共立プロダクツ事業所

共立電子産業 プロダクツ事業所の公式blogです。
現在開発している製品の紹介や、既存商品の使い方などの 記事をアップしております。

先日ご紹介させて頂きましたハードは「Raspberry Pi」をソフトは「Volumio」
を使用したオーディオオーディオパソコンWP-APC-01をyoutube動画にて紹介
させて頂きました。


(おもいっきり蛍光灯映り込んでいませんがご了承ください)

「ラズパイでオーディオやってみたいけどOSのセットアップとか色々設定が
面倒だな」という方には最適なセットになっております。

ぜひぜひVolumioのOS立ち上がりスピードなど動画でしかわからない部分を
ご覧になってみてください。

担当:ヨツモト

ご購入はこちらからどうぞ。

WP-APC-01 オーディオ専用高音質パソコン組立キット
http://eleshop.jp/shop/g/g402541/

Ichigo JamやArduinoなど安価なマイコンボードで行う工作が当たり前に
なりつつありますがこんな車両ベース新しく発売開始しています。

NewImage

NewImage
KP-15J2WD2 2WDモーター車両ベース2
http://prod.kyohritsu.com/KP-15J2WD2.html

現在も発売中ですが「KP-15J2WD-A」の後継機種となります。

旧品 KP-15J2WD-A 2WDモーター車両ベース
http://prod.kyohritsu.com/KP-15J2WD-A.html

新型製品KP-15J2WD2と旧品KP-15J2WD-A見た目はあまり変わりありませんが、
細かい部分でパワーアップしています。

大きな違いとしては・・・

左右独立のDCモーターを速度微調節可能
旧品はIchigo Jamなどのマイコンボードから「左右のモーターを動かす」と命令
を出しても2つのモーター微妙にスピードが違うので10mも動かすとまっすぐ進まず、
左右どちらかに微妙に傾いてしまっていました。
新型品では左右別々に調整用の半固定抵抗が付いているので、まっすぐ走る設定に
することが可能となりました。

その他仕様の変更は一長一短な所がありますので、詳しくは下記資料をご覧ください。

スクリーンショット 2017 04 18 13 55 49
2WDモーター車両ベース 新型、旧型、仕様比較
http://www.kyohritsu.jp/eclib/PROD/MANUAL/kp15j2wdconpare.pdf


自分で作ったプログラムで画面で見るだけでは無く、車両を動かすことが体験が
出来る製品です。これを使って勉強した方が将来自動運転装置を作るなんて想像
をすると未来が広がりますね。

担当:ヨツモト

ご購入はこちらからどうぞ

KP-15J2WD2 2WDモーター車両ベース2
http://eleshop.jp/shop/g/g402530/

でもグフよりもザクが人気。

という訳で弊社プチロボMS5Lを使用してこんな「動くザク」を作ってみました。
(頭だけですが・・・)

「動力パイプが取れたので流体パルスシステムが!!」

・・・とすみませんまだ製作中です。


近日、大阪日本橋シリコンハウス店頭でも展示予定です。
日本橋でプラモデル買うついでにぜひこちらもご覧になってください。

担当:ヨツモト

今回の工作で使用したロボットはこちら
プチロボMS5L http://prod.kyohritsu.com/WR-MS5L.html
(こちらの製品のモーターやアクリル金具などを使用して製作しましたが、
当製品の説明書には製作方法は記載されていません)
後日製作時のパーツリスト公開予定です。

弊社通販部門が作成している「チャレンジ!電子工作blog」で金属探知キット
KN-Z9を作って頂きました。
NewImage
電工女子、WonderKitを作ります!(第15弾:金属探知機キットです)
http://eleshop.blog.jp/archives/20215250.html

写真付きで詳しく作りかたの解説を書いてくれています。
半固定抵抗の「第四の穴」のことなど小ネタにもふれてくれています。

本文にも書かれていますが本当に初心者には部品点数も少なく面白いキット
だと思いますので、ぜひぜひ作ってみてください。


担当:ヨツモト

ご購入はこちらからどうぞ

金属探知機キット
http://eleshop.jp/shop/g/g401855/

やっと桜なシーズンですが本日はすごい寒さです。
いつになったら花見が出来るのやら・・・

そんな春がすぎれば夏。
夏といえば「工作」という訳で夏休みに向けて共立プロダクツでは色々な簡単に
作れる工作製品を新しく販売予定です。

第一弾はこちら。

NewImage

NewImage

NewImage
KP-MX901A 電子AMラジオキット
http://prod.kyohritsu.com/KP-MX901A.html

ラジオICを使用したAMラジオです。
しかもスプリングに部品を取りつけるだけで回路を作れるので、ハンダ付け無しで
ラジオを作ることが出来ます。日本語のマニュアルもあるのでイラストと見比べながら
スプリングに部品を固定するだけで完成。

