共立プロダクツ事業所

共立電子産業 プロダクツ事業所の公式blogです。
現在開発している製品の紹介や、既存商品の使い方などの 記事をアップしております。

ここ最近はなにかと「物に触る」ということに気をつけないといけない状況が
続いていますが、共立プロダクツからこんな製品を発売開始しました。

Kppals01a

KP-PALS01 手のひら非接触センサー
https://prod.kyohritsu.com/KP-PALS01.html

通常屋内照明などを非接触スイッチにする場合はスイッチ部丸ごとの変更が必要と
なりますが、現状のスイッチをまるごと残したまま、サーボモーターを取付けその動きで
ON/OFFが出来る「手のひら検知」の非接触センサーです。

(サーボモーターは別売です)
サーボモータ WR-MG90S
https://prod.kyohritsu.com/WR-MG90S.html

屋内照明を想定した製品ではありますが、手のひらなどを検知した場合に

・ブザーを鳴らす
・フォトカプラ出力

など別途電子工作をしてこの製品の出力で他の機器を動かす端子も用意しています。


スクリーンショット 2021 07 12 14 25 06
リレー接点を拡張する場合は「汎用リレーボード」をご利用ください。

KP-LRY01 汎用リレーボード【基板完成品】
https://prod.kyohritsu.com/KP-LRY01.html

スクリーンショット 2021 07 12 14 25 16
Arduinoなどマイコンボードも接続可能です。

詳しくは説明書をご覧ください。

KP-PALS01 手のひら非接触センサー説明書
https://www.kyohritsu.jp/eclib/PROD/MANUAL/kppals01.pdf

触りたくないスイッチがあればぜひこちらご使用ください。

(こちらは既製品ですが非接触でなにかを動かしたい場合の機器製作の特機案件なども
お受けしております ご希望の方はぜひ共立プロダクツまで御連絡ください)



担当:ヨツモト


ご購入はこちらから

共立エレショップ


KP-PALS01 手のひら非接触センサー
https://eleshop.jp/shop/g/g402741/

「置き配」は便利ですが、配送の方は黙って置いて行かれるので、
午前中に到着していたのに結局気が付いたのは午後・・・なんてことも。
家に居るのに受け取りが遅くなる。
そんなことにならないように、こんな製品を発売中です。
●本体写真

















KITA-40
置き配荷物検知器【基板完成品】
https://prod.kyohritsu.com/KITA-40.html

超音波センサで荷物の置かれたことを検知、インターネットに接続された
Wi-Fiネットワークに接続し、IFTTT(イフト)経由でLINEに通知します。
これにより、家の中はもちらん、
外出していても荷物が置かれたことを知ることができます。
●通知状態写真








※IFTTTとは異なるプラットホームのwebサービス同士を連携するwebサービスです。
本機の通知は無料サービスの範囲で使用可能です。[2021年5月 現在]

IFTTTを経由するためアプレットの制作が必要ですが別途マニュアルも用意されているので携帯アプリなどを、使いこなせる方であればそれほど難しくないと思います。

置き配荷物検知器用 IFTTTアプレット制作方法
https://www.kyohritsu.jp/eclib/WONDERKIT/MANUAL/kita40-ifttt-1r0.pdf

IFTTTの設定が難しくてわからないという場合は、Wi-Fi電波の届く範囲での運用になりますが
「ローカルネットワーク接続通知モード」により、
Wi-Fiだけで接続して専用受信機[ATM-KITA40]にお知らせすることもできます。
家の中だけで分かればいいということであればこちらのモードでも十●専用受信機写真分使えます。





















ATM-KITA40
置き配荷物検知器用LED表示器
https://prod.kyohritsu.com/ATM-KITA40.html

専用受信機は「ATOM-Lite」を流用しています。
上記の商品は受信機用のプログラムがすでに書き込み済みなので
電源を供給するだけで使用することができます。

お知らせは基本、LEDの点灯色の変化[赤]→[緑]のみですが、
G22のポートからブザー用の音信号を出しているので
圧電素子を取り付ければ音を鳴らすこともできます。

