共立プロダクツ事業所

共立電子産業 プロダクツ事業所の公式blogです。
現在開発している製品の紹介や、既存商品の使い方などの 記事をアップしております。

前回はKORG製品向け基板ということで電子楽器について熱く語りすぎて
しまいました。他にもKORG製品使っているのですがそれはまた次の機会に。

本日はまたもやオーディオ製品ですがこんなアンプが発売開始していますのでご紹介。

NewImage
WP-AMP7294ST 高出力 40W+40Wステレオパワーアンプ基板完成品
http://prod.kyohritsu.com/WP-AMP7294ST.html

メインICはSTマイクロの「TDA7294」を2個使用。
http://www.st.com/en/audio-ics/tda7294.html

MOS-FET独特のやわらかい音を楽しむことが出来ます。

基板上に搭載されている抵抗やコンデンサーなどの部品もオーディオ回路用部品が
多数使用されています。

そして、このパワーアンプ入力が「AC22V〜28V×2」となっていますので、別売で
トランスもご用意。

NewImage
HDB-80(L) トロイダルトランス
http://prod.kyohritsu.com/HDB-80L.html
このトランスと後はケースとコネクター類・ACケーブルがあればアンプが完成します。

ぜひぜひ世界に1つしかないオリジナルなアンプを製作下さい。

担当:ヨツモト

ご購入はこちらからどうぞ(共立エレショップ)

WP-AMP7294ST
http://eleshop.jp/shop/g/g402510/

HDB-80(L) トロイダルトランス
http://prod.kyohritsu.com/HDB-80L.html

秋です。

毎年思うことですがこれぐらいの寒さであればなんとか耐えることが出来る
のですが、これ以上寒くなると例年通り風邪を引いてしまいますです。

そんな秋は「読書の秋」など言われているようになにか打ち込むにはやりやすい
季節でもあります。(暑くも寒くない春も同じようなものでしょうが・・・)

そんな「秋の工作」にもってこいなこんな基板を紹介

NewImage
KP-NuPCB KORG Nutube用変換基板
http://prod.kyohritsu.com/KP-NuPCB.html

話題のKORG Nutubeに足ピッチを変換出来る基板です。
そのままだとユニバーサル基板やブレッドボードに挿すことが出来ませんが、
この基板でピッチを変換してやれば一般的な2.54mmピッチに変換することが出来ます。


長いこと部品売ったり基板作ったりしてますがKORGさんがこんな真空管出すとは驚きです。

「ちょっとここで脱線」

個人的に趣味で電子音楽やっているものでKORGさんには個人的にかなりお世話になっている
というか機材いっぱい買っております。今までの私のKORGさん遍歴をご紹介。

初めて買ったKORGさん製品はこちら。

NewImage
Prophecy
https://www.korg.co.jp/SoundMakeup/Museum/Prophecy/

DSPのモデリングモノシンセ。
ベース音はもちろんブラス系のシンセ独特の音はこのシンセにしか出せない音があります。
クラムボンのミトさんもライブで使用しているのをよく見かけました。

次はエフェクター2種
AM8000R
DL8000R

KORGさんのWEBページに商品紹介消えているのでYOUTUBE動画で。



なかなか2種とも変態的(褒めてます)なエフェクターで特にAM8000のどんな音入れても
「おーわーおーわ」と言うプリセットは遊びでよく使いました。
(この時代のドイツのテクノでも使用している曲多くありました)

そういえばこのエフェクターもNutubeと同じく蛍光表示管が使われており、暗がりで使用
するとなかなかかっこよくプリセット名が表示されていました。


次にリズムマシーンといえばもちろんこれ。

Electribe ER-1
Electribe EM-1
Electribe ES-1

特にEM-1はかなり使い込みました。

シンセとリズムマシーンとエフェクターが一体化されておりこれ単独で曲が出来るすぐれもの。

少し古い機材ばかり紹介してきましたが最近ではこのベースマシーンを購入。

NewImage
volca bass
http://www.korg.co.jp/Product/Dance/volca/bass.html
小型なベースマシーンですがなかなか太い音が出てくれます。

