」です(*'▽')
砂糖不使用でハチミツなどの自然な甘酸っぱさでお子様からお年寄りまで幅広く
おいしい健康酢として水分補給に大活躍しています♪

すだち3本 - コピー


紅麹による血圧・コレステロール値を正常にする働きや、乳酸菌による免疫アップと便秘解消、
さらには食物繊維など身体に良いとされる成分がたくさん入っています!

牛乳で割ったり、おやつやデザートにも大活躍。
ウイスキー、ブランデー、焼酎などで割ってオリジナルカクテルも♪
さまざまなお召し上がり方がお楽しみいただけます♪

今年もお客様のもとへ担当者がお届けします(^^)

また、オンラインショップ「つなぐすり」でもお得なキャンペーン価格で販売中ですので、ぜひ下記URLからご覧ください♪

https://kyoeimedic.base.shop/categories/2586103

2020年04月24日

今回の全国的・世界的コロナ禍が、一日も早く終息する事を願います❗



今回のコロナ禍の経験から、家庭用配置薬の役割が改めて見直されてると思います。
「Stay Home」の取り組みの中で、置き薬の便利さ・大事さが改めて認知されています

病院への通院も…どうしても密になる環境下で、感染の危険も有りますし…

軽症の場合は、しっかり休養・栄養補給した上で
家庭薬を用いて養生しましょう❗️という考え方です

今回のコロナ禍は、いずれは終息できると思いますが、
いつまた同じような災禍に見舞われるかわかりません

これからは新型ウイルスの出現頻度が、もっともっと高くなりかねません。

私達も置き薬の役割、しっかり果たしていきたいと思います

kyoeimedic at 16:28|PermalinkComments(0)北上 | 健康情報

2020年03月06日

「新型コロナウイルス感染症」予防のための基本

新型コロナウイルスの影響が広がり、不安な日々を
お過ごしの方も多いかと思います

しかし新型コロナウイルスはもちろんのことインフルエンザなども
免疫力を高めることで発症の確率を下げることができます

そこで今日は免疫力を下げない食事のポイントをお伝えします

◆たんぱく質を含む食品を摂取する
 たんぱく質は炭水化物や脂質とともにエネルギーをつくる栄養素のひとつです。
 筋肉・臓器・皮膚など体を構成する成分であり、酵素や抗体など免疫に関わる
 成分としても重要です

〈例〉肉類、魚介類、卵、豆腐etc

◆善玉菌を増やす食品を摂取する
 人の腸内細菌は、善玉菌・悪玉菌・その中間の菌、と大きく分けて3つの菌で
 構成されています。その中で善玉菌は体に悪影響を及ぼす悪玉菌が増えるのを
 抑え、腸の運動を活発にし、食中毒菌や病原菌による感染を予防する働きがある
 と言われています。
 善玉菌の割合を増やす食品には下記の2種類があります。

 〜蔚牟櫃鯊燭含む食品
  ヨーグルト、乳酸菌飲料、発酵食品
 ∩蔚牟櫃鯀やす作用をする食品
  野菜(特にごぼう・たまねぎ)、果物、豆類

たんぱく質の摂取や腸内環境を整えることで免疫アップして
感染症に負けない体をつくりましょう

食事で毎日となると大変…という方もご安心ください
共栄薬品では腸内環境を整える乳酸菌ゼリーを販売中です!!

乳酸菌ゼリー


優しい甘さのヨーグルト味なのでお子様もおやつがわりに食べられる
おいしいゼリーです
1日1包でOKなので手軽に免疫力アップが期待できますよ

詳しくはこちらからどうぞ♪
http://www.kyoei-medic.jp/item.php?eid=00093

kyoeimedic at 16:25|PermalinkComments(0)仙台 | 健康情報

2019年10月21日

元気に動ける身体づくりをサポートします!!

最近、朝晩の気温が低くなり秋らしくなって参りました

おいしい食べ物も楽しみな季節ですが
体調管理を気にかけていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?

アジア人は欧米人に比べて皮下脂肪より内臓脂肪をためこみやすく、
軽度の肥満でも脳卒中・心筋梗塞・ガンなどの病気になりやすいと言われています

BMI値から肥満の程度を知ることができるので例を参考に、
自分のBMI値を出してみましょう

計算式:体重(圈法 身長(m) ÷ 身長(m)=BMI値

【例】成人男性で身長168.5cm、体重60.5kgの場合

  60.5 ÷ 1.685 ÷ 1.685 = 21.3 となります。

〜BMI値の見方〜
  18.5未満=低体重
18.5〜25未満=標準
 25〜30未満=肥満(1度)
 30〜35未満=肥満(2度)
 35〜40未満=肥満(3度)
   40以上=肥満(4度)