[G22](下から4番目の穴)に圧電素子の方端子を
[G33]に、もう方端の端子を接続してください。
※圧電素子には極性はありません。
※[G33]は常時[L]になっています。
●ブザー取り付け写真






















下記の型番のパーツは端子に、ぴったりと適合します。

圧電サウンダ他励振タイプ(端子) KPEG-169 (別売)
https://eleshop.jp/shop/g/gB1R361/

上記のパーツでは音が小さくて聞こえない
もっと大きな音を鳴らしたいという場合は
下記のパーツを取り付けてください。

通知を受信すると[G25]が[L]→[H]になるので
[G25]をサイレンの[+]、
[G]をサイレンの[-]に接続してください。
3Vでの駆動になりますが、かなり大きな音が鳴ります。
※+-の極性を間違えないように注意してください。

ハイパワーサイレン2【ユニット】WK-LD73 (別売)
https://eleshop.jp/shop/g/g401916/
●サイレン接続写真













ぜひ、ご検討ください。

担当:K

ご購入はこちらから

共立エレショップ

置き配荷物検知器【基板完成品】KITA-40
https://eleshop.jp/shop/g/g402739/

置き配荷物検知器用LED表示器 ATM-KITA40
https://eleshop.jp/shop/g/g402740/


昔のオーディオ機器といえばコンセントからケーブルを通して直接AC100Vをケースの中に
入れる製品が多かったですが、ここ最近は機器が小型になった分ACアダプターなど外付け
電源で直流を入れる製品も多くなってきました。

そんな状況もありこんな製品を発売開始しています。


Wpps122a


NewImage
WP-PS122
DC12V 高音質トランス電源組立キット
https://prod.kyohritsu.com/WP-PS122.html

トロイダルトランスを採用したDC12V出力電源です。
スイッチング方式に比べてノイズも少なくオーディオ用途には最適な電源を確保することが出来ます。

もちろんトロイダルトランスだけではなく、交流から直流に変換する基板も付属しています。
基板上の部品は実装されているので基板をケースに固定し配線を行えばすぐに電源として
使用できます。

スクリーンショット 2021 04 30 16 38 44
オーディオ機器には電源はほんとに大事です。
音質アップ目指している方はぜひご検討ください。

担当:ヨツモト

ご購入はこちらから

DC12V 高音質トランス電源組立キット
WP-PS122

共立エレショップ
https://eleshop.jp/shop/g/g402737/

ヨドバシカメラ
https://www.yodobashi.com/product/100000001006026242/

共立電子産業 Yahoo!店
https://store.shopping.yahoo.co.jp/kyohritsu/402737.html

発売からすこし時間が経ってしまいましたが、高音質な半導体パワーアンプをラインナップしましたのでご紹介させていただきます。

WP-SSA10W 高音質パワーアンプ組立キット
https://prod.kyohritsu.com/WP-SSA10W.html

マークオーディオ社のメタルコーンユニットが大人気です。
スカっと抜けのよい、メタルコーンならではの解像度が魅力なのですが、アンプによっては
それが裏目に出て、少々キつい、カタい音になることも・・・
「300B」や「2A3」などの直熱3極管との相性はバッチリなのですが初心者にはちょっと敷居が高いアンプですね。

そこで、マークオーディオの解像度を生かしつつ、半導体とは思えないソフトサウンドを追求したのがこのアンプなんです。 あわせて作りやすさとデザインおよび質感にもこだわってみました。

トップパネル(天板)を外したらこんなカンジです。

Ssa10w 01

アンプ基板はモノラル仕様。
音質に定評のあるパワーIC「LM1875」を採用し、ドイツWIMA社の大型ポリプロピレンコンデンサーなど高音質パーツを採用して音質チューニングしています。

電源部は漏洩磁束の少ないトロイダル・コア・トランスを採用しました。
電源基板は整流ノイズの少ないショットキーパリア・ダイオードとオーディオ用ケミコンで構成しました。

LM1875パワーICは唯一の弱点として電源ON-OFF時にポップノイズを発生します。
その対策として電源ON後約3秒でリレーがONになるミューティング基板を採用しました。
これで大事なスピーカーにダメージを与える心配がなくなりました。

