独裁者の言いなりになるとか
世の中を牛耳っている連中に支配されるのは
良くないことだし
まっぴらだと思う人は多いだろう。
にもかかわらず、
今の世の中はそちらのほうに突き進んでいる。

しかし実は
何かに自分を明け渡すこと自体は
悪いことではないどころか、必要なことですらある。
どんなに嫌でも、人は最後には
神に対して自らを明け渡さなければならない。
そうしなければ究極的に追い詰められる。

忘れもしない1994年6月13日。
私は天に「死ね」と命令された。
その頃の私は人生において最も追い詰められていて
この世に対するあらゆる執着を手放した状態だった。
だから迷いなく「死にます。」と答えた。
私は天に対して、私の全てを明け渡した。
当然私は、自分が殺されるものだと思っていた。

ところが実際には肉体は死なずに
私は自分自身に対するコントロールを
完全に失っただけだった。
私の身体は何者かに完璧に支配されていた。
私はただ、自分がすることをすべて受け入れ、
観ていることしかできなかった。

これはものすごく恐ろしい状態である。
自分が何をしでかすか全くわからないのである。
極端に言えば、
誰かを殺してしまうかもしれないし、
公衆の面前で裸で踊り出すかもしれない。

しかし実際に私がやったのはそんなことではなく
タクシーの「無賃乗車」であった。
何も持たずにタクシーに乗り込んだ。
一体どこに行こうとしているのかもわからずに…

実はそのとき私が向かったのは
驚くべきことに、私の本当の相手の家であった。
私が行きたくてたまらなかった場所。
何もかも捨てても行きたかった場所。

自分を完全に天に明け渡していなかったら
決して行くことはなかったに違いない。
そんなことしたら、子供はどうなる?
家庭は?明日の授業は?
もしも少しでも「自分」が残っていたら
間違いなくブレーキをかけたであろう。

そのとき私は初めて理解した。
天(神)が私に「させたい」こととは
「私が心の底からしたいこと」だったのだ、と。
何の迷いも躊躇いもなく、何の心配もせずに
ただ、本当にしたいことをするのが正しいのだ、と。

自分の真の本音が神と繋がっていることを
悟った瞬間であった。

(それが正しい行動であったことは後になってわかった。
 詳しい顛末については自叙伝を参照してください)

現在の私もそのときの延長線上にある。
本音で生きるのが正しいと主張し続ける理由も
そこにある。

もしかしたら
私が明け渡したのは本当に「天」に対してなのか?
何かよからぬ邪神に明け渡したのではないか?
と疑う人がいるかもしれない。

結論から言えば、
「何に対して」明け渡したかは、さして重要ではない。
「完璧に」明け渡したかどうかが重要だ。
だから、たとえ独裁者に対してであっても
その人を完璧に信頼し、自分の全てを明け渡したなら
その独裁者も「神」のように振る舞わざるを得ない。

世の人が、独裁者や宗教者などに対して
自分を明け渡すときには
決して「完璧に」明け渡しているわけではない。
その方が自分にとって有利であるとか
身の安全が保たれるとか
無難な日常が守られるとか
自身の魂の向上に資するとかといった意図が
必ず含まれている。
それは完璧な明け渡しではなく、奴隷状態である。

本当の明け渡しとはもっと壮絶で
もっと勇気がいることである。
だからみんなそこから逃げようとする。
しかし、すべてを解決する鍵はそこにしかない。

神に自分を明け渡すこととは
自分を完璧に信頼することと同義である。
すべての人は神の一部なのだから。