メモ覚悟

2019年02月06日

インフルエンザの効用?

インフルエンザはいつも悪者扱いだが
本当にそうなのかな?
「風邪の効用」という名著があるが
インフルエンザにも効用があるのかもしれない。

インフルエンザの高熱が、もしかしたら
身体の不具合の調整をするかもしれない。
インフルエンザにかかった後、
健康診断のいろいろな数値が
改善したりするかもしれない。

だれかそんなことを調べる人は
いないのかしらん。

kyokotsm at 07:31│Comments(6) ひとりごと 

この記事へのコメント

1. Posted by しずこ   2019年02月06日 16:08
そうかもしれないですね〜

「インフルエンザに年一回かかると癌の罹患率50%ダウン!」とか。

抗菌とか流行ってるけど、逆に体の免疫力は弱くなりそうですよね〜(適当に雑菌と戦闘してる体の方が免疫力が強そう。)
2. Posted by しずこ   2019年02月06日 16:11
あ、私「風邪の効用」を読んだことがなかった。
著者は野口整体の野口さんかな。

気が向いたら読んでみます。
3. Posted by S&M   2019年02月06日 17:31
ぜひぜひ
4. Posted by さやの   2019年02月09日 00:12
今のMOAを作った岡田茂吉氏は、風邪やインフルエンザは高熱や汗などで体内に溜まった汚れを外に出すのだと書いていて、言わば体内の入浴だと言い切っていますね。

実際に、私は風邪やインフルエンザで薬で抑える事をしなくなってから、滅多にひかなくなってきたし、体力もかなりあります。たまにひいても、かえってそのあと体調良くなったのを実感してます。いつも薬で抑える○は、年に何度もかかってます。

実際に風邪は万病を軽くするもの、と私は想ってますよ〜。
5. Posted by しずこ   2019年02月12日 08:05

なるほど、です。
体験談を聞かせていただいてありがとうございます。

私自身はあまり病院と西洋薬が好きではないので、専らホメオパシーですね。もちろんひどくなったら病院へ行きますが。(普通の風邪でも、薬の第一選択肢は漢方の小青龍湯です。体質にピッタリなので。あと、ホ・オポノポノしたりです。←薬じゃないけど。)
6. Posted by さやの   2019年02月12日 21:23
しずこさんも自然派なんですね〜。

ドイツはばりばりの医学信仰国ですが、それでも女性中心にホメオパシー、はやって来ています。
女性の方が、本当の健康に敏感ですよね〜

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メモ覚悟