2015年07月

オープンキャンパス   一期一会

 2015年7月26日(日)に、1回目のオープンキャンパスが行われました。

137名と多くの方々に参加して頂きました。台風12号が近づくなか多くの皆さんに

参加して頂けたことに感謝いたします。では、1日を振り返ってみましょう。

どんな出会いがあるのか、学校職員、在校生、わくわくした気持ちで皆さんを待っていました。看護学科2年生が受付を担当。「どんな後輩が来てくれるかなー.。゚+.(・∀・)゚+.゚」

IMG_1430











137名の参加者に対して学校説明が行われました。本校の特色や思いが伝わっていれば幸いです。
IMG_1431











看護体験の様子です。
IMG_1419IMG_1420










IMG_1424IMG_1421










IMG_1451IMG_1439










 看護技術体験、処置体験、手指細菌チェック、手浴、ボディーメカニクス、妊婦体験、沐浴、赤ちゃん抱っこのコーナーに分かれ、スタンプラリー形式で体験して頂きました。在校生が未来の後輩に技術を教える姿や、参加学生さんが看護師役となり、患者役の保護者の方や、お友達の手を洗う姿が、ほのぼのとしていて印象に残りました。この手の温もりが「看護のこころ」に通ずるものだと、感じて頂くことができたのではないでしょうか。


病院・学校見学
 実習病院である隣の新武雄病院へ見学に行きました。ある保護者の方が「こんな綺麗な病院で実習できるなんて幸せね」と話されていました。確かに新武雄病院は、最新の医療設備のみならず、暖色系でまとめられた壁や床の色調や、絵画、いたるところに置かれた観葉植物、静かな雰囲気のBGMなど、病と闘う患者様の心を癒す空間作りがされています。その中で「人的環境」となる看護師もそれに負けないくらい、患者様を守り、癒す存在でなければなりませんね。
 学校見学の中でも「綺麗な学校ですね。」という声が多く聞かれました。南向きで日差しが多く、窓からは緑が見渡せ気持の良い環境です。


ランチの時間
IMG_1460











お食事をとりながら、在校生、教員と参加者の方々との交流の時間でした。疑問に思ったことや、知りたいことを質問することができましたか?「まだ聞きたりなかった。」と思われる方は、8月23日(日)に2回目のオープンキャンパスがありますので、遠慮なく参加してください。


参加者の声
 頂いた感想を少し紹介します。「素敵な1日でした。ありがとうございます。パンフレットは見ていましたが、明るく雰囲気のすごくいい学校だと感じました。実際に体験したり、在校生が優しく答えてくださり嬉かったです。人のお世話や、人命を守る重みがある仕事でありながら、笑顔で対応されている看護師さんを尊敬します。」   「看護師国家試験の合格率が100%であることと、学習環境、実習施設、先生方や学生さんの対応がすごくよくたくさん魅力を感じました。本校の試験を受け合格し、是非最高の、この学校で学びたいと強く感じました。」

以上のようなありがたい感想を頂きました。こちらこそ来て頂いてありがとうございます。「一期一会」という言葉があります。人生に一度の大切な出会い、この一瞬を大切に今できる最高のおもてなしをしましょう。ということを意味します。今日の出会いが皆様の未来につながりますように・・・・  

キャンパスライフ

 今日は本校の正門横に、看板が設置されました。そのモデルとなっているのは、看護学科4回生(2年生)の川原真央さんです。生き生きとしたいい笑顔が印象的です。そんな川原さんに、キャンパスライフについてインタビューしました。



IMG_1324
学校生活は楽しいですか?

 毎日、看護について学びながら、愉快なクラスメイトと一緒に楽しく充実した、学校生活を送っています。



特に何が楽しいですか?

 休み時間の友人とのおしゃべりです。授業では、みんなと情報共有できるグループワークが楽しいです。








看護師になるために、頑張っていることはなんですか?