私も試作の為に作ってみましたが、本体自体にもイラストが書いており、部品と照らし
合わせしながら簡単に組み立てることが出来ました。

ラジオ放送は衰退産業なんて言われていますが、テレビと違い司会者やコメンテーターの
意見や考えを長い時間を使い聞けるので、表層的な話しだけでは無く多面的な
面白い話しを聞ける放送が多いので、お子さんももちろん大人でも楽しめる放送が実に
多いです。

少しラジオ論になりましたがそんなAMラジオを聞ける「電子AMラジオキット」ぜひ
よろしくお願いします。

担当:ヨツモト


販売サイト現在準備中です。


2017.04.07追記
ご購入はこちらからどうぞ(共立エレショップ)

電子AMラジオキット
http://eleshop.jp/shop/g/g402542/

最近ではオーディオ関連ではアナログレコードの復活なんて
ことが言われていますが、デジタルも負けてはいません。
今回はそんなデジタルなこちらの製品をご紹介。

NewImage

NewImage

WP-APC-01 オーディオ専用高音質パソコン組立キット
http://prod.kyohritsu.com/WP-APC-01.html

オーディオ使用に特化したリビングオーディオなどに最適なオーディオプレーヤーの
組立キットです。

ハード部分の組立を行い・・・

WP-APC-01 組立説明書
http://www.kyohritsu.jp/eclib/WPure/MANUAL/wpapc01.pdf

付属のソフトウェアの入ったMicro SDカードをさしこみ電源を入れるだけで、
タッチパネル操作可能なオーディオプレーヤーが出来上がります。

NewImage

公開はしていませんがオーディオ専用ソフト「VOLUMIO 2」の詳しく記載した
取扱説明書も付属しています。

本体に取りつけるUSB-DACは別売となりますので別途ご用意ください。
(DAC基板現在開発中近日発売予定です)

DAC次第ではありますがハイレゾ音源にも対応していますので、CD以上の
音質を聞くことも可能です。

Raspberry PiでオーディオやってみたいけどOS入れたりハード考えたり
ややこしいなとお考えの方はぜひご検討ください。

担当:ヨツモト


ご購入はこちらからどうぞ(共立エレショップ)
http://eleshop.jp/shop/g/g402541/

本日ご紹介はSONY MESH GPIOタグに使用出来るこんな基板です。

NewImage

NewImage
KP-MESHGP-RY MESH GPIOタグ用リレー基板

http://prod.kyohritsu.com/KP-MESHGP-RY.html

MESH GPIOタグの電源出力ON/OFFによってリレー端子をコントロールすることが出来る
基板です。これがあれば色々な機器の電源をコントロールが可能。

製品仕様
電源:DC3.3V (MESH-100GP 電源出力専用)
消費電流:
・起動電流 約37mA
・定常電流 約18mA
開閉負荷:最大30V 1A
サイズ:約24(W)×33(D)×11.6(H)mm (コネクタ・部品含)

あまり大きな電力の制御は無理ですがMESHアプリの「バックグラウンド実行」の設定をON
にしておけば、画面を表示していない状態でも色々な動作が可能になります。 センサーと組み合わせば「センサー反応→機器動作」なんて物が簡単に作れちゃいます。

ぜひぜひこれを使って色々な作品作ってみてください。

担当:ヨツモト

ご購入はこちらからどうぞ(共立エレショップ)

MESH GPIOタグ用リレー基板
http://eleshop.jp/shop/g/g402532/

NewImage

NewImage
WP-HPA500 ハイエンド・ヘッドホンアンプ基板完成品
http://prod.kyohritsu.com/WP-HPA500.html

ヘッドフォンといえばスマホやウォークマンなどで外を歩きながら聞くものというイメージを
持ってる方も多いかと思いますが、最近は家庭事情や騒音問題などで家の中でもヘッドフォン
で音楽を聴く方が増えているそうです。

