ミューズな時間

素敵な音楽をみんなで楽しみたい!音楽鑑賞団体の京都ミューズ事務局の「museな時間」をお届けします♪

近畿も梅雨入りしましたね。
とはいえ、晴天の日が続く涼しく爽やかな京都です。

京都ミューズは、クラシック音楽会と落語会を催してますが、
なぜこの組み合わせ?という疑問の声に、
「西洋のクラシックと、じゃぱにーずくらしっくの組み合わせやん!」ですと。
なるほど・・・。

さて、この日曜日は“じゃぱにーずくらしっく”「第13回桂雀三郎独演会」。
今回の演目をちょっと紹介いたしましょう。

まずは「腕喰い(かいなくい)」。
蒸し暑いこの季節にぴったりの怪談モノです。
おどろおどろしい内容ではありますが、
おっとりした主人公のサゲの一言でなんだかほっとする噺です。

「胴乱の幸助」。
仕事一筋で生きてきた娯楽知らずの主人公。
生一本な性格が、からかいの的になるも憎めない。
よく演じられる噺ですが、雀三郎師匠の幸助はんは、どんな幸助はんかな~。

最後に「わいの悲劇(小佐田定雄:作)」。
“今回、これやってくれはんの?わ、うれし。”という声がひじょーに多かったネタ。
私も初めて聞くんですが、ひじょーに楽しみです。
あらすじ、見ました。これでおもしろなかったら、おかしいわ、という内容です。
聞く方は、腹かかえて笑うだけですが、演じる方はかなりのテクニックと体力(?)がいるんやろな、
と思われます。
師匠!期待しております!

 
              雀三郎小




第13回 桂雀三郎独演会

日時
:2017年6月18日(日)14時開演

会場龍谷大学響都ホール(旧:アバンティホール)

料金:一般3,300円(全席指定)
*未就学児童の入場はお断りしています。

演目

煮売屋       桂  米 輝
腕喰い      桂  雀三郎
粗忽長屋      桂  雀 太
胴乱の幸助   桂  雀三郎
わいの悲劇   桂  雀三郎
(小佐田定雄:作)


チケット、わずかですがあります。
場合によっては、当日券がなくなることが予想されます。
事務局の予約受付は、16日(金)までです。
お早目のご予約をおすすめします!!

猛暑日が続く今日この頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

さて、いよいよ!明後日と迫ってきました
「成田達輝(ヴァイオリン)&萩原麻未(ピアノ)デュオリサイタル」

『ロン=ティボー国際音楽コンクール』や『エリザベート王妃国際コンクール』で2位を受賞し世界から注目を浴びた成田達輝。
『ジュネーブ国際音楽コンクール』で、8年ぶりの優勝者(しかも日本人初優勝)としてこちらも世界から注目を浴びた萩原麻未。
二つの
才能が京都コンサートホールでぶつかり合う!!・・・・ぶつかる???
いえいえ、この2人の場合は「ぶつかる」と言うよりも「融合する」

融合・・・とけあうこと。とけあって一つになること。(goo辞書より)

そうなんです。
バシバシ白熱するサウンドセッション!というよりは、溶け合うと言うほうがしっくり来るかな?
お二人の雰囲気もしかり。

けれども、実は2人が、まだフランスで学んでいた頃、初めてデュオで演奏(練習だったそうですけど)した時に、成田さんの弦が切れて、途中で終わってしまった。という話もあるので、結構白熱するのでしょうか???

その時の曲が今回の最後を飾る『フランクのヴァイオリンとピアノの為のソナタ』です


まだ、お席を確保できますよ!
その他にも魅力的なプログラムをそろえてくれています。
当日のパンフレットはお二人の解説!
優しい口調(口調って言うのかな)で暖かくなるような解説ですよ(^^)

ぜひ「無理してでも」聴きに来ていただきたい演奏会です!成田&萩原チケット
お得なペアチケットもありますし、学生さんは当日さらに500円キャッシュバックしますので、ぜひ来てください。
音楽を勉強している方にぜひ聴きに来ていただきたいです。

6月3日(土)14時開演(13時30分開場)
京都コンサートホール 小ホール
料金 4,000円 ペアチケット 7,000円
※当日学生証の呈示で500円キャッシュバック(社会人学生は不可)

プログラムはこちらから
お二人のインタビューもありますよ!→こちら

風が気持ちいい季節ですね。

冬は極寒、夏は酷暑の事務局内も、今の時期だけはエアコン無しで快適にすごせます。
ベストシーズン到来!でもほんの短い間ですけどね・・・。

大型連休が終わった15日、京都三大祭のひとつ、葵祭がとりおこなわれました。
平安時代の王朝絵巻を再現したような行列が、新緑の中を行く様は、
ほんとに優雅で、心が洗われるようです。

5月っていいですよね。
もう6月ですけどね。

6月もいいですよ。蛍がそろそろ飛ぶし、ビアガーデンもそろそろ始まるし、床はもう始まってるし、
「成田達輝 萩原麻未 デュオリサイタル」があるし。

そうです。
「成田達輝(ヴァイオリン)&萩原麻実(ピアノ)デュオリサイタル」

ですよ!

%e8%90%a9%e5%8e%9f%e9%a1%94%ef%bd%95%ef%bd%90%ef%bc%88c%ef%bc%89akira-muto1%e6%88%90%e7%94%b0%e9%a1%94%ef%bd%95%ef%bd%90chiroki-sugiura


  • 日時:2017年6月3日(土) 14:00(13:30開場)
  • 会場京都コンサートホール 小ホール (地下鉄北山駅下車、1番・3番出口南へ徒歩約3分)
  • 料金:一般:4,000円 ペア7,000円(全席指定)
    *未就学児童の入場はお断りしています。
    *当日学生証の呈示で500円キャッシュバック致します。(社会人学生不可)

  

   プログラム
   バッハ=グノー アヴェ・マリア(ピアノ・ソロ)
   ストラヴィンスキー デュオ・コンチェルタンテ
   ラヴェル ヴァイオリン・ソナタ第2番
   イザイ 無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第3番(ヴァイオリン・ソロ)
   フランク ヴァイオリン・ソナタ
    ※都合により曲目が変更となる場合があります



個人的には、今年のミューズのラインナップの中で特に楽しみな演奏会です。


今回、京都では初のデュオとなりますが、ふたりの出会いは2011年。

それから、何度も共演を重ねて、その度に響きが深まっているのではないか、

そんな期待で、ワクワクしています。


この演奏会に向けて、成田さん、萩原さんにインタビューをしました。

京都ミューズHPのインタビュールームにアップしています。

こちら→インタビュールーム

ぜひご覧下さい。


*普段はふたりとも、おっとりした方のようですが、演奏になると・・・、そのギャップも密かに楽しみなのです♪


↑このページのトップヘ