2018年11月10日

初化粧?

昼寝して目覚めたら、
何と化粧していた。
眉毛も剃ってあり、
白粉も、口紅も塗ってある。
鏡で横顔を見たら、
なんかちょっと母に似てる??
取ってつけた感じでもなく、
そんなに悪くないな。

それにしても、
化粧されているのに全然気付かないなんて…

という夢でした。


kyokotsm at 08:05|PermalinkComments(0)  

2018年11月06日

不快感を感じる

人は不快感を感じるのが苦手である。

それもそのはず、
世間では不快感はよくないものと思われており、人々は常にどうしたら不快感から逃げられるかを考え、世の中には不快感をなくすための商品が溢れているからである。

しかし、
不快感を避けたり、感じないようにしても、根本的な解決には繋がらない。

全ての解決の入り口は「感じること」にある。

「感じろ」というのは、決して「我慢しろ」という意味ではない。不快感に心を開いて、その奥にあるものを感じるのである。

すると、その不快感を生じさせている根本原因が見えてくる。そして、その解決に必要な行動がしたくなるのである。

例えば、痛みという不快感の原因がだれかに対する怒りだったりする。
そのとき必要な行動は、その人に対して怒ることかもしれない。あるいは、さらにその怒りを感じていけば、別の答えが見つかるかもしれない。
いずれにせよ、正しく解決すれば、当初の不快感は消えてなくなる。

体の不調からくる痛みの場合は、きちんと感じることによって、自然治癒力を増大させることができる。そうすれば治りも早い。

感じることの障害は恐怖である。
ひょっとしたら死んでしまいそうな恐怖を感じるかもしれない。

恐怖という奴は、もっとも感じるのが難しい代物である。
しかし、逃げずに感じていれば、やがて変化が訪れる。

恐怖は、感じているときよりも、恐怖から逃げようとするときの方が、より「怖い」ものなのだ。

もう一つ、知っておくといいのは、
「正しく感じるときにはしばしば吐き気を催す」ということだ。
どうやら、心が開こうとするとき、人は吐き気を感じるらしい。

ぜひ、ゲーゲー言いながら感じてみてください。






kyokotsm at 06:45|PermalinkComments(0) 智慧 

2018年11月03日

レアな夢

私の教え方に不満を表す学生がいて、
(確かにちょっといい加減だとは思ったが)
何が不満なのか、はっきり言えと言っても
言わないのに腹を立て、
全て学生の目を見ながら

私は本当は恐しいんだぞ!

と脅しをかけたら
たくさんの学生が出て行ってしまった。

でもそれでも残っている学生が
結構いるんたな、と思ったら
目が覚めた。

kyokotsm at 07:25|PermalinkComments(0)  

2018年11月01日

真実を信じるのに努力はいらない

真実はストンと腑に落ちる。
だからそれを信じるのに何の理由も努力もいらない。

すべての人は心の奥底で(神とつながっていて)
何が真実かをすでに知っているのだから。

真実でないことを信じ続けようとすれば
必ず理由付けと努力が必要になる。

kyokotsm at 07:58|PermalinkComments(4) 智慧 

2018年10月31日

毎日毎日

気が狂うほど愛されたい。

kyokotsm at 05:47|PermalinkComments(0) 本当の相手 

2018年10月28日

愛を撒き散らす。

kyokotsm at 19:03|PermalinkComments(3)  

浮かんだ言葉

私が何でも命がけでやるのが得意なのは、
あなたのいない人生など生きるに値しないと思っているからかもしれない。

kyokotsm at 18:43|PermalinkComments(0) 本当の相手 | ひとりごと

2018年10月27日

エネルギーを受け止める

とどのつまり、
私の本当の使命は

そのままでは
極めて暴力的な破壊力でしかない
あなたのエネルギーを
完全に受け止めて
愛に変容させること

なのだな。

kyokotsm at 10:15|PermalinkComments(1) 本当の相手 

2018年10月26日

今朝のことば

カオスをつきぬけるよ。

kyokotsm at 04:44|PermalinkComments(2) ひとりごと 

2018年10月16日

本当にいいものほど意識に左右される

だれが扱っても同じような結果になるものは波動が荒い。

波動が細かいものは、それを扱う人の意識に左右されやすい。

だれが扱っても同じ結果が出ることを「科学的」であると称するので、波動が荒いものしか「科学的」であるとは言えなくなる。

波動が細かいものは、肯定的な研究者が実験すれば素晴らしい結果になり、否定的な研究者が実験すれば、良い結果が出ないから、いつまでたっても「科学的」であるとは認められないわけだ。