ソフトでもiOS用の「Gadget」は時間軸が縦軸になっており最初は使いにくいと思い
ましたが、使っているとiPadで音楽を作るには理にかなっており、ちょっとした時間に
音を作る時に便利に使わせてもらっています。

NewImage http://www.korg.com/jp/products/software/korg_gadget/

「脱線終了」

という訳でこれ以外にもKaoss padやmonotribeなど面白い使える機材を色々出している
KORGさんのNutube。 これからも共立プロダクツでは使いやすくなるアイテムを色々出していく予定にしています。
こうご期待下さい。

担当:ヨツモト

ご購入はこちらからどうぞ(共立エレショップ)

KP-NuPCB KORG Nutube用変換基板
http://eleshop.jp/shop/g/g402504/

Nutube 6P1 直熱型双三極管 Nutube
http://eleshop.jp/shop/g/gG9J311/

ワンダーピュアのアンプシリーズが2種類発売開始しております。

NewImage
WP-AMP7498 高出力35W+35W デジタルアンプ基板完成品
http://prod.kyohritsu.com/WP-AMP7498.html

WP-AMP7498はTDA7498をメインICにステレオ出力可能なアンプ基板です。ボリュームや
コネクターなども付いているので「ケース、電源、ボリューム用ツマミ」ぐらいを別途用意する
だけでアンプが完成します。

NewImage
WP-AMP7293MN 高出力20W モノ・パワーアンプ基板完成品
http://prod.kyohritsu.com/WP-AMP7293MN.html

WP-AMP7293MNはTDA7293をメインICにしたモノアンプです。
AMP7498基板と違いステレオで使用するには2枚必要になったり、電源が±電源が必要だった
りと音出すまで手間がかかりますがFET独特な素直な良い音が出ます。

どちらも甲乙付けがたい所がありますが使用用途に応じてご選択下さい。


担当:ヨツモト

ご購入はこちらからどうぞ(共立エレショップ)

WP-AMP7498
http://eleshop.jp/shop/g/g402496/

WP-AMP7293MN
http://eleshop.jp/shop/g/g402497/

先日紹介しておりましたNFC非接触LED早速iPhoneの取りつけて店舗で
試してみました。

「・・・光りませんでした」

DSC02572

iPhone分の厚みでLEDを点灯出来る電力を供給出来ないようです。
前回の記事では・・・

「店頭などでカードを使用する場合は店舗にあるカードリーダーから
電力を受けて設定無しでLEDが点滅します。」

と記載していましたが訂正させて頂きます。
(トリッキーですがカードリーダーにiPhoneを逆にして近づけるともちろん光ります)

そして、在庫切らしていました各色も復活しております。

NFC非接触発光LED(白色)
http://eleshop.jp/shop/g/g402502/

NFC非接触発光LED(緑色)
http://eleshop.jp/shop/g/g402327/

NFC非接触発光LED(青色)
http://eleshop.jp/shop/g/g402328/

赤色も近日エレショップ掲載予定です。
他のスマホでは同じように光らない可能性がありますのでカードなどに貼ってご使用
下さい。

担当:ヨツモト

タイトル通りNFC対応Apple Payが本日解禁となりました。

Apple Pay
http://www.apple.com/jp/apple-pay/getting-started/

共立プロダクツにて販売している「非接触発光LEDシリーズ」をiPhone
に近づけて光るかさっそく試してみました。



iPhone単体でこのLEDを光らせる場合は・・・

WalletからApple Payカードの追加→Suicaを選択→カード番号求めてくるのでなにか数字
を入力(ここではまだ認証されないのでランダムでOK)→利用条件同意→「カード転送」の画面
中にLEDが点滅します。

iPhone単体でこの光らせる為には現状Suicaのカード転送モードのみとなるので上記の操作が
必要となります。もちろん店頭などでカードを使用する場合は店舗にあるカードリーダーから
電力を受けて設定無しでLEDが点滅します。

