2008年12月01日

◆魂ってどんなもの?(その2)

藤袴☆藤袴☆
花言葉「あの日を思い出す・遅延・躊躇」
季節の花300より









「人生は自分の描いたようになり、思い描いたようにしかならない」
という言葉が成功哲学の本には共通して記されているようです。

何故そうなるのか?

この点がどうもハッキリしていませんでしたが、私は魂のエネルギー
の力ではないかと考えるようになりました。

それは、昨日この数年間私の最大の悩みであり、重荷になっていた
課題が一気に解消したからです。

真言密教に「身(シン)口(ク)意(イ)」というのがあります。

実際は、意(思考)⇒口(言葉)⇒身(行動)の順番なのですが、
それぞれに何かしらエネルギー(物理的な力)を持っていると確信
できるからです。

”こんな人生にしたい、こんな人間になりたい”と思考することで、
エネルギーを周囲に放出する。

”こんな人生にしたい、こんな人間になりたい”と言葉に出すことで、
思考した時のエネルギーよりも強いエネルギー、波動(念波)が放出
される。

”こんな人生にしたい、こんな人間になりたい”という思考がさらに
強くなって、信念とか志みたいなものになって、そのための行動を
起こせば、エネルギーの波動は最大になって、求心力(引力)となって、
思考が叶えられるために必要な事象が人を介して吸い寄せられ、
集まってくる。

”こんな人生になっている、こんな人間になっている”と思考した
ほうがより効果があると述べている先人もいますが、私はどちらでも
大差はないと思います。

いずれにしても、このようなプロセスを経て、思い描いた思考が現実に
なるのだと思います。

「類は友を呼ぶ」という格言がありますが、それは正しい思考をして
それが言動に出れば、同じエネルギーを持った人が集まって来るという
ことだと思います。

逆に邪気のエネルギーを出せば、当然邪気をはらんだ人が吸い寄せ
られて来るのは自然の原理です(笑)

正邪はないんだ。 それは二元論的見方だという人もいますが、
私みたいな凡人には、正邪を識別して、邪気をはらんだ人とは
付き合わないようにするほうが楽だと思っています。

これが私が塾生の皆さんに言っている
「八方美人でなく六方美人がいいよ!」の意味でもあります。

         (・・・続く)       BY:塾長




ブログランキング人気blogランキングへ←今日も愛のワンクリックをお願いします!


kyoeizyuku at 06:53│Comments(0) ●塾長の話 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