2017年12月03日

なぜ正直に生きなければならないか

人はどうして
正直に生きなければならないのでしょう?
「自分に正直でない生き方を選ぶ自由もあるはずだ」
と言う人もいるかもしれません。

しかし、自分に正直に生きていないと、
最後に必ず追い詰められて、
ひどく辛い目に遭う羽目になります。

私自身がその体験者だからよくわかります。
私は正直になる勇気がなくて、
死ぬほど辛い目に遭いました。
そして自分の力だけでは
そこから抜け出すことができませんでした…

その辛さの原因は、
言うまでもなく、自己矛盾です。
正直な自分と、それを受け入れようとしない自分が、
果てしないエネルギーの消耗戦を繰り広げるのです。
それは他の誰かのせいではありません。
まさに自業自得です。
しかし、本人は正直な自分の存在を否定しているため、
自分は正しいことをしているのだと信じて
(言い聞かせて)いる場合がほとんどです。
だからこそ、
自分一人では抜け出すのが極めて難しいのです。

私は、私以外の誰一人、
そのような辛い目に遭ってしくなかった。

それが私がすべてのことを始めたもう一つの理由です。

「自分が辛い目に遭ったら、他人も同じ目に遭わせて
 仕返しをしてやろう。」
と思う人もいるのかもしれませんが、
それは、その人が本当に辛い目に遭っていないからです。

本当に辛い目に遭った人なら、
「他人も同じ目に遭わせたい」などとは
決して思わないことでしょう。

原爆を落とされた広島、長崎の人々は、
決して報復など望まず、
全世界の核廃絶を願っています。

そのような人たちの言葉は
謙虚に聞かなければなりません。

kyokotsm at 12:19│Comments(0)智慧 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字