カード使用時にちゃんと電波を受けたかチェック出来るすぐれものLEDです。
ぜひぜひiPhoneに貼ってみて下さい。

(2016.10.28追記)
店舗のカードリーダーで試してみましたがLED点滅しませんでした。
他のスマホでも同じように光らない可能性があります。
訂正してお詫び申し上げます。

詳しくはこちら
http://blog.livedoor.jp/kyohritsu/archives/48752382.html

(現状Apple PayはiPhone7 & iPhone7 Plus & Apple Watch Series2のみで
使用出来ます)

担当:ヨツモト

10月25日現在 非接触LED販売好調で白・赤・青の在庫切らしております。
(来週前半に再入荷予定)

緑色のみ在庫あります。
http://prod.kyohritsu.com/KP-NFLEG.html

赤外線のセンサーなんて昔はあまり使われていませんでしたが、今では防犯装置や
センサーライトなど人体検知用途で見ない場所は無いほど使用されています。

そんな、赤外線センサーと同じく人体検知に使用出来るあらたなセンサー基板が
入荷しましたのでご紹介。

NewImage
KP-HWM10 ドップラーセンサー
http://prod.kyohritsu.com/KP-HWM10.html

ドップラー効果とは?
ドップラー効果(ドップラーこうか、英語: doppler effect)[1]またはドップラーシフト
(英語: doppler shift)とは、波(音波や電磁波など)の発生源(音源・光源など)と観測者と
の相対的な速度の存在によって、波の周波数が異なって観測される現象をいう。
-wikipediaより-


そんなドップラー効果を利用して物体の検知を行います。
赤外線よりも優れている所としては・・・

・環境温度による感度変化が少ないので直射日光下でも使用可能
・赤外線センサーと違い生き物以外などの赤外線を発することの無い動体物の検知も可能
・プラケースなど電波を透過する入れ物の中にセンサー部を入れることが出来る。
 (赤外線センサーではドーム型のセンサー部を外に出す必要がある)

などがありますがデメリットとしては「消費電流がやや多い」なんてこともあります。

使用方法はとても簡単で付属のケーブルを使用して電源を接続し、センサーが反応すれば
検出信号が出ます。検出信号は3.3Vですが電流は0.4mAと少ないので別途リレーなどを
接続する場合はトランジスタなどで回路製作お願いします。
(ドップラーセンサーで使用出来るリレーボード11月に発売予定です)

色々な動体検知用途にぜひぜひご使用下さい。

担当:ヨツモト

ご購入はこちらからどうぞ(共立エレショップ)
http://eleshop.jp/shop/g/g402498/

先日共立プロダクツより発売開始したラジオメーターのblogアップ
しましたがやはりというか「動いていないとよくわからん」という
意見を頂きましたので動画作ってみました。


(あえての今回は無音です)

もちろん太陽光や白熱電球での動作はするのですが、一般的には動かない
なんて言われている「LED」を使用して動かしてみました。

通常の5φLEDなどでは本当に動かないですが、パワーLEDを使用すれば羽根車
もちゃんと廻ります。光源との距離によって廻るスピードが変化するのがわ
かって頂けると思います。

今回は実験なのでこんなLEDを使用しましたが、使用時は窓の側など太陽光が
当たる場所でご使用下さい。

担当:ヨツモト

共立プロダクツの製品は基本的には電池やACアダプターなどの電源で
動く製品が多いのですが今回は電源の使わないこちらの製品の紹介です。


NewImage
KP-RADM902 ラジオメーター
http://prod.kyohritsu.com/KP-RADM902.html

まずはラジオメーターのご説明
ラジオメーター効果を見ることができるのは、羽根の片面を白く、片面を黒く塗った
羽根車に赤外線を含む光をあてると回転する実験器具(クルックスのラジオメータと
よばれる)で、光の吸収の大きい黒く塗った面がより暖められ、黒い面に接触した
気体分子により大きな運動量を与えるために、その反作用の差によって羽根車は回転
する力を得る。衝突の回数が増すので気体分子の数が多いほうが回転する速さが増す。
wikipediaより

