たとえコロナ騒動が
地球を支配する輩たちによる
人口を減らすための陰謀であって
それにより人類の多くが
窮地に立たされることになったとしても
では、コロナがなければよかったのか
コロナ前に戻れればいいのかと言えば
決してそうではない。

これまでのように
人類が互いに争い合い、
エネルギーを浪費し、
人間の都合しか考えずに
地球環境を破壊する生活を続けていけば
人類は遠からず
破局を迎えるしかなかったであろう。

コロナ騒動によって
人々が極限まで追い詰められるとしたら
それは
本当に大切なことは何なのか
何が真実なのかを
真剣に考えるための大きなチャンスなのだ。

一番大切なことは
存在するすべてのものは根底で繋がっていて
不可分であることに気づくことだ。

敵だと思っている存在も
どこかで必ず自分と繋がっている。
だから
自分さえよければという考えで
他者から搾取したり
他者を排除したり
他者を殺したりすれば
それは必ず自分に跳ね返ってくる。

それさえ理解できれば
誰かに教えられなくても
自分がどうすべきかは
自ずとわかるはずだ。

教育はまずそのことを教えるべきなのに
表面的な知識ばかり詰め込むことに終始している。

教育が荒廃する理由はまさにそこにある。

(真の学者なら
間違いなくそのことに気づいているはずだが
そのような人たちはなかなか表に出てこない。)

このようなことを言うと
だから人間は欲望をもっと制御して生きるべきだ
と考える人がいるかもしれない。

幸福の総量は決まっているのだから
皆で謙虚に公平に分け合わなければならないのだ
と。

実を言えば
それこそが大いなる誤解である。

むしろ人は自分の本当の幸せを
とことん追求すべきである。

本当の幸せは皆で奪い合うような代物ではない。

世間でもてはやされる幸せ、
例えば他人に勝ったとか
他人と比べて自分の方が優っているとか
他人を支配できるとかいう「幸せ」は
一時的な快感ではあるかもしれないが
実はどこか空しく、長続きしない。

これに対し、
心の底から湧き出る真の幸福は無尽蔵だ。

誰かが本当に幸せになれば
それは泉のように湧き出して
周りの人にも幸せをもたらす。

自分が本当に幸せになってこそ
他人も幸せにできるのだ。
そのことに気づいて
自分の本音に忠実に生きればいいのである。

いけないのは
「自分さえよければ」という考えである。
それは
自分と他者は別物であるという
誤った考えに基づいている。

自分と他者は
実は心の奥底でつながっているのだから
心の奥底から湧く願いは
自分だけの願いではなく、
すべての存在の願いでもあるはずなのだ。

しかし悲しいことに
この世は嘘で固められているため
それに合わせて生きようすれば
自分の本音を抑え込むしかない。
多くの人にとっては
それが当たり前になってしまい
本音を出していいとは到底思えないばかりか
何が自分の本音なのか
わからなくなってしまっている人がほとんどだ。

そのことに気づかせてくれるのが
自分の本当の相手である。
本当の相手は圧倒的な引力で
人を本質へと導く。
本当の相手は
ありのままの自分に自信を与えてくれ
本音を外に出す勇気を引き出してくれる。
本当の相手は
人を愛する歓びを教えてくれ
他人と共感できる力を育んでくれる。
本当の相手とは心の一番奥底で
真っ直ぐにつながっているからである。

374FB86F-1315-4D19-842F-286D6981A666


(世の中のすべての人を上の図のように表せば、
対角線上にある同じ色の人同士が
本当の相手である。)

そこは同時にあらゆるものとの繋がりも
感じられる場所である。
だから本当の相手と繋がれば
必然的にすべてのものと共感し合えるようになる。

しかし現実には悲しいことに
人々の顕在意識においては
この図の真ん中が抜けたドーナツ状になっていて
ほとんどの人が
他者との繋がりを感じることができないでいる。

私の使命は
このドーナツの中心を埋めることなのだと思う。

それが完成したとき
世界は全く違う様相を呈するに違いない。

あらゆる嘘は暴かれて真実が明らかになり、
偽物はすべて破壊されて本物だけが残る。

自分が孤立した存在であると信じ込んで
嘘で固められた世の中に合わせるのに
汲々としてきた人々にとっては
それはとてつもない衝撃に違いない。

しかしそれは彼らにとって救いでもあるはずだ。
なぜなら偽物にしがみつく人生は
彼らにとっても苦痛だったに違いないのだから。