お気に入りのアルミケースに基板やトランスを組み込で、やっとの思いで
アンプを完成させても、パネルが無地のままでは何かものたりませんね。
メーカー製アンプなみにカッコよく仕上げたいものです。

で、レタリングシート(インスタントレタリング)で文字入れを・・となるの
ですが、レタリングシートの供給元であった「サンハヤト」が生産を終了
したため、店頭から久しく姿を消しておりました。

悲しみに暮れていたクラフトオーディオファンの皆様、お待たせしました。
共立電子がレタリングシートを復活させました。

Wonder Pureブランドで7種類を新発売いたしました。
https://eleshop.jp/shop/g/g402688/

クラフトオーディオファンにおなじみの「LS272」「LS364」など品番も
サンハヤトと同じです。
(品番のアタマにWPが付きますがその後の品番は以前と同じです)

4 オーディオA

4 アルファベット

WP-LS206 レタリングシート アルファベット(白)
http://prod.kyohritsu.com/WP-LS206.html

WP-LS226 レタリングシート 数字(白)
http://prod.kyohritsu.com/WP-LS226.html

WP-LS271 レタリングシート オーディオ-(1) (黒)
http://prod.kyohritsu.com/WP-LS271.html

WP-LS272 レタリングシート オーディオ-(2) (黒)
http://prod.kyohritsu.com/WP-LS272.html

WP-LS275 レタリングシート オーディオ-(1) (白)
http://prod.kyohritsu.com/WP-LS275.html

WP-LS276 レタリングシート オーディオ-(2) (白)
http://prod.kyohritsu.com/WP-LS276.html

WP-LS364 レタリングシート アルファベット (黒)
http://prod.kyohritsu.com/WP-LS364.html


このレタリングシートを使って、マークオーディオ「Alpair-5」用の
真空管アンプを製作しましたので、アルミパネル(フロントパネル)の
製作過程をご紹介します。ベテランの方は自分流の方法を習得して
おられることと思いますが、初心者の方はこれを参考にしていただけ
ましたら幸いです。

(1) アルミ板を加工してパネルを製作します。

1 アルミパネル

(2) 塗装をします。
  アルミ地肌にそのまま塗装しても塗料がうまく付着しないので、
プライマーなどで下塗りをしてからお好みの色で塗装をします。

2 プライマー
プライマー
    

2 塗料
スプレー塗料

まず、プライマーをアルミパネルから30cmくらい離してすばやく均一
に吹きつけます。一度にタップリと吹き付けないのがコツです。
約1時間乾燥させてから2回目の塗装をします。(2回以上塗り重ねます)

プライマーが乾燥してからスプレー塗料で塗装します。塗り方はプライマー
と同じです。2~3回塗り重ねます。
約1日乾燥させます。


3 塗装ずみ
銀色に塗装したところ

(3) 文字入れの準備をします。
レタリングシートの文字を擦って転写させるための器具が必要です。
以前は専門の器具も販売されていたようですが、私は「3H」の鉛筆
を使用しました。

4 鉛筆
3Hの鉛筆

400番くらいのサンドペーパーで鉛筆の先端を丸く(球形)に削って
あります。「硬くて滑らかな」素材であれば他にも使えるものが
あるかもしれません。

(4) レタリングシートで文字入れをします
■文字入れするところ以外をコピー用紙などで覆います。

5 1 準備
文字入れしない部分をコピー用紙などで覆います

こうしておかないと、左手で押えたところの文字が手の温度や圧力で
パネルに転写されてしまいます。

■文字を転写したいところにレタリングシートを置いて、鉛筆で
軽く擦ります。文字全体を「の」の字を描くように(円を描く
ように)擦ります。


5 2 鉛筆でこする
文字を鉛筆で擦ります

■レタリングシートをそっと剝がします。
パネルの上に転写した文字が残ります。

5 3  転写
レタリングシートを剝がします

■文字がはがれないように「台紙」で押さえます。
レタリングシートについている「台紙(裏紙)」を転写した文字の上に
置いて、指で軽く擦りつけます。

5 4 台紙でこする
台紙を載せて軽く擦りつけます

■ボリュームまわりのドットを転写します。
文字と同じ要領です。
転写するドット以外のところをコピー用紙などで覆っておきます。

6 ドット
ドット部を転写します

転写したら台紙を載せて軽く指で擦ります。

7 転写完了
すべての文字の転写が完了しました

(5) 転写した文字をコーティングします。
転写したままではすぐに剥がれ落ちてしまうので、スプレー塗料
でコーティングします。

8 クリアスプレー
透明(クリア)スプレー塗料

以前はレタリングシート専用のコーティング塗料が販売されていましたが、
それでなくても、ラッカースプレーやアクリルスプレーでOKです。

ただし、一度に大量に吹き付けるとせっかく転写した文字が
溶けてしまうことがありますので、パネルの塗装のときと同様に、
30cmくらい離してサッと軽く吹きつけるのがコツです。
乾燥を待って2~3回重ね塗りすれば完璧です。


10 完成
パネルが完成しました

文字入れしたフロントパネルを取り付けてアンプが完成しました。

11 6V6シングル
マークオーディオ「Alpair-5」用に製作した「6V6シングル」無帰還
パワーアンプです。

クラフトオーディオファンの皆様の「世界にひとつの作品」つくりに、
このレタリングシートがお役に立てることを願っております。

担当・・・OGU


ご購入はこちら

WP-LS206 レタリングシート アルファベット(白)
https://eleshop.jp/shop/g/g402686/

WP-LS226 レタリングシート 数字(白)
https://eleshop.jp/shop/g/g402687/

WP-LS271 レタリングシート オーディオ-(1) (黒)
https://eleshop.jp/shop/g/g402688/

WP-LS272 レタリングシート オーディオ-(2) (黒)
https://eleshop.jp/shop/g/g402689/

WP-LS275 レタリングシート オーディオ-(1) (白)
https://eleshop.jp/shop/g/g402690/

WP-LS276 レタリングシート オーディオ-(2) (白)
https://eleshop.jp/shop/g/g402691/

WP-LS364 レタリングシート アルファベット (黒)
https://eleshop.jp/shop/g/g402692/