2012年11月

2年生 カンボジア研修 出発式

いよいよカンボジア研修が始まります

本校では、「カンボジア / アンコール小児病院や地域の医療施設を訪問し、異文化について学び感性を磨くと

共に社会性、協調性を養う」という目的で、2年次にカンボジアに研修に行きます

今日は、研修の出発式がありました

DSCF6808 DSCF6810

研修のために、自分たちでパンフレットを作成したり、カンボジアの方々へのお土産(子供服やおもちゃなど)を

準備するなど、役割を持ち準備も行ってきました

出発式では、学生の実行委員が「カンボジアでしか学べないことをしっかり学習し、視野を広げていきたい」と

挨拶をしました

DSCF6805


校長先生、副学校長、事務長からもお言葉をいただき

DSCF6806 DSCF6809DSCF6811

研修に向けての気持ちが更に高まりました

ますます充実した研修になることと思います。


2年生の実習前の看護技術演習がありました

寒さが増し、冬の訪れが感じられる今日このごろです

武雄看護リハビリテーション学校の周りも、紅葉が輝いています。

先日、2年生の看護技術演習がありました

今回は、「簡易血糖測定」の方法で、簡単な言葉で説明すると、患者さんの血液の中の糖分(グルコース)がど

のくらいの値なのかを測定するという技術です。

まずは、教員のデモンストレーションを見て、学習しました


DSCF6742 DSCF6748

実施場面では、医療安全、患者さんへの配慮という面を実際に考えながら実施します。

DSCF6749 DSCF6752

1月の実習に向けて、学内演習に励んでいます。

今月の学校説明会は、11月25日(日)です。

ぜひ、学内見学で看護実習室をご覧下さい。臨床に即した、看護場面が設定できる学習環境で学べるような構造

になっております。



1年生 基礎看護学実習・発表会がありました 

1年生が入学して7ヶ月が過ぎました

入学してから基礎科目、専門分野の科目の学習をしながら、看護技術の学習にも励んでおります

夏休みから、日常生活援助技術の練習を積み今回の基礎看護学実習では初めて受け持ち患者さんへの援助

を実施しました

まだまだ、未熟ながらに一生懸命気持ちを込めて実施している姿に患者様からも「ありがとう」の言葉や清潔の

援助では「すっきりした。気持ちよかった」という温かい言葉を頂きました

患者様の個別性に合わせ、援助方法や時間配分、使用する物品を工夫するなど学内では学べないことを経験

させて頂いたということを発表会で振り返りをしました

DSCF6754 DSCF6759DSCF6774DSCF6760


看護師という専門職業人として、患者様の思い、体の状態に合わせどのようなケアが必要かという課題にこれ

からさらに学習を重ね、看護技術として提供できるようにこれからも頑張っていきます。

次回の学校説明会は、12月16日です
記事検索
プロフィール

kyokyokyo7

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