この3年の間に、知人2人を舌癌で見送ることになりました。1人目は、次男の高校の先生の奥様、診断からおよそ一年半、闘病の末、力尽きました。2人目は、同じく次男が幼少の頃にお世話になった先生で、診断から10ヶ月の早さで、帰天なさいました。

舌癌を含む、口腔癌は、その発見の遅さによっては、命取りになるタイプの癌です。首から上は、小さい頭部の中に沢山の血管、リンパ、神経などが詰まっているので、傷つけば治りやすいけれども、逆に、悪性腫瘍などができると、そのスピードを増し、あっという間に悪化していきます。

ハワイ大学歯科衛生士学科在学中、学生同士の口腔ガンスクリー二ングの練習中に、下級生の1人に口腔ガンが発見されました。まだ、20歳そこそこの若い学生で、口蓋に小さくあった異物を病理解剖にわました結果、口腔ガンと診断されました。ラッキーなことに、本当に初期だったので、手術、処置、療養のための一年の休学を経て、復学し無事卒業して、今は、立派に歯科衛生士として活躍しています。あの時発見していなかったら、今頃命を落としていたかもしれません。

私の患者さんの中にも、舌癌を克服した人がいます。しかし、舌のおよそ1/3を外科的切除したので、舌の形が普通ではなく、会話や嚥下が昔のようにはできません。他の口腔ガン克服者の中には、鼻の半分や、顎の一部を切除したりして、命は助かっても、その後、その外見の醜さのために、生きてゆくこと自体が困難になります。

私達、歯科衛生士は、毎回のチェックアップとクリーニングの際に、必ず口腔ガンスクリー二ングをします。特に今回のように、身近に命を落とした人を経験すると、更に念入りに見るようになりました。私達が、人の命を救うことができるのです。6ヶ月毎の歯科定期健診の意味を、もう一度考え直してみませんか?
IMG_4808