気仙沼の遊び方

*気仙沼のグルメ・観光情報*

東京でフードライターとして活動していましたが、2013年12月から気仙沼に居を移すことに。震災でゼロから再出発することになった気仙沼。20年後に観光大都市になっていることを思い描き、ビビッときた観光スポット/飲食店/お土産/お家ごはんをスクラップしていきます。

038

一関(いちのせき)にある、「Hirasawa F Market」。古民家をリノベしたカフェで、カラダ悦ぶベジサンドや、デリ風お惣菜をちょこちょこ楽しめる、女性に人気のお洒落スポットです。そこでイベントがあり、友人と出かけてきました。

いつものワンプレートランチにタブレサラダがつく他、カフェ前のデッキではマルシェが行われていて、ケールやディルなどの新鮮野菜、ハード系パン、手作りアクセサリー、カフェでも使われているスウプボウルなどをあがなえるようになっており、雨の中とはいえ、大盛況でした。

このカフェは後日くわしくご紹介するとして、帰り途、一関から気仙沼に帰る国道284号線の室根商店街で、以前より気になっていた洋品店に突撃してみたのです。続きを読む

222

気仙沼駅より徒歩1分、駅正面に建つ「ホテルパールシティ気仙沼」。アクセスの良さで気仙沼への出張や観光の際に重宝されている宿です。

レストランは1階に カフェレストラン「インセンス」(過去記事) があり、2階には地産地消にこだわった 気仙沼料理「鼎(かなえ)や」 が入っています。
続きを読む

このページのトップヘ