2008年12月08日

◆人間関係って?(その5)

山茶花☆山茶花☆
花言葉「ひたむきな愛・謙譲・愛嬌・理想の恋・謙遜」
季節の花300より









人間関係がうまくなるコツの2番目は自分の守備範囲を決めること
だと言えます。

つまり、自分を中心にして関係する人の範囲をある程度定めておく
ことです。
家族、親戚、友人、仕事上の関係者・・・など。

挨拶や笑顔は元手もいらず、自分がその気になりさえすれば、幾らでも
泉の如く湧き出て枯れることはありません。
この方法なら「八方美人」になれますし、人間関係を上手に保てます。

ところが、もう少し突っ込んだ関係の場合、時間もお金も必要になる
のですから、その点で守備範囲が大事になるのです。

「八方美人」だと苦労することになるので、せいぜい「六方美人」程度
に留めておくのが楽だと言えます(笑)

こちらが相手の役に立つから、相手は近づいてくるのであって、大して
役に立たなくなれば、相手は自然に距離を置くようになり、最終的には
年賀状のやりとりくらいになってしまうものです。

「来るものは拒まず、去るものは追わず」の自然体が人間関係を上手く
やっていく為のコツと言えるのかもしれません。 
少なくとも気楽です!

そして、この方法を誰もがやりたいのですが、自分を中心にした
人間関係の守備範囲を確立していないので、いつのまにか手を広げすぎ
てしまい、気づいた時には、手に余る状態になって自分でコントロール
できなくなり、人間関係で悩むことになってしまうのです。

これでは、自分の人生ではなくて、他人の人生の為に生きているような
ものです。
人間関係はあくまでも自分中心に構築するのが前提条件なのです!

        (・・・続く)
                 BY:塾長





※多くの人に読んでもらうことで、よりたくさんの人のお役に立てれば嬉しいです!

ブログランキング人気blogランキングへ←今日も愛のワンクリックをお願いします!

kyoeizyuku at 06:41│Comments(0) ●塾長の話 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