いかがでしたか?
日本ではBMIが22のときの体重は標準体重または適正体重と呼ばれ、病気にもっともかかりにくい状態とされています
BMIが25以上、つまり日本の基準で肥満になると病気にかかるリスクが2倍以上になります
BMIが30を超えて高度な肥満になると、リスクはさらに高くなり、積極的な減量治療が必要となります

特に影響されやすい食事は気を付けたいですが、毎日となると大変ですよね
そこで当社では塩分・糖分・脂肪に働きかけるグロビンリセットをご用意しております

タイトルなし


グロビンのサポートで食事を楽しみながら運動や規則正しい生活も心掛け、
元気に動ける身体づくりを目指しましょう

kyoeimedic at 12:02|PermalinkComments(0)盛岡 | 健康情報

2019年10月19日

内臓脂肪減少のための運動

内臓脂肪減少のためには有酸素運動を行うことが
エネルギー消費量を確保するには良いです

ウォーキング・自転車・ジョギング・水泳など、
いずれの種目でも効果に大きな差はないようです

また、20分以上運動しないと脂肪が燃焼しないと聞きますが、
1日に30分の運動を1回行っても10分の運動を3回行っても、
どちらも減量効果に差はないようです

そのためにも毎日運動を習慣付けること、楽しみながらやる運動を
皆さんも見つけてみてはいかがでしょうか?

kyoeimedic at 13:06|PermalinkComments(0)盛岡 | 健康情報

2019年07月30日

オススメの水分補給

いよいよ梅雨明け間近、夏本番の暑さがやって来ました。

不順気味の天候から一気に暑くなりましたので、より一層の注意が必要です❗

特にこの頃は湿度も高い状態の為、熱中症の危険も益々高まってきます。

適切な水分補給・塩分などのミネラル補給に努めましょう❗

成人の場合、必要な1日あたり水分摂取量は…男性3,7L女性2,7Lと言われています。

そのうちの約8割は飲み物で直接に摂る必要が有ります。
一気にではなく少量ずつこまめに❗️


余談ですが、自分の水分補給状態を見極めるのに、
尿の色・状態を見るのが重要です。
尿量が減り濃い色になりすぎてる場合は、危険信号だと言えるでしょう。


水分補給プラス汗で失われる電解質を効率良く補給できるものとして、
経口補水液「アクアヘルパー」をおすすめしています❗
1本100mlの飲みきりタイプで気になるカロリーもゼロです。

kyoeimedic at 13:23|PermalinkComments(0)沼宮内 | 健康情報

2019年06月12日

梅雨の健康管理

風薫るさわやかな季節の次にやってくるのは梅雨

毎年この時期「気分はどんより身体も疲れやすい
なんてお悩みを抱える人も少なくないのでは?

梅雨はおよそ1ヶ月半にわたる長期戦

心と体の健康管理を行って元気に乗り切りましょう


梅雨時期の健康対策

〜運動〜
適度な運動を心がけましょう
運動は血液の流れをスムーズにし新陳代謝を促進します。
運動が苦手な方はストレッチでOK

〜外出〜
雨が降っていないときは、わずかな時間でも外に出て
意識的に日光を浴びるようにしましょう
日光を浴びることは良質な睡眠につながります
特に効果的なのは朝!
朝の日光浴は体内時計を整え脳や胃腸、心臓などあらゆる臓器の働きを向上させます。

〜入浴〜
梅雨時期は水分代謝が滞りがちで、排出されるはずの水分が体に溜まってしまい
病気の原因になることがあります。
入浴で気持ちのいい汗をかけば血行がよくなり体内の不要な水分や老廃物の
排出とともに心身をリラックスさせることができます。



kyoeimedic at 17:04|PermalinkComments(0)仙台 | 健康情報

2019年05月31日

代謝の良い身体づくりで熱中症対策!

まだ5月ですが、先日は記録的な猛暑が来て早くも熱中症が心配ですね

熱中症対策としては、

水分をこまめに補給して、
室内でも適切に冷房を使用して、

などなどさまざまな対策が言われていますが…

それとともに身体に熱を溜め込まないようにすること、
代謝の良い身体づくりが大切です

適度な運動習慣を行うことで血流が改善され代謝の良い身体になります

発汗機能も向上するので「汗をちゃんとかける身体」になって

熱を上手に体外に逃がすことができるようになります!!


それから、プラスαとして水分補給だけでなく
消耗したビタミン・ミネラルをしっかり補給すること!!


それには…栄養ドリンクが最適なんです!!

身体に必要な多種のビタミン・ミネラルを効率良く補給できます!!


viewimg

kyoeimedic at 12:02|PermalinkComments(0)北上 | 健康情報