(昔は光の電子が当たって動いていると思われていたそうです)

ラジオメーター効果
https://ja.wikipedia.org/wiki/ラジオメーター効果

というラジオメーター効果を実験出来る製品となっています。
もちろん実験的な要素はあるのですが部屋に置いておくだけで太陽光のあたり具合に
より羽根車の廻り方が変化するインテリア的な使い方も出来ます。

知らない人がみると「電源が無いのに動いている!」と不思議がるようなラジオメーター
効果をぜひ!


担当:ヨツモト

ご購入はこちらからどうぞ(共立エレショップ)
http://eleshop.jp/shop/g/g402495/

共立プロダクツで販売している「NFC 非接触発光LED」をAKIBA PC Hotline!さん
で紹介していただきました。

Suicaやスマホの装飾に? NFC通信時に発光するLEDモジュール
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/wakiba/find/1020857.html

昔々から携帯電話をお使いの方には「携帯電話のアンテナ光らせていました」なんて
方も多いと思いますが、この製品電話着信時は無反応で、駅の自動改札やコンビニ
での精算時などNFC通信時に点滅してくれます。

駅の改札機では大体がNFCカードを検知すると「消灯」するのでそれを確かめている
方も多いと思いますが、このLEDを貼っておくだけで改札機を見なくても定期入れやNFC
対応の携帯電話を見るだけで通信状態を確認することが出来ます。

NewImage
KP-NFLEB NFC 非接触発光LED(青色)
http://prod.kyohritsu.com/KP-NFLEB.html

KP-NFLEG NFC 非接触発光LED(緑色)
http://prod.kyohritsu.com/KP-NFLEG.html
KP-NFLER NFC 非接触発光LED(赤色)
http://prod.kyohritsu.com/KP-NFLER.html

KP-NFLEW NFC 非接触発光LED(白色)
http://prod.kyohritsu.com/KP-NFLEW.html

実はこのNFCLED部品がむき出しということがあり定期入れや携帯電話に貼っておくと
衝撃などによりまれに配線が切れたり部品が取れたりすることがあります。(経験者は語る)

その際は小型部品ということもあり修理はなかなか難しいと思いますので、新規
お買い求めをよろしくお願いします。

最後にこちらの製品販売開始&紹介して頂きました三月兎1号店様まことにありがとう
ございます。今度東京行く際は大阪土産持っていかせて頂きます!

三月兎ホームページ
http://www.march-rabbit.jp


担当:ヨツモト

こちらも長く販売継続しておりました10Wデジタルミニアンプ製造終了
とさせて頂きます。

NewImage
10W+10Wデジタルミニアンプ WP-3320D-2
http://prod.kyohritsu.com/WP-3320D-2.html

D級のアンプがまだ珍しかった時代に25Wクラス(製品は放熱の問題もあり10Wと記載)という
出力大きめのICを使用し、音もそこそこ良い製品だったのですが、販売数減少に付き
製造終了となります。
後継機種は・・・

WP-1552AMP-G 高音質アナログアンプ【基板完成品】
http://prod.kyohritsu.com/WP-1552AMP-G.html

KP-AMP-SZ01 ハイレゾ対応デジタルアンプ基板完成品
http://prod.kyohritsu.com/KP-AMP-SZ01.html

などの基板も扱っていますが、近日数種類アンプ基板の発売も予定しています。
そちらもぜひお楽しみに!!


担当:ヨツモト

9月21日現在弊社エレショップに2台在庫あります。
購入ご検討の方はお早めに

共立エレショップ
http://eleshop.jp/shop/g/g402072/

↑このページのトップヘ