March 26, 2008

三回忌

91874858.jpgお墓参りレポです




去る2月の某日。
ジャンゴの命日を悼み菩提寺に参拝してまいりました。
2年目なので三回忌になるのですね。
まだ浅い春を思わせる日で、のどかな空気にかすかに花の香りが
漂っておりました。

お寺に着くと、他にも参拝の方々がいらっしゃり、静かに愛する
家族との想い出に浸っておられました。
その中に混ざって我が家もジャンジャンの可愛らしさをしみじみ
思い出させていただきました。

この画像、うちに来たばかりのヒューゴと少しずつ仲よくなって
きた頃の2匹です。
こうして比べると同じブルー系のカラーでも色味が異なるのが
よくわかります。
成長したら飼い主としてどんなにか愉しく従兄弟どうしを見つめ
ることができたでしょう…………

ジャンゴ兄ちゃんに甘えてよりそっていたヒューたん、それに7月
になれば3歳を迎えるドミンゴを、ジャンジャンは虹の向こうの猫
の国から優しく見守っていてくれると信じています。
うぅ……考えるといつもながら涙がとまらなくなってしまうので、
追記はこの辺にしておきます。
在りし日の、そして今も私たちの心に生き続けるジャンゴを強く
感じられた三回忌の一日でありました。


kyomacaroni at 19:58│Comments(2)TrackBack(0) Django | Brothers

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by じゃんどみ実家のばば   March 31, 2008 00:50
懐かしくも、辛くもなるお写真
1年1年があっとう間に過ぎていくような感じです。
ジャンゴ兄ちゃんの分までドミくん、ヒューゴくんには元気でいてもらいたい!
と願うばかりです。
2. Posted by 響   March 31, 2008 14:42
ばばさま、ありがとうございます。
何度みても美少年でしたジャンジャン……
将来はどんなハンサム猫になったかと思うと悔やまれて
なりません……この想いは一生変わらないことでしょうね。

けれど最近どことなくドミさんのほうがファンファン父さん
に似てきた感じするんですよ(*^。^*)
面差しはやはり共通するものがありますね。
ドミさん、コートは相変わらず中毛なままですけれど(笑
もともとソマリくらいの毛の長さが好きだった私として
は飼いやすくて良い感じだったりします
もっと年とってきたらさらに長くなるかも、ですが。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: