共立プロダクツ事業所

共立電子産業 プロダクツ事業所の公式blogです。
現在開発している製品の紹介や、既存商品の使い方などの 記事をアップしております。

先日、販売が開始された導電布。

NewImage
これとワンダーキットのBRI-2を接続しぬいぐるみに仕込んで触ると「ビリッ!」
とくるようにしようと思います。

用意するものは
・導電布 (KP-DC6006 )
・電子びっくり箱2 (BRI-2)
・電線 20センチ 2本
・ぬいぐるみ
・トグルスイッチ
・ハンダごて
・ハンダ
・裁縫道具
・9V電池

NewImage
今回、大役をお願いするパンダくんです。

NewImage
一役かってくれる電子びっくり箱2です。

キットを組み立てます。
組み立て方は説明書にわかりやすく記載されています。

BRI-2 電子ビックリ箱 2説明書
http://www.kyohritsu.jp/eclib/WONDERKIT/MANUAL/bri2.pdf

部品点数も少ないので初心者の方でも安心です。
組み上がったら、出力先を付属のアルミテープではなく別に用意した電線2本に接続
します。電源ON、OFFのためのトグルスイッチも電池と基板の間に取り付けました。

今回のパンダくんの手が短めで握手しにくいので両足に導電布を縫い付けます。

できれば 一見して様子のおかしいパンダくんにしたくなかったので、電子びっくり箱
や電池は背中を開いて中に収納しようと思います。
このとき大変かさばるのでアクリルケースに収納せず、保護のためにビニール袋で基板を
巻いていれます。

電線は1本ずつ開いた背中からそれぞれ右足、左足にむかって通し足先に出しておきます。
足先の方に出した電線と 足をカバーするくらいに裁断した導電布を
ハンダで接合します。
布を良く見ると銅線部分がわかると思います。そこと電線をはんだづけしてください。

NewImage

足のすみっこの方にくる位置につけるといいと思います。
接合できたら テストしてみてください。
両方の布を触って ビリっときたら OKです。
足に 縫いつけます。

NewImage

下手な縫い方でごめんなさい。

縫い終わったら 背中に電池とびっくり箱、電線をしまい 縫い合わせます。

NewImage
トグルスイッチの赤い取っ手が尻尾のようでキュートです。

両足を同時に触ると
ビリビリときます。
誰か触ってみませんかー?

可愛い外見とは裏腹に 触るとビリっとくるパンダくん

NewImage

見事なツンデレぶりです。

導電布を使用した作例でした。
もっともっと色々な可能性を秘めた導電布
また違う使い方を見つけたら お披露目します!

担当:まつりん

ご購入はこちらからどうぞ(共立エレショップ)

KP-DC6006 導電布
http://eleshop.jp/shop/g/g402516/

BRI-2 電子びっくり箱2キット
http://eleshop.jp/shop/g/g401853/

共立プロダクツにて販売している「プチロボS2」

NewImage
WR-S2ESi プチロボS2
http://prod.kyohritsu.com/WR-S2ESi.html

でも使用されているソフト「GlueMotor」のソースコードが公開されました。

GlueMotorサイト
https://sites.google.com/a/gluemotor.com/wwwj/

GitHub GlueMotor
https://github.com/GlueMotor/GlueMotor

制作者の寺崎さんは今までGlueMotorをMaker Faireなどで展示していましたが、今年
限りで展示終了するそうです。

今後はこのソースを使用し応用品を製作するなんてことも可能となります。
(もちろん自己責任にてお願いします)

担当:ヨツモト

ご購入はこちらからどうぞ(共立エレショップ)

WR-S2ESi
http://prod.kyohritsu.com/WR-S2ESi.html

一言でものづくりと言っても色々なジャンルがあり「電子工作」はどちらかと言えば男性が
行うこと。「編み物」など布製品を使った工作は女性が行うこと。なんて考えというか弊社 の店舗や他の工作系ショップを見ても現状そのような雰囲気があります。

