いいんだもん!

私の口ぐせ..いいんだもん!食べ過ぎてもいいんだもん!飲んじゃってもいいんだもん!小さい事は気にしないんだもん!...浪人生の娘と中学二年生の息子の母デス。ときどきバスに乗っておしゃべりする仕事にでかけてマス。が、基本的にぐ~たら主婦デス。お恥ずかしい...。

秋の道南巡り〜ばいばい江差線Part2〜



前回のブログ更新から何日経ってしまったのかしら…。

お仕事も冬シーズン。
スキー修学旅行の高校生をルスツにニセコ、トマムへとお送りする毎日を送っております。


あかんがな、江差線の続き進めなくちゃ。


ではいきまっせ。


三つ目、吉堀駅。
画像1

(駅舎に使われているのは古い車掌車)

草ぼーぼーの彼方にありました。

周り見渡しても人気無しです…。

次行こっか。

お次の駅までは稲穂峠を超えて行きます。
北海道における「稲穂」の名前はアイヌ語のイナウ(木幣)から。
ここの峠も険しい道のりでアイヌの人々は木幣を神に捧げて通行を祈ったのでしょう。
そして、その険しい峠をお客様の安全を乗せて繋いでいた江差線。



画像1

途中、縁起のいい名前の橋が!
な、なにかお願いしなくちゃ。

お願いする暇なく通過…泣。


そんなこんなで急な峠を超えて、


四つ目の神明駅。
画像1

駅の佇まいがなんとも言えず味わい深いです。
画像1

周りものんびりした感じ。
画像1

思わぬタイミングの良さで汽車が到着しました。
キハ40型…なんですかね?
(全然わからない。笑。)

神明駅を後にして向かったのは

駅じゃなく温泉〜。
画像1

画像1


湯ノ岱温泉で、もちろん入浴タイム。
画像1


毎度おなじみ、

画像いる?

え?なんで?


あぁ、はいはい、入浴終了〜!



温泉の広間にさよなら江差線の展示物。


上ノ国町で行われているエゾ地の火祭りの時に走った臨時列車のヘッドマークがずらり。
画像1

あら、大物がたくさんだわ。


鉄道マニアで賑わう湯ノ岱温泉を後にして更に続く〜。

秋の道南巡り〜ばいばい江差線〜


さて、ダブルベッドでどんな夜だったかは秘密にしておいて。
(秘密もなにも花子は壁際の隅っこでまるでサナギのように身動きせず熟睡してたんだけど…笑)


二日目の朝。
この日のメインターゲットは2014年5月に廃線予定の江差線。
見所をしっかりチェックしてスケジュールばっちり立てていた花子。
更に話は盛り上がり、どーせならもうお別れとなってしまう10の駅を巡っちゃおうよ!ということになりました。


こりゃ、満タンにしとかなくちゃ!と朝一で給油できるスタンドを探し、ネットにAM7:00オープンのGSを見つけたのでピッタリ7:00に到着すると、


ロープかかっとるがな。泣。

あっ、従業員の方、見っけ!
あ、あの…ネットで7:00オープンって…。

あぁ、ネットにはそう出てるけど、いつも7:15くらいに開くの。って。


(´-ω-`)う~。



でもエンジンオイルのチェックも忙しい開店前(笑)なのに笑顔で引き受けてくれたし…。

まあ、良しっ!まずは木古内に向かって出発〜!


途中、
画像1

画像1

咸臨丸が沖合で沈んでしまったというサラキ 岬をかわし、


画像1

画像1

木古内の坊に挨拶を済ませて、


ここから江差まで駅めぐりスタート!

一つ目木古内駅。
画像1

新幹線の駅ができるここの駅は準備でかなり忙しそう。
画像1

開通した後では見ることの出来ない貴重な風景を目に焼き付けます。


二つ目、渡島鶴岡駅。
画像1


小ちゃい…。
ここで花子が、「ト、トイレ無いの?」

( ̄□ ̄*)見渡しても全然無さそうなんだけど。


画像1

花子、トイレを探してウロウロしていてこれ見つける。
この碑、後で調べたら新幹線の工事のため木古内中央公民館近くにあったものがゆかりの鶴岡地区に移されたとか。

ここに入植したことが縁で平成元年に山形県鶴岡市と木古内町は姉妹都市の盟約を結んでいます。
で、この渡島鶴岡駅のすぐそばにある禅燈寺。
山形県鶴岡市の善寳寺の末寺なんだそうな。
ありゃ、善寳寺ってあの人面魚のいる貝喰の池のお寺じゃん!とか思い出しながら、境内へ。

ここは知る人ぞ知る江差線見どころポイントのひとつでお寺の門と本堂の間を列車が通り抜けていきます。

実はその時間に合わせて函館を出発して来た私達。
花子もトイレに行きたいのを我慢して待ちます。


…が、汽車ぜんぜん来る気配無し。
定刻9:16をかなり過ぎてます。


こりゃ花子マズイと木古内駅に電話をしてみるとなんと20分以上遅れてるって。

だ、大丈夫なんだろうか…


ウロウロする花子を見つめていると遠くから汽笛が…。
もう、なんだかあれもこれも良かったわ。


こんな状態で写した動画です。







 


その後無事に花子はトイレを済ませお次、三つ目の吉堀駅へ。


江差線巡りの旅つづく。

秋の道南巡り〜初日の夜♡〜



楽しかった定期観光バスでの旅を終えてホテルへ。


花子が、「重大発表がありま〜す!」

な、なんだ?どした?


「今日、私たちダブルのベッドで一緒に寝ま〜す!」


へ?………!!
笑すぎて涙でた!!



だって、連休だったし。
思いつきの函館旅だし。
締めるとこは締めなくちゃね♪
花子、おちゃめな笑顔でにっこり。




早速娘Mioにメールです。
「今夜、花子と一つのベッドに…♡」





チェックイン後、二人仲良くダブルのベッドでお休みする前にホテルのそばの居酒屋さんへ腹ごしらえに出かけました。

かなりの人気店らしくめちゃめちゃ混んでます。


あっ、やったぁ〜カウンター席二つ空いてる〜。

すかさず着席っ!



その後、玄関の扉が開いては諦めて閉まる音が何度も。





とりあえず、お刺身食べよっか。



お店の方が私たちを見て二人前でいんじゃないの〜?と。
画像1

二人前がこれかいっ!
なんだい、このボリュームは!
(なんで怒ってるんだ?笑)
カウンターからはみ出しそうなくらい大きなお皿。

画像1

鮭のはらすもでかいっ!

画像1

イカ焼きも美味いっ!

画像1

他のお客様が頼んだイカ刺し透き通りすぎっ!

画像1

そして大好きなナス焼っ!





幸せ〜




花子がものすごくお湯の分量の多いお湯割り(それもうアルコール成分無いと思われる。)を舐めながら、







「ねぇ、ビール何杯でも飲めちゃうんでしょ?
いいなぁいいなぁ〜羨ましいなぁ」





( ̄□ ̄*)……



羨ましがられても…



なんだかもう…



とりあえず褒めてもらえるとこがあって良かったわ。




ホテルに帰ってから追加で缶ビール。






期待に応えるのって大変だわ〜



livedoor プロフィール
最新コメント
blogram投票ボタン