2016年01月

昨日は、ハワイ在住のアーティスト、浅井力也君が、お母様の三和子さんと一緒に、私の所に、歯のクリーニングに来てくれました。力也君(以下、Ricky)は、出生時の酸素不足により、脳性麻痺になってしまい、重度の障害と共に生きています。介護を担当しているお母様から、"一生懸命、毎日磨いているけど、きちんとできているかどうか、一度チェックして、クリーニングもお願いしたい。"との相談を受けて、この日が実現しました。

image

まず、私とRickyとの、良い関係作りから、スタート。彼が、私の所に歯のクリーニングに来るのに、なるべくストレスがないように。ただでさえ、歯科医院なんて所は、健常者でも、スキップして楽しみに来る所ではありませんから。お母様が、良く説明して連れて来て下さいましたから、Rickyが私の所に来た時は、良くわかっていて、リラックスさえしているようでした。恐怖心を持って来る患者さんを迎えることほど、診療が困難になることはありません。Rickyは、とても協力的で、私が今まで診た、4人の重度の障害を持つ患者さんの中で、一番クリーニングのしやすい患者さんでした。

お母様の毎日の努力の甲斐あって、Rickyの口腔衛生状態は、重度の障害者にしては大変良好で、私は、日頃歯ブラシの届きにくい箇所(主に舌側)の歯石除去をお手伝いしました。Rickyには、舌を含めた、口腔内の筋肉の硬直があり、口を大きく開けることも難しいので日々の歯磨きは、さぞ困難を伴うだろうと想像に余りあります。部分的に、長らく除去されてなかったと思われる、着色した縁下歯石もあったので、そこもきれいにクリーニングしました。
image

一時間ちょっとにわたるクリーニングの最中は、お母様の三和子さんが、Rickyが飽きたり、ストレスで嫌になったりしないように、休むことなく、傍について、Rickyの好きなおもしろいお話しをしたり、冗談を言ったりして、私が診療がしやすいように、ずっと協力して下さいました。唾液の気管への誤入を防ぐために、排唾菅 (Rickyには、マジックストローといってあります。)での唾液吸入は、健常者の患者さんよりも、頻繁に行いました。
スケーリングのあと、フロスをして、いちご味の研磨剤で、ピカピカに磨いてあげて、一回目は、終了です。プロの歯科衛生士としては、もう少し極めたい所もありましたが、初回から長くなりすぎると、Rickyが疲れ過ぎてしまったり、次に来るのが嫌になってしまったりすると良くないので、次回に回すことにしました。お母様の三和子さんは、とても喜んでくださって、早速、6ヶ月後の予約を入れていって下さいました。これから、口腔内衛生担当者(笑)として、大好きなRickyとの長いお付き合いが始まります…
image

Rickyのお名前、写真は、お母様の許可を頂いて、掲載させていただきました。

ハワイで歯科衛生士・スタッフ研修会を!
Three-quarter, Inc.のWebサイトをご覧ください➪




歯科衛生士としては、あまり誇らしい事ではないのですが、私も、小さな口腔内の問題を抱えています。勿論、虫歯はありません。歯周ポケットもなく、歯茎の状態も良好です。歯列も、高校生の時に、歯科矯正治療をして、未だにリテーナーを使っているので、真っすぐに保たれています。小さな問題とは、歯の磨耗、知覚過敏と、歯の着色です。

歯の磨耗は、過去に、特にアメリカの大学に戻っていた時、ストレスで、相当、噛み込みや、噛み締め、歯ぎしりなどをした結果です。その後は、自分でも気をつけていますが、一度磨耗した物は、二度と元には戻りません。

最近では、歯科矯正治療と、歯肉退縮による知覚過敏の因果関係が、研究で明らかになっています。ご多聞にもれず、私もその一人で、長いこと、冷たいもので歯がしみる、知覚過敏に悩まされています。知覚過敏用の、センサダインなどの、特別な歯磨き粉を使い、緩和に勤めています。

本来ならば、白く輝く歯の歯科衛生士が理想なのでしょうが、私の歯の色は、残念ながら、ムービースターのような真っ白な歯には程遠く、何か改善の余地はないものかと、日々考えあぐねていました。コーヒー、お茶、そして、赤ワインをよく飲むので、どんどん色素沈着が進んでいるのです。知覚過敏のため、市販のホワイトニングストリップもしみて使えず、当然、歯科医院で行う、ライトキュアのホワイトニング治療などは、もってのほかで、過去に一度も試したことがありませんでした。

さぁ、今回、HDAデンタルコンベンションのブースで、何気なく、20分で済むというので、ライトキュアのホワイトニングを生まれて初めて、試してみました。知覚過敏のことなど、すっかり忘れていたのです。驚くことに、ホワイトニングのジェルがとてもマイルドに出来ているので、しみませんでした。当日も翌日も、大丈夫です。そして、歯は、少し白くなり、幸せな気分になりました。