個人的には羊毛フェルトで人形作るなんてことも好きなので両方行うのですが、
そんな電子工作でも布を使用した工作でもどちらでも使用出来る製品を発売開始します。

NewImage
KP-CS6006-40 導電布 無地 30×30cm
http://prod.kyohritsu.com/KP-CS6006-40.html

NewImage
KP-DC6006 導電布 ガーゼ 30×30cm
http://prod.kyohritsu.com/KP-DC6006.html

NewImage
KP-CS6001-40 導電布 チェック柄 30×30cm
http://prod.kyohritsu.com/KP-CS6001-40.html

NewImage
KP-CY1001 導電糸 銅 10m
http://prod.kyohritsu.com/KP-CY1001.html

NewImage
KP-CY1002 導電糸 ステンレス 10m
http://prod.kyohritsu.com/KP-CY1002.html


前に読んだオライリージャパンから出ている「FabLife」などにも書かれていましたが、
ふと思いついたアイデアを具現化する為には色々な素材や工具などを使えるようになっておくのが
ベストです。

NewImage
https://www.oreilly.co.jp/books/9784873115559/


あまり使った人も少ない素材だと思いますが導電布でタッチセンサーを作ったり、導電布でLEDを
光らせるなど色々な用途で使用出来ます。

ぜひぜひこの素材で新しい作品や製品を作ってみて下さい。

担当:ヨツモト


ご購入はこちらからどうぞ(共立エレショップ)

KP-CS6006-40 導電布 無地 30×30cm
http://eleshop.jp/shop/g/g402515/

KP-DC6006 導電布 ガーゼ 30×30cm
http://eleshop.jp/shop/g/g402516/

KP-CS6001-40 導電布 チェック柄 30×30cm
http://eleshop.jp/shop/g/g402517/

KP-CY1001 導電糸 銅 10m
http://eleshop.jp/shop/g/g402519/

KP-CY1002 導電糸 ステンレス 10m
http://eleshop.jp/shop/g/g402518/

先日発売開始しましたWi-Fiリレーを動画で説明してみました。



次回の動画で「スマホなどブラウザーから基板への直接のコントロール方法」「既存のWi-Fi
回線を使用したコントロール方法」も解説する予定にしています。


担当:ヨツモト

ここ最近は国家戦略的にも「IoT」なんて言葉が使われていたりしますが・・・

世界最先端IT国家創造宣言
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/it2/kettei/pdf/20160520/siryou1.pdf

いまだにIoTという言葉と製品がマッチしきれていない状況であるなと感じます。
今回出す製品はそんなIoTと言える製品にも使えそうなこんな製品をご紹介。

NewImage
KP-WIFIRY Wi-Fiリレー
http://prod.kyohritsu.com/KP-WIFIRY.html

Wi-Fiモジュール ESPWROOM02を使用したリレー接点出力&PWM出力を出すことが
出来るボードです。

接続方法は・・・

1.基板間で接続して使用
本基板 KP-WIFIRY が2枚必要です。
送受信兼用の基板なので、どちらかを送信、受信に設定するだけで自動的にペアリングして
使用できます。

2.Wi-Fi機能を持った端末に接続して使用
KP-WIFIRYをアクセスポイントモードで起動し端末機器をステーションモードで接続してWEB
ブラウザから基板を制御します。

3.既存のWi-Fi回線に接続して使用
KP-WIFIRYをステーションモードで起動し既存のWi-Fiアクセスポイントに接続しネットワーク
上の機器でWEBブラウザから基板を制御します。

の3種類から選ぶことが出来ます。

NewImage

ブラウザー経由でのアクセスとなるのでブラウザーがある端末であればスマホやPCなど
どんな機器でも使うことが出来ます。ちょっとした箇所でリレーをONしたり、LEDや
モーターをコントロールをするには便利に使えるボードになっております。