 1年次より看護師国家試験対策が行われており、学習に取り組んでいます。2年次の現在は看護師国家試験対策プリントを毎日解き、国家試験に合格できるように頑張っています。また、実習の際に患者さんによりよい看護を提供できるように、実技演習にも力を入れています。



IMG_1325ストレス解消法はなんですか?

 帰省し愛犬と、おもいっきり遊ぶことや、友人といっぱい話をすることでストレスを溜めないようにしています。




この学校に来てよかったことは、どんなことですか

 先輩、後輩、先生との距離がとても近く、日々刺激しあいながら楽しく勉強できるところです。また、学校の設備が整っており、学習に励むことができます。






 クラスメートの笹田真央さん、寺井鈴華さんです。写真撮影に協力してくれました。彼女たちも川原さんと同じようにキャンパスライフを楽しんでいます。キラキラした笑顔が素敵ですね。

IMG_1327IMG_1326





     









未来の後輩たちに伝えたいことはなんですか?

 私たちと一緒に「看護師」という夢をかなえましょう。(⌒-⌒)           


 今日は、2年生の川原さんのキャンパスライフを紹介しました。これまで本校は80名の卒業生を送りだしました。今それぞれが、それぞれの場所で看護師として活躍しています。忙しい仕事の合間をぬって、学校には卒業生が「先生、会いに来ました!!」とたびたび訪れます。そんなあたたかい心のつながりが本校にはあるのです。   




入学して4ケ月。。。。。1年生の今

 1年生40名は、2015年4月3日の入学式から4か月が経過しました。

現在1年生は新武雄病院での基礎看護学実習Ⅰ-1を目前に控え、学生代表が実習の御挨拶に行った時の
様子です。入学してわずか4か月で、最新の救急医療システムを備えた新武雄病院が隣接していることで、臨
床現場を早い時期に見学、体験できることは、学ぶ側の大きなメリットです。


IMG_1319
 この実習では「患者の療養環境や看護の実践を見学することにより患者の生活についての理解を深め、看護に対する関心を高める」ことを目的にしています。

 「環境」とは入院環境をさし、空気の清浄、明るさ、静けさ、室内気候(気温、湿度、気流等)や音楽、香り、絵画、寝具、プライバシー等がどのように提供され、どうすれば患者様が、自宅に近い、あるいはそれ以上のよい環境のなかで、生活が送れるのかを考えていきます。

一言で「環境」と言いますが深い意味を持つことがわかりますね。





 
 また、「日常生活援助技術Ⅰ」の授業で生きていくうえで必要な「食事」の講義を受けたあと演習を行いました。


IMG_1300IMG_1314

 







 


 皆さんにとっての食事の意義はなんですか? 
楽しみや満足感を得る、お友達とのコミュ二ケーション、人間関係を深めるなどいろいろな意味がありますね。

看護師は、病をかかえ入院を余儀なくされている患者様にも、食事は健康な時のように楽しんで、安全に食べていただきたいと考えます。


IMG_1310IMG_1305   












 そのために看護師は、食べる時の体位や、むせずに飲み込みやすい姿勢の工夫、配膳の仕方、食器の選定、食事の一口大の大きさ、スピード、視覚障害のある患者様への介助の方法等々、多くの知識を修得しておく必要があります。学生たちは患者役、看護師役になり、どうすれば安全な食事介助が行えるのか研究し、体験を通して学んでいくのです。


 このように、入学して4か月の1年生ですが、多くのことをより深く探求し看護師としての知識・技術・態度を身につけていることを紹介しました。   

本校のアメニティー

 今、進路に悩んでいる人はいませんか?