歯科の製品や技術は、毎年毎年、目をみはる進歩を遂げています。それは、一年に一度のデンタルコンベンションで毎回実感します。こんなひどい知覚過敏の私にでも、使えるホワイトニングが開発されたことは、活気的なことです。これで、私の小さな問題の一つが解決されました。
image


ハワイで歯科衛生士・スタッフ研修会を!
Three-quarter, Inc.のWebサイトをご覧ください➪

ある朝7:00に、上司の歯科医師から、メッセージあり。
"クリニックの鍵を忘れたので、早めに出勤して、鍵を持ってきて開けて欲しい。"
歯科衛生士の私の他に、受付も、歯科助手も、それぞれクリニックの鍵を持っているはずなのに、おかしいな、っと思いながら、とにかく家を出ました。
ドアの前には、先生の姿が…
"他の人はどうしたんですか?"
聞くと、なんでも、受付は、自身の誕生日で有給を取り、助手は、出産予定日が近く、体調がすぐれないので自宅待機をすると、病欠の連絡を入れてきたとの事。

さぁ、5年以上共に働いてきた先生 ( 女医 )と、今日1日、二人っきりで働く、初めてのハネムーン!歯科医師と、歯科衛生士2人で、患者さんを診療しながら、四役を熟す、想像を超えるすざましい1日の始まりです。
まず、2人で、1日のお互いのスケジュールをチェックし合って、患者さんに時間変更をお願いする必要を確認。その患者さんに、早速連絡し、何とか、2人の1日のスケジュールが、円滑に流れるように作り直しました。

私は、主に、歯科衛生士と、歯科助手を担当。先生は、歯科医師と、受付を担当。電話をしてきた患者さんは、先生がいきなり電話に出たので、さぞ、びっくりした事と思います。それでは、朝からの私達の奮闘ぶりをお届けしましょう。

歯科衛生士として、8時から、1時間づつ、3人の患者さんのクリーニング、メインテナンスを終えた後、お昼休みを返上して、右下3本のフィリング、残根歯2本の抜歯に続き、縫合のアシスタント、その後、右上奥歯のクラウン形成のアシスタント。印象採取は、先生にやっていただいて、私は、再び自分の部屋に戻り、歯科衛生士として、残り2人の患者さんのクリーニングとメインテナンス。
先生は、診療の手を止めて、電話応対、会計、スケジュールをいれて、患者さんをチェックアウト。2人で、4人分の仕事をこなすのですから、当然、押せ押せになり、最後の患者さんの会計を終えたのは、5:30。それから、先生は、受付の仕事に戻り、1日の集計。私は、洗い場で、積み上がった汚れ物を片ずけ、滅菌器を2サイクル回し、使った3部屋を除菌し、最後に2人でカルテの記入を終え、クリニックを出たのは、7:00でした。

私が、過去に歯科助手の経験があったこと、かれこれ、30年近く、歯科業界に携わっていることで、歯科医院の1日の流れを理解、把握していたこと、等が、本当に功を奏した1日でした。最後に、先生が、"一杯やりに行こう"と誘って下さって、2人で、嵐のような1日を乗り切ったことを、労い合ったのでした。

image


ハワイで歯科衛生士・スタッフ研修会を!
Three-quarter, Inc.のWebサイトをご覧ください➪

新年、明けましておめでとうございます。2016年が始まりました。今回の年越しは、友人のボートの上で、海の上から、ホノルルに上がった6ヶ所の花火を見ながら、迎えました。みなさんのお正月はいかがでしたか?

前回に引き続き、"ハワイ発、とっておきの歯科衛生士日記総集編"をお届けします。バックナンバーから、vol.2と題して、ご紹介します。興味のある方は、どうぞ本編をお楽しみ下さい。

口腔内に存在する色々な物
コンベンションでの戦利品
Substituteという働き方
2月の研修会のご報告
3月研修のご報告
歯科業界人達の、粋なハワイ休暇の過ごし方
フッ素の話
歯の色が気になりますか?
歯科衛生士国家試験の月
患者さんの気持ち
冷たいもので歯がしみますか?
歯科医院、今昔物語
同性愛婚
青い粒論争
五月は母の日の月
8月、東京セミナーのお知らせ
頼れるリペヤーマン
良いものなんですけど、ちょっと困りもの
6月研修のご報告
バケーション

今年は、ブログを読んで下さっているみなさんから、こんなことについて、もっと知りたい、日本ではそうですが、アメリカでは、どうですか?など、リクエストや、質問に、どんどん答えていきたいと思っています。今年もどうぞよろしくお願い致します。

image


ハワイで歯科衛生士・スタッフ研修会を!
Three-quarter, Inc.のWebサイトをご覧ください➪

↑このページのトップヘ