2016年10月

佐賀商業の高校生が来校されました

佐賀商業の元気な高校生5名は、朝礼で自己紹介を行いました
その後、太田学校長より、学校の概要、本校の特徴についての説明を聴き、看護学科と理学療法学科の学科の説明を受けました
IMG_0836
















学校と新武雄病院の見学を行った後2階の実習室で「赤ちゃん抱っこ」を体験しています


2階の実習室では、聴診器の取り扱い方や実際の呼吸音を聴くことのできる教材「ラング君」の呼吸音を聞いたり、心電図モニターの使い方などをとても興味深く聴いてくれました
IMG_0809

















IMG_0816
















IMG_0819
















高校生は、「赤ちゃんが本物のようでとてもびっくりした。」「とてもかわいい」や
心電図モニターを見て「ワー、すごい。」、「とても勉強になりました。来年のオープンキャンパスには、また来たいです。」など感想を述べていました
佐賀商業の皆様、いつでもお待ちしています

看護技術演習 吸引

10月24日(月)に看護学科の1年生は、吸引の演習を行いました
吸引は、自身で咳が出来ない場合に、専用のカテーテルを用いて分泌物を除去する技術です
吸引の技術を練習する際は、人体の構造に近いモデル人形を使用して練習を行っています
IMG_0797
















痰に似ている液体を実際に吸引する練習も行いました
IMG_0800
















吸引する時間は、10秒以内とされています
ストップウォッチで計測しながら、吸引を行っています
IMG_0802
















病院のベッドの近くには、吸引器を接続する専用のアウトレット(接続する部分)があります
アウトレットの構造をした機器に、吸引器を接続する練習も行いました
IMG_0804
















1年生は、10月21日(金)に戴帽式を終え、真新しいナースキャップを身に着けこれまで以上に、意欲を持って取り組んでいます
来月上旬の基礎看護学実習に向けて始業前や放課後にも技術練習を行い頑張っています

本校では、人体構造に近いモデル人形や医療機器を幅広く備え、様々な看護技術を学ぶ環境を整えています
学校説明会では、医療機器の展示を行っていますので、ぜひ本校へ起こし下さい

平成28年度 第6回戴帽式

平成28年10月21日(金)に、第6回戴帽式がありました
看護師のキャップは、専門職としての愛と尊厳の象徴と言われています
看護学校入学後、一定期間の基礎を履修し、看護の道へ進む決意を新たにする立志式として位置づけています
IMG_0625















IMG_0624




























IMG_0611


















                         誓いの言葉です

私たち6回生41名は、一人ひとりの心に寄り添い、患者様の思いを尊重し、信頼される看護師を目指します。

生命に携わる者としての責任と自覚を持ち、看護を探求していきます。

人々の喜び、悲しみ、苦しみを感じ、受け止められる豊かな人間性を養っていきます。

同じ夢を目指す仲間と友に、支えてくださる方々への感謝の気持ちを忘れず、誠実で謙虚な姿勢を持ち続け、知識・技術の向上に努めていくことを誓います。

IMG_0648


6回生の代表挨拶では、御列席頂いた来賓の皆様、保護者の皆様に対して、感謝の意を表しました
誓いの言葉は、目指す看護師像であり、41名で協力して目標に向かって進んでいきたいと謝辞を述べました
IMG_0620
















看護学科2年生の代表は、「キャップの責任の重さを感じ、誓いの言葉を胸に刻み目標に向かって進んでくださいと。」祝辞を述べました
太田学校長は、「玉磨かざれば器成らず」という言葉を贈られました
将来あるべき姿に向けてどれだけ学ぶかが大切であるという意味です
6回生は、来賓の皆様、太田学校長、在校生の御祝いの言葉を頂き、看護師になる決意を新たにしていました
IMG_0649
















花束贈呈では、41本の赤とピンクの薔薇が贈られました
戴帽式終了後に、保護者の皆様に戴帽式を迎えることの喜びとこれまで支えて頂いたことに感謝の意を表しました
IMG_0662















IMG_0664
















当日は、出席頂いた保護者の皆様に、血圧測定と手浴を行いました
初めて保護者の皆様に技術を提供するため、緊張の中にも、戴帽式を迎えられた喜びを分かち合う時間になりました
IMG_0668















IMG_0685
















血圧測定を行った後に、保護者にメッセージカードを渡す場面です
いつも感謝をしていても、感謝の言葉を伝えることはなかなかできないものです
その想いがカードに込められていました
IMG_0691
















太田学校長に手浴を行っている場面です
戴帽生は、「温かい眼差しで、いつも見守って頂いている先生に感謝の気持ちを込めて行いました。」と述べていました
IMG_0672















IMG_0680
















当日は、看護学科の2年生は受付係や会場係を行いました
IMG_0622















IMG_0647















IMG_0716
















IMG_0714















IMG_0718
















IMG_0660















IMG_0655















IMG_0654
















6回生41名は、この日を迎えた喜びの中と、支えて頂いている全ての方々に感謝し戴帽式を終えました
来月の上旬には、基礎看護学実習に臨みます
誓いの言葉を胸に刻み、これから一人ひとりが目標達成に向かって歩んでいきます
目標達成に向かって頑張っていきましょう

先輩から後輩へ

平成28年10月21日(金)に戴帽式を迎える6回生に対し、看護学科2年生・3年生より御祝いのセレモニーがありました
戴帽式の前日には、看護学科の2年生よりコサージュとメッセージカードが贈呈されました
IMG_0593















IMG_0597
















メッセージカードには、可愛らしい絵と御祝いの言葉が書かれていました
IMG_0601
















戴帽式当日には、看護学科3年生より御祝いの言葉とお菓子が贈られました
IMG_0633















IMG_0635















IMG_0637
















1年生の代表は、「先輩方を見習い、今後も頑張っていきます。」と述べていました
IMG_0640















IMG_0644
















看護学科2年生・3年生は、自分達が歩んできた道を振り返り、「どんな時も決して一人ではないので、皆で力を合わせて頑張ってください。困った時はいつでも相談して下さい。」と激励の言葉を掛けていました
大きく成長した2年生・3年生の姿が頼もしく、一人ひとりが輝いていました
看護学科の学生皆で力を合わせ、伝統を築いていくこと誓いました

看護技術演習

4月に入学した1年生は、7ヶ月間にたくさんの看護技術を学習
しました

10月21日(金)には戴帽式を迎え、来月には基礎看護学実習が
予定されており、今までより活気に満ち溢れた学校生活を送っ
ています

看護技術の演習の様子です
腹部(お腹)の音を聴く技術の練習を行っています

本校では、身体を観察する技術を学ぶ際に、人体に近い構造
のモデル人形を用いて学習をしています
IMG_0451
















IMG_0454
















学生が患者役になり、実際のお腹の音を聴いています
IMG_0457
















罨法(あんぽう)の演習の様子です
罨法とは、身体を温めたり冷やす技術です
氷枕(ひょうちん)や氷嚢(ひょうのう)は熱や痛みがある時に使います
氷や水の量を考えながら作っています
IMG_0553
















IMG_0559

















氷枕(ひょうちん)を作っている様子です
IMG_0555

















患者役の学生は、「氷や水の量が違うと、頭がゴツゴツして痛か
ったり、水が多いと頭が安定しないことが分かりました。患者様
の頭に当てることを考えて作ることが大切だと分かりました。」と述
べていました

IMG_0563
















本校では、技術演習の際にモデル人形だけでなく、実際に患者
役を体験することで学びを深めることができます

学校説明会では、様々な医療機器の展示していますので
ぜひお越しください

記事検索
プロフィール

kyokyokyo7

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