また、高級品でもそこまで高くないということで、音が良いそこそこな値段のヘッドフォンも
各社から色々出ている状況です。

そんな少し大きめのヘッドフォンで音楽を聞く際に最適なヘッドフォンアンプです。

■ 終段ディスクリート回路で高性能・高音質を実現
■ 高音質、高信頼パーツを厳選して採用
・「ALPS」オーディオ用大型ボリューム
・オーディオ用コンデンサー
・「NEUTRIK」ヘッドホンジャック など
■ 電源回路およびミューティング回路内蔵

オペアンプの取り替えも可能になっているので自由に交換も可能です。

ぜひ自宅システムの中に組み込んでみてください。


担当:ヨツモト

ご購入はこちらからどうぞ(共立エレショップ)

WP-HPA500 ハイエンド・ヘッドホンアンプ基板完成品
http://eleshop.jp/shop/g/g402536/

いきなり本題!
本日はこちらの製品をご紹介。

NewImage

NewImage
KP-PRTSET01 マイコンボード用実験パーツセット
http://prod.kyohritsu.com/KP-PRTSET01.html

電子工作といえば昔でいうとハンダ付けしてキット動かすだけでしたが、最近は
「Ichigo Jam」や「Raspberry Pi」「Mbedボード」などなど「プログラミング+
電子工作」で楽しんでおられる方が多いと思います。

そんな「プログラミング+電子工作」をしようと思い、最初に買うのに丁度良い
ブレッドボード&ケーブルなど一般的によく使う部品をセットにしてみました。

とりあえずマイコンボードとこのセットがあればLチカ(マルチカラーLEDも入って
ます)や温度センサーの数値を画面に出すなどの工作がすぐに可能です。

部品集め面倒な方はぜひこちらご検討ください。

担当:ヨツモト

ご購入はこちらからどうぞ(共立エレショップ)

KP-PRTSET01 マイコンボード用実験パーツセット
http://eleshop.jp/shop/g/g402534/

今回作ったのは・・・
13856
アンティーク調のオーディオ用アンプです。

事のはじまりは100円ショップで見つけた箱
13865

これってなんか使えそう・・・・

あ!!
NewImage
ハイレゾ対応デジタルアンプ基板完成品 (KP-AMP-SZ01 )

これを収納するのにぴったり!!

創作意欲の熱が冷めないうちに
楽しくDIYします♪

先ほどの箱のほかに
アンプケースを作成するのに使ったものは
つまみ
電源用ジャック
スピーカーターミナル
プッシュスイッチ(電源用)
以下は装飾用です。

木製パーツ(100円ショップ)

13862

13861

13863

水性塗料(白)
水性ニス(半透明乳白色)
水性ニス(ウォールナット)

木箱なので穴あけ加工もしやすいので前面、背面とも必要な穴をドリルで開けます。

(私は装飾を先にしてしまい加工がしにくかったので先にするのをおススメします)
今回背面にスピーカーターミナルを出さず

13866
スピーカーコードを出す穴を開けてターミナルは箱の中に内蔵しました。

一番下部分にぐるっと一周テープを巻き

13860

13859

木製パーツやプラスティックパーツをボンドでペタペタ全体的に塗装してしまうので、
細かい色のことは気にせずお気に入りのパーツを使えるのがいいです。

パーツを貼り付けて十分乾いたら水性塗料で全体をべた塗りします。
木製パーツの模様の中にもしっかり塗料がつくくらいです。
私は3度程かさね塗りしました。
乾いたら水性の乳白色のニスで全体をコーティング。
これも乾いたら使い古し感をだすために水性ニスのウォールナット色で、汚れた
感じを出しました。

13856
基板完成品を収納するケースを作るのは大変な作業というイメージがふと出会った箱に
よって 払拭されました!
とっても楽しかったです♪
ちなみに同じ箱を使っ昭和レトロ調に仕上げたのがこちら・・・

13867
ケースを熱く語ってしまいましたが、本体のアンプ なかなかいい音がします。
ぜひオリジナルのケースに入れて楽しんでください。
より愛着がわくこと間違いなし♪

担当:まつりん

ご購入はこちらからどうぞ(共立エレショップ)

KP-AMP-SZ01 ハイレゾ対応デジタルアンプ基板完成品
http://prod.kyohritsu.com/KP-AMP-SZ01.html

↑このページのトップヘ