これらの基板はすべて組立完成ずみです。
そして、基板とトランスを強固なアルミケースに組み込んでいます。
サイドパネルは厚さ10mm、フロントパネルは厚さ5mmのアルミ材を削り出したもので、このモデル専用デザインです。

梱包用のダンボール箱からケースを取り出したらこんなカンジです。

Wpssa10we

すべてのパーツはケースに取り付け済みです。
AC100Vまわりの配線も済ませていますので初心者のかたにも安心して取り組んでいただけるものと思います。

基板間の配線作業が必要ですが、すべての作業工程をカラー写真で解説したA4×13ページの詳しい説類書がついています。
ハンダ付けのしかたまで説明していますのでご安心ください。
トップパネルを取付けて完成したらこんなカンジです。

Wpssa10wa

後ろ姿はこんなカンジです。

Wpssa10wc

入力のRCAジャックは真鍮削り出し+金メッキの高信頼タイプ。
スピーカーターミナルも同じく真鍮削り出し+金メッキ仕上げでバナナプラグ対応です。
ACジャックはアモルファスコアを採用したACノイズフィルターを内蔵し外来ノイズにも配慮しています。

なお、本機は本格的なパワーアンプとして設計、デザインされていますので、フロントパネルにはLED内蔵の電源スイッチしか存在しません。
入出力端子およびレベルコントローラーなどはすべてリアパネルに装備しています。

というわけで、プリアンプもしくはパッシブコントローラーと組み合わせて使用することが前提になっています。
本機のレベルコントローラーは通常「最大」にしておき、左右チャンネルの音量調整はそれら前置機器のボリュームで行います。

周波数特性の実測グラフはこんなカンジです。

Ssa10w 01

再生周波数範囲は通常-3dBで表しますので 20Hz~100kHz以上になります。
半導体アナログアンプならではのすばらしい特性になっています。

出力対歪率の実測グラフはこんなカンジです。

Ssa10w 03

最大出力は通常歪率10%のときの出力を表すのですが、それによると約8Wになりますが
ギターアンプではありませんのでピュアオーディオユースなら約5Wというところでしょうか。
出力5W時、1kHzの歪率は約0.05%に収まっています。
5W+5Wですので家庭における音楽鑑賞用には充分ではないかと思います。

私もこのアンプをマークオーディオ「Alpair5v3SS」と組み合わせて愛用していますが、300Bシングル無帰還アンプよりも解像度が高く、それでいて半導体アンプらしくないソフトな音を楽しんでいます。
女性ボーカルや弦楽器を安心して聴くことができるのがうれしいですね。
この音をメタルコーンファンの皆様にぜひお聴きいただければ・・・と思っています。

担当・・・OGU

ここ最近は「D級」などのデジタルアンプ全盛期ですがアナログなこんな
製品発売開始しています。

Wpamp7266a

WP-AMP7266
高音質アナログアンプ基板完成品
https://prod.kyohritsu.com/WP-AMP7266.html

メインのアナログパワーアンプはST社の「TDA7266」を使用。
https://www.st.com/ja/audio-ics/tda7266.html

音質は低音もしっかりした周波数特性で色々なジャンルでもマッチします。

電源は「単電源」で使用出来るのでACアダプターなどの小型電源でも動作可能。
こだわりのケースに入れるだけで世界に一つだけのパワーアンプが製作可能です。


----------------------------------
製品仕様
電源電圧:DC10~14V(推奨12V)
出力:
・5W+5W(8Ω):THD 0.2% 1kHz
・8W+8W(8Ω):THD 10% 1kHz
入力:ラインレベル
基板サイズ:72(W)×60(D)×32(H)mm

----------------------------------

ぜひおうち時間にアンプ製作楽しんでみてください。

担当:ヨツモト



ご購入はこちらから

高音質アナログアンプ基板完成品
WP-AMP7266

共立エレショップ
https://eleshop.jp/shop/g/g402727/

ヨドバシカメラ
https://www.yodobashi.com/product/100000001005732720/

micro:bitが新しくなりましたね。

Micro:bit教育財団
https://microbit.org/

共立電子でも取扱い開始しています。

BBC 教育向けマイコンボード micro:bit / マイクロビット
micro:bit V2.0
https://eleshop.jp/shop/g/gKBR316/

