アメリカでは、歯科関連専門メーカーの、販売促進によるセールスがとても盛んです。日本で、歯科衛生士として、仕事をしていた頃は、ほとんどの決定権は、院長先生が持っていましたから、私達、歯科衛生士やスタッフが、製品について、学んだり、吟味したり、という機会はありませんでした。最近、私のパート先の歯科医院で、二週間続けて、二つの製品についてのプレゼンテーションがあったので、それについてお話ししましょう。

ここハワイで、一番良くあるタイプのプレゼンテーションは、ランチミーティングです。貴重な一時間のお昼休みを使って、メーカーのセールスの人が、紹介したい新製品について、パワーポイントなどを使ってプレゼンテーションします。私達は、休憩を返上して、話を聞くので、セールスの人が、代わりにランチを提供してくれます。院長の歯科医師、歯科衛生士、歯科助手、受付まで、全員でランチをご馳走になりながら、新製品について、学びます。

第一週は、フィリップ社から、エリーという販売促進の人がプレゼンテーションに来てくれました。今まで、ライバル会社の、クレスト社の電動歯ブラシのことは、何回か勉強する機会がありましたが、フィリップ社のソニケアーについて学ぶのは、初めてでした。エリーは、臨床経験の長い、歯科衛生士でもあるので、自らの、患者さんへの口腔衛生指導の実体験に基づいて、二つの製品の違いや、ソニケアーの良さを話していきました。

image


二週目は、ウォーターピックについてのランチミーティングでした。サンディーという、ハワイ歯科衛生士協会の、会長も務める歯科衛生士が、プレゼンテーションをしてくれました。ウォーターピックのことは、色々なところで見聞きしていましたが、きちんとした説明を聞くのは初めてでした。ウォーターピックの歯垢除去率が、99%以上だということ。そのジェット水流で、深いボケットの清掃ができるので、歯周疾患患者に適した製品である事など、新しく学ぶ事が出来ました。

image


ミーティング後、参加者全員で話し合い、価格なども吟味したのち、この歯科医院では、ウォーターピックの購入を決め、ソニケアーも順次、検討していく事となりました。更に、ミーティング参加者は、特別価格で、自己使用分を購入できる事も魅力です。このようにして、受付も含めた、診療、治療に関わる全てのスタッフが、同じ知識を共有し、同じ目線で患者さんのケアーができるように、従業員教育が行き届いているのは、アメリカの大変良いシステムの一つだと思います。

ハワイで歯科衛生士・スタッフ研修会を!
Three-quarter, Inc.のWebサイトをご覧ください➪