2008年12月20日

◆人間関係って?(終わり)

ラベンダー☆ラベンダー☆
花言葉「あなたを待っています・期待・疑い・不信、疑惑・沈黙・豊香・私に答えてください」
季節の花300より










人間関係がうまくなるコツの最後は
「誰かとの関係を通してしか、自分を見つけることも成長することも
 できない」という原則を知ることです。

これまでの科学、とくに物理学においては、物質は原子によって形成
されていて、それは単独で存在していると考えられていたのですが、
最近では別の物質との関係性においてしか存在できないという説に
変わってきています。

宇宙を考えてみるとわかりやすいのですが、我々人類が住んでいる地球
は太陽系の1個です。

太陽からほど良い距離にあるので、気温ひとつをとってみても、
熱からず寒からずの環境になって生命が誕生しています。

また外側に木星という巨大惑星がいるお蔭で、木星の外側からひっきり
なしに飛来してくる隕石群を木星が盾となって吸い寄せてくれている
ために、地球には巨大隕石が衝突することがないのです。

つまり、太陽やその他の星との関係性のなかで、地球という星で生命が
成長し、進化してきたのです。

これは全ての宇宙にも当てはまる原理で、これを証明しようとしたのが
「一般相対性原理」で有名なアインシュタイン博士だったのです。

人間関係がうまくなるには、この”相対性という関係性”を知ること
だと思います。

つまり、アナタがどんな人間なのかを知るには、アナタと関係を持つ
相手からしか教えてもらえないのです。

マラソンも誰かがアナタより早いから、アナタは自分は遅れていること
を知るのです。
そして、自分の走るペースを初めて考えることもできるのです。

正しいことをする誰か、悪いことをする誰かがいるから、アナタは
自分はどちらの側に属しているかを知り、またどんな人になりたいかを
選択することができるのです。

相対的に美しいもの、汚いものを区別できるのも同じです。

区別できるのは、アナタ自身に美しいものと汚いものを感じる心が
同居しているからなのです。

善悪を区別できるのは、アナタのなかに善悪が同居してるから、そして
そのどちらの波長も受信・発信できる装置を持っているからです。

そのどちらを発信したらいいのかは、アナタがこれまでいろんな人と
出合い、そこでどんな人間関係を体験したかという記憶によって、
アナタがそのたびに選別したことによって形成されてきたのです。

その結果が今現在のアナタの”価値観”という受発信装置なのです。

そして、どのチャンネルで、どんな周波数で受発信するかの選択は常に
アナタの自由意志にゆだねられているのです。

自分にも相手にとっても心地よいメロデイーにするのか、不快な騒音に
するのか?

人間関係から逃れることはできないし、人間関係を通してしか人は成長
できない!

これが宇宙の原理原則の1つなのだということを知っておきさえすれば、人間関係って
結構楽しいもので、得意になれそうな気がしませんか(笑)

今回で「人間関係って?」シリーズはおしまいです。
少しでも楽な人生を送る参考になれば嬉しいです。

              BY:塾長




※多くの人に読んでもらうことで、よりたくさんの人のお役に立てれば嬉しいです!

ブログランキング人気blogランキングへ←今日も愛のワンクリックをお願いします!

kyoeizyuku at 21:45│Comments(0) ●塾長の話 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