去る1/15-1/16、ホノルルにある、ハワイコンベンションセンターにて、HDA( Hawaii Dental Association)主催の2015年度の、デンタルコンベンションがおこなわれました。
CE creditをとることのできる、沢山のクラス
の他に、150社を超えるベンダーが紹介する
様々な新製品を試したり、情報収拾もこのコンベンションの目玉です。

今年のコンベンションで、もっとも目を引いたのは、Crestのブースでデモンストレーションの行われていた、最新の電動歯ブラシでした。電動歯ブラシの歴史は古く、1950年代に始まり、1990年代には、通常の歯ブラシに比べて、高級品として、各家庭に登場するようになりました。

私が初めて電動歯ブラシを使い始めたのは、ハワイ大学時代の、2000年始めでした。当時は、電動歯ブラシ本体に、タイマーがついたものが開発され、二分間歯磨きの啓蒙の定着に貢献しました。続いて、磨きながらblue toothで、磨き時間や、歯にかかる圧力を調整したり、交換用のヘッドも、敏感用、矯正&ブリッジ用、フロス付き、研磨用カップ付き等、様々な選択肢が出ました。

今回の新製品の特徴は、このblue toothの部分の更なる発展です。Crestの無料アプリをiPhone 又は、iPad等のディバイスにダウンロードして、それを見ながら歯磨きをするというものです。患者さんによって、磨き残しの多い部位を予め入力しておくと、そこを強調して、指示を出してくれます。まるで、自宅に歯科衛生士がいるようですね。こんな次世代の歯ブラシの仕方なら、普通はあまり良く磨かない、ティーンエイジャーの子供達も、気に入りそうです。コンピューター技術と、歯磨きのコラボレーション、ますます、興味深くなって来ました。
image


ハワイで歯科衛生士・スタッフ研修会を!
Three-quarter, Inc.のWebサイトをご覧ください➪