2017年12月15日

カンボジア研修旅行

                    ―カンボジア研修旅行ー

12月11日(月)から15日(金)にかけて、看護学科2年生41名がカンボジア研修旅行に行きました
研修旅行の目的は、カンボジア・アンコール小児病院の訪問や、アンコールワット等の世界遺産の見学、その他異文化について学び感性を磨くと共に社会性・協調性を養うことです
DSCF7047
ハノイ空港に到着しました
DSCF7070
カンボジアは、ベトナムとタイに隣接しており、首都はプノンペンです
12月の気候は、乾季であり過ごしやすい季節ですが、昼間は気温が30度前後まで上がりました


研修旅行2日目には、シェムリアップ市にあるアンコール小児病院を訪問しました
1999年に設立され、開院後延べ100万人以上の患者様を治療されてきました
実際に訪問したら、遠くから患者様が訪れていることを知りました
DSCF7087
タ・プロム観光の様子です
DSCF7099DSCF7109

DSCF7128

研修旅行では、買い物や現地の食事をいただく楽しみもあります

DSCF7138


5日間の研修旅行では、他にも様々な場所を訪れ、カンボジアの歴史をはじめ、医療についても学ぶことができました

帰着式の様子です
代表の学生が、5日間の学びの報告を行いました
IMG_0436
IMG_0438

本校では、2年次にカンボジア研修旅行を実施し、海外の医療現場を見学し、医療・看護の知見を深めるとともに異文化に触れ、日本の良さを再認識する貴重な体験ができます


kyokyokyo7 at 09:28 |  
記事検索