2008年12月10日

◆人間関係って?(その7)

きんもくせい
☆金木犀☆
花言葉「謙遜・真実」
季節の花300より








人間関係がうまくなるコツの4番目は「無常」の原則を忘れないこと
だと言えます。

恋人同士でも親友同士でも、あるいは家庭でも職場での信頼関係に
おいても、どちらかの環境に変化が起これば、人間関係にも変化が
起こるということです。

例えば神前で”永遠の愛を誓う”というのは、そのこと自体が危うい
から多くの人々の前で儀式を必要とするのです。

学校や職場で”挨拶の励行”というのがあるのも、皆が挨拶をしない
から、わざわざそんな挨拶運動みたいなことをやるのも同じことです。

宇宙万物も常に一ヶ所に静止してはいません。
現に我々の住んでいる地球が位置している天の川銀河もアンドロメダ
銀河とお互いに物凄い速度で接近しているのです。
このままのスピードで接近すれば30億年後には衝突するそうです。

日本列島だってハワイ諸島と毎年数センチですが接近しているのです。

佛教で言われる「無常」とはこれを指しているので、人間関係も
天地自然の原則から逃れられないのです。  
むしろ人間関係の変化のほうが激しいかもしれません。

お互いの生活環境や価値観や立場が変れば、愛は簡単に憎しみに変るし、
信頼は簡単に裏切りに変ります。

つまり、お互いの人間関係は各自の環境が変ることを絶対的な前提に
しておかなければ悩みや苦しみが深くなるということです。

「無常」の原則さえ心しておけば、深く傷つくこともないと思うのです。
ですから、愛し合っているその瞬間をお互いに全力で愛し合い、
楽しみ尽くすことが大切なんだと思います。

愛する相手が何らかの事情でアナタの前から突然いなくなる事だって
あるのですから。

          (・・・続く)
                    BY:塾長




ブログランキング人気blogランキングへ←今日も愛のワンクリックをお願いします!

kyoeizyuku at 09:10│Comments(0) ●塾長の話 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