困ったことに、本当にいいものほど波動が細かい。

科学が「実験はそれを行う人の意識に左右される」という事実を認めない限り、この矛盾は続くであろう。

世の中に本当にいいものはたくさんあるのだが、それが人類になかなか普及しないのは、人の意識がそれに追いついていないからだ。




kyokotsm at 21:19|PermalinkComments(7) 智慧 

2018年10月15日

真の自己完成

すべては自業自得である。
人は個として自立しなければならない。

と言って、自己完結、自己完成を目指す人たちがいる。

起きる問題のすべての原因を自分の内面に求め、決して他人のせいにしない。

この態度は、確かにある段階までは正しい。

ところが、そうやって、本当に自己完成を成し遂げた後、そこに現れるのは、

決して独りでは立てない自分
半分でしかない自分

なのだ。
そのとき人は残りの半分に自分のすべてを委ねるしかない。

自己完成を目指して完璧な自己コントロールを成し遂げた人にとっては、あまりにも衝撃的で受け入れがたい事態に違いない。

けれども、
もしも本当に自分独りで完璧な自己完成が可能なのだとしたら、何のために他人は存在するのだろう?もしも自己完成を自分独りで成し遂げることができたとしたら、人は自分でも気づかないうちに、とんでもなく傲慢になってしまうのではないか。

人が最後の最後に、「自分は誰かに依存しなければ決して生きられない」と思い知らされることは、人がそのような傲慢さから逃れるための、神による巧妙な仕掛けではないか、と思うのである。そしてそれはまた、神からの素晴らしいギフトでもある。


あなたに出会ったとき、私が心の底から感じたのは、

「私は独りじゃなかった!」

ということだった。
それは信じられないほど幸せな発見だった。

kyokotsm at 07:00|PermalinkComments(5) 智慧 | 本当の相手

2018年10月14日

はっきり言っておくが

あなたの「準備」は永遠に終わらない。
なぜなら、それはただの言い訳だから。

kyokotsm at 22:15|PermalinkComments(1) 本当の相手 

ご冥福をお祈りします

私がもっとも辛かった時期に
いつも私を信頼し、応援し、支えてくれた
とても大切な友人が亡くなりました。

あまりの突然の出来事にことばもありません…
ただただ感謝しかありません。

kyokotsm at 18:34|PermalinkComments(2)  

2018年10月09日

LGBTQ

性的マイノリティー(LGBTQ)の権利を認めようという動きは世界中に広がっていて、それはそれで結構なことだと思うのだが、
そのような「寛容な社会」を目指す活動をしている人たちに、ちょっとこう聞いてみたい気がする。

「性的指向が自分の親兄弟や子供に向いている※人はどう思いますか ?」

もしも、
「それはいくらなんでもダメでしょ。」
という答えが返ってくるのであれば、彼らの目指す寛容性には疑問符がつかざるをえない。

性的マイノリティーを否定する人たちの中には、もしかしたら、そういう※人もいて、
自分の性的指向を抑え込むために、やむにやまれず、他人に対して不寛容な態度を取っているのかもしれないのである。
彼らもまた、人知れず傷つき苦しんでいるのだ。
もしかしたら、LGBTQよりももっと深刻に。

本当に愛しているなら、つまり本当の相手なら、相手がどんな人であろうと許される世の中にならなければ、問題の根本的解決は望めない。

kyokotsm at 23:05|PermalinkComments(10) 本当の相手 

誕生日パーティー

勝手に松茸ご飯を炊いてお祝い。
(ただしアメリカ産)B6E5A670-3232-4A1D-8FC4-8705D1E6E361

kyokotsm at 19:28|PermalinkComments(0) 本当の相手 

2018年10月03日

このブログのコンセプトと同じだ!

「自分の内面を掘り下げればマスにたどりつくと思っているんです。」

「いつまで叫び続けられるんだろう」――桜井和寿、26年目の覚悟10/3(水) 7:15 配信

kyokotsm at 14:07|PermalinkComments(0) 桜井和寿 

2018年09月24日

独り言

これいいな…
だれかプレゼントしてくれないかな。


kyokotsm at 21:18|PermalinkComments(5) ひとりごと 

2018年09月23日

メモメモ

どこかに行ってからコンサートに行く予定で、靴など履き替えていたら大幅に遅れてしまい、もうすぐ、終わっちゃうから早く行かなきゃ、と焦っていると、会場の外なのになぜか櫻井さんがウロウロしている。

あれ、ゆみこさんここで話せばいいのに…と思うがとりあえず会場へ向かう。

会場入り口(裏口?)でまたしても櫻井さんに遭遇。コンサート中のはずなのにこんなにチョロチョロ出て来ていいのかな??まあとにかく私は会場内に入り、ゆみこさんはそのままそこに。

その後話を聞いたら、特に個人的な話をすることはできなかったが、櫻井さんがだれかのコンサート?に12日には行けるかも?と言っていた、と言う。

ちょっと二度目して見た夢。

kyokotsm at 07:51|PermalinkComments(4)  | 桜井和寿

2018年09月22日

白い彼岸花

うちの畑に突然生えてきました。
3CCD377C-60C6-4DD1-8C70-2EA1B7FECC70


シロバナ曼珠沙華

花言葉は

思うはあなた一人
また会う日を楽しみに

だそうです。

kyokotsm at 20:56|PermalinkComments(5) 自然 | 出来事

2018年09月20日

Happy Birthday!