スピーカー・マイクやタッチセンサーが付いたりなどなどかなりバージョンアップ
しています。そんなmicro:bit V2.0に取り付けられるアクリルケース発売開始致しました。

Kpmbcv2a

Kpmbcv2e
KP-MBCV2 micro:bit V2.0用アクリルケース
https://prod.kyohritsu.com/KP-MBCV2.html

メイン基板を覆いつつも下部端子やタッチスイッチなどアクセス必要な部分は
空けています。シンプルではありますが裏面などの部品などになるべく触れたく
ない方には必須の製品になると思います。

ぜひぜひ取付けご検討ください。

担当:ヨツモト


ご購入はこちらから

micro:bit V2.0用アクリルケース
KP-MBCV2
https://eleshop.jp/shop/g/g402735/

平素は格別のお引き立てをいただき厚くお礼申し上げます。
共立プロダクツでは、誠に勝手ながら下記日程で年末年始休業とさせていただきます。


2020年12月29日(火)~ 2021年1月3日(日)


なお共立電子産業他営業所に関してはこちらをご覧ください。 https://www.kyohritsu.com/info/holiday.html
皆様には大変ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解の程お願い申し上げます。

2021年も、変らぬご愛顧を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

Watermark

最近は自宅で過ごす機会が増えたせいか、スピーカークラフトを楽しむ方が増えて
いるそうで嬉しいかぎりです。

で、何台かスピーカーを製作すると、次は自作スピーカーを鳴らすための自作アンプへと興味
が移るのですが、イチからパーツを集めてアンプつくりに挑戦するのはちょっとハードルが
高いなァ・・・と思っておられる方が多いのではないでしょうか。

で、ここで組立キットの出番となるのですが、カンタンにつくれて、音が良くて、ルックスも良い
モノはなかなか見当たらないのが現状でした。
で、それらの要求を解決するアンプキットを新発売させていただきました。

組み立てて完成したらこんなカンジです。

外観 前面

WP-DTA10W デスクトップアンプ組立キット
https://prod.kyohritsu.com/WP-DTA10W.html
・ACアダプターは別売です。(推奨ACアダプターDC12V 2A WA-12200X-1)

重量感あるアルミケースに加えて、厚さ5mmのアルミ削り出しフロントパネルと、同じく
アルミ削り出しのツマミを採用しました。
小型ながらもオーディオ機器らしいルックスを実現しています。

入力端子をフロントに設けて、スマホやMP3プレーヤーとカンタンに接続できるよう、使い
勝手にも考慮しています。

後ろ姿はこんなカンジです。

外観 後面
スピーカーターミナルはバナナプラグ対応で金メッキ処理された真鍮削り出し。
高級スピーカーケーブルとも相性ピッタリです。

このキットに含まれる全パーツはこんなカンジです。

全パーツ

アンプ基板は組立完成ずみで共立オリジナル。Made in OSAKAです。
アナログパワーICを採用していますので、デジタルアンプと比べて周波数特性がワイドで
フラット。自然で素直な音が特長です。
いわゆるハイレゾにも対応しています。

フロントパネルもリアパネルも小物パーツは取り付けずみです。
RCAジャックやスピーカーターミナルなどの取付ミスによる失敗や事故がありません。

すべての工程をカラー写真で解説した、くわしい「組立説明書」がついていますので、
それを見ながら組み立てと配線を楽しんでいただきますとうまく完成させることができます。
ハンダ付けが必要ですが、 組立説明書には「ハンダ付けのしかた」も記載されています。

全体配線図はこんなカンジです。

全体配線図

きわめてシンプルでベーシックな構成になっていますので、このキットでアンプつくりの
経験を積まれますと、次のステップとしてもっと高度な(難易度の高い)アンプつくりにも
挑戦していただけるのではないかと思います。