と書いても使用方法少し複雑な所がありますので、近日動画付きで使用方法アップする
予定にしています。

担当 ヨツモト


ご購入はこちらからどうぞ(共立エレショップ)

KP-WIFIRY
http://eleshop.jp/shop/g/g402513/

共立プロダクツにて取り扱っておりました下記機種在庫限りで終了と
させて頂きます。

NewImage
LP-2024+ デジタルアンプ完成品
http://prod.kyohritsu.com/LP-2024PLUS.html

トライパスのTA2024を使用した良い音が出るアンプだったのですが、入手が悪く
なってきましたので在庫限りで終了とさせて頂きます。

近日後継品販売予定となっておりますのでお楽しみに。


担当:ヨツモト

前回はKORG製品向け基板ということで電子楽器について熱く語りすぎて
しまいました。他にもKORG製品使っているのですがそれはまた次の機会に。

本日はまたもやオーディオ製品ですがこんなアンプが発売開始していますのでご紹介。

NewImage
WP-AMP7294ST 高出力 40W+40Wステレオパワーアンプ基板完成品
http://prod.kyohritsu.com/WP-AMP7294ST.html

メインICはSTマイクロの「TDA7294」を2個使用。
http://www.st.com/en/audio-ics/tda7294.html

MOS-FET独特のやわらかい音を楽しむことが出来ます。

基板上に搭載されている抵抗やコンデンサーなどの部品もオーディオ回路用部品が
多数使用されています。

そして、このパワーアンプ入力が「AC22V〜28V×2」となっていますので、別売で
トランスもご用意。

NewImage
HDB-80(L) トロイダルトランス
http://prod.kyohritsu.com/HDB-80L.html
このトランスと後はケースとコネクター類・ACケーブルがあればアンプが完成します。

ぜひぜひ世界に1つしかないオリジナルなアンプを製作下さい。

担当:ヨツモト

ご購入はこちらからどうぞ(共立エレショップ)

WP-AMP7294ST
http://eleshop.jp/shop/g/g402510/

HDB-80(L) トロイダルトランス
http://prod.kyohritsu.com/HDB-80L.html

秋です。

毎年思うことですがこれぐらいの寒さであればなんとか耐えることが出来る
のですが、これ以上寒くなると例年通り風邪を引いてしまいますです。

そんな秋は「読書の秋」など言われているようになにか打ち込むにはやりやすい
季節でもあります。(暑くも寒くない春も同じようなものでしょうが・・・)

そんな「秋の工作」にもってこいなこんな基板を紹介

NewImage
KP-NuPCB KORG Nutube用変換基板
http://prod.kyohritsu.com/KP-NuPCB.html

話題のKORG Nutubeに足ピッチを変換出来る基板です。
そのままだとユニバーサル基板やブレッドボードに挿すことが出来ませんが、
この基板でピッチを変換してやれば一般的な2.54mmピッチに変換することが出来ます。


長いこと部品売ったり基板作ったりしてますがKORGさんがこんな真空管出すとは驚きです。

「ちょっとここで脱線」

個人的に趣味で電子音楽やっているものでKORGさんには個人的にかなりお世話になっている
というか機材いっぱい買っております。今までの私のKORGさん遍歴をご紹介。

初めて買ったKORGさん製品はこちら。

NewImage
Prophecy
https://www.korg.co.jp/SoundMakeup/Museum/Prophecy/

DSPのモデリングモノシンセ。
ベース音はもちろんブラス系のシンセ独特の音はこのシンセにしか出せない音があります。
クラムボンのミトさんもライブで使用しているのをよく見かけました。

次はエフェクター2種
AM8000R
DL8000R

KORGさんのWEBページに商品紹介消えているのでYOUTUBE動画で。



なかなか2種とも変態的(褒めてます)なエフェクターで特にAM8000のどんな音入れても
「おーわーおーわ」と言うプリセットは遊びでよく使いました。
(この時代のドイツのテクノでも使用している曲多くありました)