今日からの1年も
素晴らしい年になりますように!

kyokotsm at 10:44|PermalinkComments(0)

2018年09月17日

尻拭いは神様がやる

人間がしでかした過ちの尻拭いは
結局神様がやることになる。

人間が過ちを収拾しようとすれば
さらなる過ちをしでかすのがオチである。

だから人間がすべきことは、
過ちに気付いたら
自分たちには収拾できないと観念して
直ちにそれをやめることだけである。

kyokotsm at 07:48|PermalinkComments(1) 智慧 

2018年09月16日

願い

私のただ一つの願いは
あなたを幸せにすること。

それ以外は何もいらない。

kyokotsm at 04:04|PermalinkComments(14) 本当の相手 

2018年09月15日

学生のひとりに

子供のころ、
私に会う夢を見た、
と言われた。

kyokotsm at 00:10|PermalinkComments(2) 出来事 

2018年09月11日

どんなに忙しくても

この一瞬を楽しむことができる。

kyokotsm at 17:30|PermalinkComments(1) ひとりごと 

2018年09月08日

雑感

怖いほどの幸せや
苦しいほどの快感の中に投げ落とされて
もがけばもがくほど
ますますそれに絡め取られ

あなたが私を殺してくれないのが
恨めしかったりする

あなたとの日々は
きっとそんな感じ

kyokotsm at 04:27|PermalinkComments(1) 本当の相手 

2018年09月04日

櫻井さんと、少人数、至近距離で会うチャンスがあり、ゆみこさんは彼を下から覗き込んだり、彼の髪の匂いを嗅いだりしていたが…

私が思い切って彼の腕を掴んでその場から連れ出した。

三人で広い道路を歩いた。車がたくさん通っていたが、だれも我々に気づかない。ゆみこさんが彼に話しかけ、おそらく彼と彼女にしか理解できないであろう会話をして、彼は「なるほどー」と感心した様子だった。

別れる前に私は思い切ってハグしろと言ってみた。ゆみこさんは彼を抱きしめた。

何でも思い切ってやってしまえばいいんだ、と思った。

終わり

目が覚めても、まだそのときの感覚と余韻が残っている。



kyokotsm at 04:15|PermalinkComments(2)  | 桜井和寿

2018年09月03日

執着を捨てる

執着を捨てる =
関心を持たなくなる、どうでもよくなる
と思っているかもしれないが、

執着を捨てれば、
もっと魅力的に見える、
もっと引力を感じる
ものもあるんだよ。

kyokotsm at 07:09|PermalinkComments(3) 智慧 

2018年08月26日

アスルアスル

鈍感な人にとって、
無防備であることは難しくない。
(かつての私)
敏感な人は、(傷つくのが怖いから)
どうしても守りに入ってしまう。

私に求められているのは、
敏感で無防備であること。

ただいま実現中。

kyokotsm at 23:01|PermalinkComments(2) 現況 

ひたすら感じる

痛みや恐怖がなくなったわけではないが、
少なくとも、何があっても全く不安はない。
「心配しない」
おそらく、これが私に課せられた最も大切な役割なのだろう。

痛みは、治癒の過程で起きるものであり、
じっくりと感じれば治癒につながる。
瞑眩(好転反応)のようなものだ。

恐怖は、逃げればますます怖くなる。
逃げずにただ感じれば、
感性はより深まり、さらなる自信が生まれる。



kyokotsm at 08:29|PermalinkComments(15) 現況 | 自信

2018年08月17日

「会える気がした」

100人以上の人間が
3日探して見つからなかったのを
わずか数十分で見つけられたのは、
やはり「感性」のおかげでした。

「車の中で朝3時半に目が覚めた。いろいろ用意している時に、なんか胸騒ぎというか会える気がした」

理性による努力は、
「労多くして功少なし」ですが、
感性は大変効率的です。

この出来事は
感性を信頼することの素晴らしさを
改めて教えてくれました。

kyokotsm at 08:12|PermalinkComments(6) 信頼