他の機器との接続例も組立説明書に記載されています。

他の機器との接続

周波数特性を実測しました。こんなカンジです。
周波数特性

30Hz~100kHzが-1dB以内に収まっています。
高級機にも負けないすばらしい特性になっています。

出力対歪率特性を実測しました。
こんなカンジです。

歪率特性

最大出力は歪率10%時の数値で表しますので、それによりますと約8Wになりますが、
ギターアンプならまだしもオーディオ用途での実用最大出力は約5Wといったところ でしょうか。

1kHzのグラフを見ると、出力5W時の歪率は0.2%を下まわっていますのでオーディオ
アンプとしてまったく問題ない数値だといえるでしょう。

一般家庭における音楽鑑賞時の出力は0.5W~1Wといわれていますので、家庭用としては
充分な出力でしょう。

音質はアナログアンプらしく、ヘンなクセのない、素直で聴きやすいワイドレンジな音
だと思います。小型フルレンジスピーカーはもちろん、大型バックロードホーン
スピーカーも朗々と鳴らすことができますので、自作スピーカー派の皆様に自信をもって
おすすめできます。

自作スピーカー派の皆様の次のステップとして、ぜひこのデスクトップアンプをご検討
いただけましたら幸いです。

担当・・・OGU

ご購入はこちらから

共立エレショップ
WP-DTA10W デスクトップアンプ組立キット
https://eleshop.jp/shop/g/g402733/

共立電子産業 Yahoo!店
https://store.shopping.yahoo.co.jp/kyohritsu/402733.html

ヨドバシカメラ
https://www.yodobashi.com/product/100000001005931822/

色々な警報音が出る「サウンドジェネレータ基板」新しくなりました。

NewImage

NewImage
DNGR-76 サウンドジェネレータDX
https://prod.kyohritsu.com/DNGR-76.html

前バージョンDNGR-G48との違いとしては・・・

・音の周波数変更用ボリューム追加
・音量可変用ボリューム追加
・EXT(外部出力端子)追加

と機能が色々増えています。
特にEXTの端子が増えたことにより付属のスピーカーで音量物足りない方
には大きなアンプやスピーカーが接続しやすくなっています。

防犯には音の力は絶大です。
ぜひ色々な場所でお使いください。

担当:ヨツモト

ご購入はこちらから


共立エレショップ
DNGR-76 サウンドジェネレータDX
https://eleshop.jp/shop/g/g402728/

先日blogにも書きました通り共立プロダクツの事務所が移転しました。
まだまだ慣れない所もありますが今後も色々な製品開発行っていきますので
よろしくお願いします。


そして今回紹介するのは初心者向けハンダ付け工作に丁度良いこちらの製品です。

Led16lfba
LED-16LFB 16LEDフラッシャー 青色
https://prod.kyohritsu.com/LED-16LFB.html

Led16lfga
LED-16LFG 16LEDフラッシャー 緑色
https://prod.kyohritsu.com/LED-16LFG.html

Led16lfra
LED-16LFR 16LEDフラッシャー 赤色
https://prod.kyohritsu.com/LED-16LFR.html

16個のLEDが色々なパターンで発光します。

動画はこちら・・・



パターン以外にも変化スピードや残像効果などのパラメータを変化させる為のボリュームも
付いています。「点灯モード1111」ではシリアル通信で入力した数値データによりパターン
を変化させるなんてちょっと上級者向けの機能もあります。

電源やACアダプターの9V〜12V・もしくはマイクロUSB電源にて供給してください。

ICやLEDなど部品も多くなかなか作りがいのあるキットです。
12月に入りましたしぜひ年末年始工作にご検討ください。

担当:ヨツモト

ご購入はこちらから

共立エレショップ
LED-16LFB 16LEDフラッシャー 青色
https://eleshop.jp/shop/g/g402730/

LED-16LFG 16LEDフラッシャー 緑色
https://eleshop.jp/shop/g/g402731/

LED-16LFR 16LEDフラッシャー 赤色
https://eleshop.jp/shop/g/g402732/

↑このページのトップヘ