2008年12月15日

◆人間関係って?(その12)

藤袴☆藤袴☆
花言葉「あの日を思い出す・遅延・躊躇」
季節の花300より










人間関係がうまくなるコツの9番目は「これで私は何が得られるのか?」
の問いからスタートすることです。

先に、「身・口・意」の真言密教の原則について紹介しました。

*「魂ってどんなもの?(その2)」を参照して下さい。

私達は朝目覚めて、その日が何か特別の日だったり、その日に何かを
やらなければならない場合は、気持ちが普段とは違ってシャキッと
目覚めることができます。

つまり、人間は心の持ち方や思い、意識によって自分の言動を簡単に
コントロールできるということです。

ということは、何も特に意識せずに過ごした場合はそれなりの結果しか
得ることはできないということです。

人間関係も同じで、誰かと何らかの関係をする場合、この関係を通して
”私は何が得られるのか? 何を得たいのか?”
を先ず最初に自分に問いかけることが有意義な人間関係を結ぶポイント
になるのです。

相手はそれを考えて、アナタはそれを考えていない場合は、結果として
はアナタは相手のペースに流されてしまいます。

途中でそのことに気づいて”シマッタ、このままではマズイことになる!”
と気づきその状況をアナタの有利な局面に変えようとすれば、膨大な
エネルギーを費やすことになるのです。

たかが人間関係と侮ったり、軽く考えてはいけません。
人生はこの毎日の人間関係の積み重ねなんです。

1.私は何が得られるのか? 何を得たいのか?

2.私が望んでいる成果は、私や周囲の人々の人生にどんな影響を
  与えるのか?

注意すべきは、得るものが自分には役立つかもしれないが、他の人や
生き物を害する場合もあるし、逆の場合もあるので、よく考えておく
ことです。

以上の2点を誰かと人間関係を始める前に自分に問いかけるクセを
つけるようにするだけで、
アナタは素晴らしい人間関係の達人=人生の達人になれるかも
しれません。
           (・・・続く)
                   BY:塾長






ブログランキング人気blogランキングへ←今日も愛のワンクリックをお願いします!

kyoeizyuku at 07:29│Comments(0) ●塾長の話 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