「自分は果たして何の仕事に向いているのか?」 「これから何をどうしていけばいいのか?」

本校は、これまで80名の看護師を誕生させてきました。そして、現在120名の看護師の卵達が巣立つ準備をし

ています。この学生たちは、ほんの1~2年前まで皆さんと同じ普通の高校生でした。ですが、本校で教育を受け

ることによって、医療人に成長することができるのです。みなさんの力や未来は無限大です。

その夢を本校でかなえてみませんか。 


 先輩たちが夢を現実にした「学び舎」の今日は、アメニティーを見てみましょう。。。。。



IMG_1321 左の書は、学校法人 福岡保健学院の教育理念で
す。「温かい心」「思いやる心」「感謝する心」をもつ人間性豊かな医療人を育成し就職率100%を到達しています。また、2015年においては国家試験100%合格を果たしました。


 右の像は、ナイチンゲールです。
(Florennce Nightingale.1820‐1910 )
近代看護の創始者と言われ、クリミア戦争で傷病兵の看護を行い、劣悪な兵士の療養環境の改善に全力を注ぎました。
ナイチンゲールは、不屈の精神と実行力を備えたパワフルな人であり、科学者であったことがうかがえます。1世紀半を経た21世紀の現代においてもこの精神は脈々と受け継がれています。







IMG_1323


   IMG_1322
    















 本校には観葉植物が多くみられます。

あの、NASA(アメリカ航空宇宙局)では、宇宙船内の生命維持システムの開発中に、植物が空気の清浄化に重要な働きをすることが発見されています。空気をきれいにすることや、目にも優しいグリーンは、学習で疲れた心と、体を「癒し」てくれます。






IMG_1320

 校内のいろいろなところにフクロウの置物が。。。?

フクロウは色んな言葉に置き換えられます。
少し紹介しますね。

〇福籠(フクロウ)・・・・福が籠(こ)もる。
〇不苦労(フクロウ)・・・・苦労知らず。
〇福老(フクロウ)・・・・老いて福来たる。
〇福来朗(フクロウ)・・・・朗らかに福を呼ぶ。

フクロウは知恵のシンボルとも言いますから、身近に置いておくのはいいことのようです。





今回紹介した画像が本校のどこにあるのか是非7月26日(日)・8月23日(日)のオープンキャンパスで探して

みてください。  



        

ある日の学生たち



 本校看護学科は「人間性豊かな人格の形成と、看護師となるために必要な知識及び技術を専門的に教育し、

社会に貢献できる有能な人材を育成することを目的とする。」を教育目的に、日々教育が行われています。

学生たちは、3年の年月をかけて看護師になるための知識・技術・態度を身につけていきます。

決して平坦な道ではありませんが、同じ目標を持つ仲間ととも一歩一歩を踏みしめて前進しています。


それでは「ある日の学生たち」の様子を見てみましょう。。。

IMG_1287

1年生40名です。
朝のホームルームの様子

4月に入学した40名は、まだ緊張感を持ちながらも
授業や演習を通し、看護師になるものとしての自覚が、
少しずつ育ってきています。







                                   

                                    
IMG_1289

2年生40名です。
「こころの健康」の授業の様子

この授業の科目目標は「人間の各発達段階における健康な働きを知るために理論や方法を理解する」です。

人を対象とする看護の仕事は、相手のこころを知ることが、大切なのです。










IMG_12943年生39名です。
今、領域別実習まっただ中

3年生は看護師として羽ばたくための大事な時期です。
老年、成人、小児、母性、精神、在宅、統合の科目を
学んでいきます。

笑顔で隣の新武雄病院へ実習に行く様子です。 が。。。患者様に、より良い看護を提供するための学習は、並々ならぬ努力の積み重ねが必要なのです。    
がんばれ3年生!






 今日は、1年生、2年生、3年生の、ある1日を通して、「看護師への道」の、ほんの一コマを見て頂きました。

学生の夢の実現のために教員が全力で応援していきます。

是非7月26(日)・8月23(日)のオープンキャンパスで先輩や教員からの話を、直接聞いてみてください。 お待ちしています。








 
記事検索
プロフィール

kyokyokyo7

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