こんなに着ているとは思わなかった自反而縮 雖千萬人 吾往矣

2018年03月13日

結婚しているのに、結婚している感覚がない

 海老蔵さんが、麻央さんの死の直前に「愛してるよ、結婚してください」とLINEをしたそうで、「それが、最後…彼女とのやりとりがそれだったんです」と明かし、「不思議ですね」としみじみと語った、という。
 私もかつて、結婚しているときには、なぜか自分が結婚しているという感覚がなかった。
 今は実際には結婚していないのに、結婚している(伴侶がいる)感覚がある。
 それが本当の相手というものかな。

kyokotsm at 09:57│Comments(3) 本当の相手 

この記事へのコメント

1. Posted by しずこ   2018年03月14日 03:10
へえ〜、色々考えさせられました。
2. Posted by しずこ   2018年03月14日 06:53
うちの主人、結婚して1番変わってほしいところが変わらないというか...でも、×夫婦だからしょうがないんですね。そして、逆に考えると私も...だからよく主人に怒られます。

私も「伴侶がいる感覚」を持てたらなあ、と思います。
3. Posted by エナ   2018年04月22日 23:38
言い得て妙ですね。
結婚して、お子さんがいらして・・・
そんなによそよそしい。
遠くへ行ってしまいそうだからこの世に繋ぎとめたくて出てきた言葉なのか・・・
どこまでも好きとかそういう感じよりはやっぱり関係の遠さを否めない気がします。
それじゃああの世へ逝く方だって不安じゃないかと。
本当に結婚している実感がないのかな、と思います。
教訓です。逃げると、そんなにフワフワした不安なことになる。
本当の相手に向き合うのは怖いけど、そういうよそよそしい関係なら、他の先輩後輩なり、師弟関係なり、友情なり、礼節ある親子関係とか、他で築ける絆だと思いました。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
こんなに着ているとは思わなかった自反而縮 雖千萬人 吾往矣