そういえばこのエフェクターもNutubeと同じく蛍光表示管が使われており、暗がりで使用
するとなかなかかっこよくプリセット名が表示されていました。


次にリズムマシーンといえばもちろんこれ。

Electribe ER-1
Electribe EM-1
Electribe ES-1

特にEM-1はかなり使い込みました。

シンセとリズムマシーンとエフェクターが一体化されておりこれ単独で曲が出来るすぐれもの。

少し古い機材ばかり紹介してきましたが最近ではこのベースマシーンを購入。

NewImage
volca bass
http://www.korg.co.jp/Product/Dance/volca/bass.html
小型なベースマシーンですがなかなか太い音が出てくれます。

ソフトでもiOS用の「Gadget」は時間軸が縦軸になっており最初は使いにくいと思い
ましたが、使っているとiPadで音楽を作るには理にかなっており、ちょっとした時間に
音を作る時に便利に使わせてもらっています。

NewImage http://www.korg.com/jp/products/software/korg_gadget/

「脱線終了」

という訳でこれ以外にもKaoss padやmonotribeなど面白い使える機材を色々出している
KORGさんのNutube。 これからも共立プロダクツでは使いやすくなるアイテムを色々出していく予定にしています。
こうご期待下さい。

担当:ヨツモト

ご購入はこちらからどうぞ(共立エレショップ)

KP-NuPCB KORG Nutube用変換基板
http://eleshop.jp/shop/g/g402504/

Nutube 6P1 直熱型双三極管 Nutube
http://eleshop.jp/shop/g/gG9J311/

ワンダーピュアのアンプシリーズが2種類発売開始しております。

NewImage
WP-AMP7498 高出力35W+35W デジタルアンプ基板完成品
http://prod.kyohritsu.com/WP-AMP7498.html

WP-AMP7498はTDA7498をメインICにステレオ出力可能なアンプ基板です。ボリュームや
コネクターなども付いているので「ケース、電源、ボリューム用ツマミ」ぐらいを別途用意する
だけでアンプが完成します。

NewImage
WP-AMP7293MN 高出力20W モノ・パワーアンプ基板完成品
http://prod.kyohritsu.com/WP-AMP7293MN.html

WP-AMP7293MNはTDA7293をメインICにしたモノアンプです。
AMP7498基板と違いステレオで使用するには2枚必要になったり、電源が±電源が必要だった
りと音出すまで手間がかかりますがFET独特な素直な良い音が出ます。

どちらも甲乙付けがたい所がありますが使用用途に応じてご選択下さい。


担当:ヨツモト

ご購入はこちらからどうぞ(共立エレショップ)

WP-AMP7498
http://eleshop.jp/shop/g/g402496/

WP-AMP7293MN
http://eleshop.jp/shop/g/g402497/

先日紹介しておりましたNFC非接触LED早速iPhoneの取りつけて店舗で
試してみました。

「・・・光りませんでした」

DSC02572

iPhone分の厚みでLEDを点灯出来る電力を供給出来ないようです。
前回の記事では・・・

「店頭などでカードを使用する場合は店舗にあるカードリーダーから
電力を受けて設定無しでLEDが点滅します。」

と記載していましたが訂正させて頂きます。
(トリッキーですがカードリーダーにiPhoneを逆にして近づけるともちろん光ります)

そして、在庫切らしていました各色も復活しております。

NFC非接触発光LED(白色)
http://eleshop.jp/shop/g/g402502/

NFC非接触発光LED(緑色)
http://eleshop.jp/shop/g/g402327/

NFC非接触発光LED(青色)
http://eleshop.jp/shop/g/g402328/

赤色も近日エレショップ掲載予定です。
他のスマホでは同じように光らない可能性がありますのでカードなどに貼ってご使用
下さい。

担当:ヨツモト

↑このページのトップヘ