2017年04月06日

かっぱのこいのぼり3

作:内田麟太郎
絵:山本崇

長さ:約4分

【あらすじ】
川の中にある
カッパまちのお話。

子どもの日の前日、
カッパたちはみんなウキウキ。

温泉で綺麗に体を洗って、
カワウソやナマズたちと
前夜祭に出かけます。

前夜祭では金魚や、
カニの踊りるのを見物。

そして子どもたちが
ぐっすり眠った翌日は見事な五月晴れ。

みんなでまちの広場で寝転んで
水面を見上げて、こいのぼりを

カッパたちが拍手喝さいするほど
みごとなこいのぼりたちが
飾られていたのでした。

【感想】
かっぱたちはこんな風にして
楽しんでいたんですね。

かっぱは水中にいるから、
川に架けられたこいのぼりを
カッパたちがこんな風に
見ていたなんて、面白い!

「ここはいよのくに 
 まつやま かっぱまち」と
はじまりは???でした。

よくよく読み返してみると
「伊予国」だったんですね。
現在の愛媛県松山市にはカッパの
伝説があるそうです。

川にこいのぼりをあげる
風習があり、お話の元に
なっているんですね。

こどもの日についても
最後で簡単に触れているので、
子どもにもわかりやすいです。


クライマックスの
色とりどりのこいのぼりも、
とても美しいのもみどころです!

こどもの日やこいのぼりについて
詳しく知るには
物足りないと思いますが
幅広い年齢で見るには楽しめるお話です。




【みんなの感想】


応援ありがとうございます
↓↓

絵本 ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ


【関連記事】
○こいのぼりの絵本
○山本孝の絵本
○内田麟太郎の絵本
○カッパの絵本


【関連作品】 

 
こいのぼりぐんぐんこどもの日!
ますだ ゆうこ
文溪堂
2016-04-08




 



kyontaehon at 19:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)4才~ | 

2017年03月16日

まっ、いっか!4

作:サトシン
絵:ドーリー
えほんの社
2015.5.17

長さ:約7分


【あらすじ】
朝寝坊をしてしまった
サラリーマンのテキトーさん。

起きたらもう、
会社に遅刻してしまう時間でした。

でもテキトーさんは「ま、いっか!」と
どうせ遅刻するなら、
ゆっくり朝食をとります。
それどころか飼い犬にも餌をやり、
さらには寄り道をしながらバス停に。

バスに乗ったら新聞を
読んでいて乗り過ごすし、
バスにカバンを忘れたのに
「ま、いっか!」

そのまま海まで行ってしまうし、
スーツのまま海にもはいっちゃう。

どんなことも「ま、いっか!」と
思いつくまま行動するテキトーさん。

さすがに会社の社長は怒っているんじゃ・・・


【感想】
タイトルで
なんでも「ま、いっか!」
って言っちゃう内容だと
予想はついていました。

でも主人公のテキトーさんは
予想の遥か斜め上をいく
「ま、いっか!」の連続!!!!

えーーーそれはないやろー!
えーーー!全然よくないよくない!
これは絶対クビだよ!

と思いながらも笑っちゃいました。

子どもたちからも
「いや、あかんやろ!」と
ツッコミの嵐。

絵本だとわかっていても
真面目な方はちょっとイラッと
しちゃうかもしれませんね。
実際だと絶対、腹が立つと思います。

でも表情豊かな
テキトーさんに愛着がわく。

なぜならテキトーさんは
世の中のキチントさんよりも
遥かに人生を楽しんでいる!!

ちょっとテキトーさんに
憧れる自分がいたんですね。

そして何度も読んでいると、
実はテキトーさんは
案外真面目なことにも
気が付きました。

目覚ましを掛けて寝ているし、
朝食にホットケーキを焼いて、
犬の世話もして
新聞も読んでいるし、
働いている。

サボローさんではないのです。
あくまでテキトーさんなのです。

こんな感じで本当に働けるのか!
きっとテキトーさんが
遅刻するのは今回が
初めてじゃないはず。
他にもとんでもない
「まっ、いっか!」があったはず!
と思ったら、
クビにならず勤められる
秘密は会社にありました♪

「ま、いっか!」と
自分を許せるテキトーさんは、
他者を許すことができる優しい人。
人生を楽しめる人。

シリーズ化してほしい!

ま、いっか!
サトシン
えほんの杜
2015-05-15

楽天ブックス↓
ま、いっか! [ サトシン ]

【みんなの感想】

応援ありがとうございます
↓↓

絵本 ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ


【関連記事】
○サトシンの絵本
○ドーリーの絵本
○笑える絵本

【関連作品】


 
うんこ!
サトシン
文溪堂
2009-12








kyontaehon at 20:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)5才~ | 

2017年02月28日

ぶーちゃんとおにいちゃん5

作:島田ゆか
白泉社 2004.11.10 

長さ:約3分半

【あらすじ】
子犬のぶーちゃんは
お兄ちゃんが大好き!
お兄ちゃんが
やることは何でも真似するし、
なんでも一緒にしたがります。

お兄ちゃんは
一人で遊びたいのだけれど、
ぶーちゃんはどこでも
ついてきちゃう。

でもお兄ちゃんが大事にしている
おもちゃは貸してくれません。

あんまりしつこく
ぶーちゃんがお願いするもんだから、
おにいちゃんは呆れて
外へ行ってしまいます。

庭でサッカーを始めたお兄ちゃん。

一人でのびのび・・・
思いっきり遊びすぎて、
お母さんの大切な鉢植えを
割ってしまいます。

それを見ていたぶーちゃん。

慌てたお兄ちゃんはぶーちゃん
といつもよりいっぱい遊んでくれ、
今まで貸してくれなかった
おもちゃも貸してくれます。

お母さんに鉢植えのことを
話す暇もないくらいに!

【感想】
絶妙なバランスの
微笑ましい兄弟。

ぶーちゃんはすごく可愛いんだけど、
ちょっと疎ましく思っちゃう
お兄ちゃんの気持ちもわかります。

でも秘密をバラされないように、
急に優しくなるお兄ちゃんも
子どもらしくておもしろい。

そんなことはあまり気にせず、
たくさん遊んでくれたり、
おもちゃを貸してくれて
ただただ嬉しいぶーちゃん。

二人のやり取りがなんだかおかしいやら、
ほほえましいやら。

二人兄弟って
こんな感じなんでしょう。

島田さんの作品は
家の中の家具やおもちゃが
いちいち可愛い!!

ケロちゃんのダンベルには
笑ってしまいました。

島田さんの他の作品のキャラクターも
あちこちに登場するので、
ファンにとっては嬉しいです!

子どもたちも
「ケロちゃんだーーーーー!!」
とテンションが上がっていました。

何回読み返しても
新しい発見があり、楽しめますよ♪

たまらなく、愛しい作品です

2016年
MOEの絵本屋さん大賞の
シンボルキャラクターにも
なっています。
楽天ブックス↓
ぶーちゃんとおにいちゃん [ 島田ゆか ]

【みんなの感想】

応援ありがとうございます
↓↓

絵本 ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ


【関連記事】
○島田ゆかの絵本
○犬の絵本
○兄弟の絵本

【関連作品】 
 
kyontaehon at 19:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)3才~ | 

2017年02月22日

ねこのセーター4

おいかわ けんじ
たけうち まゆこ 
学研出版 2006.12.5
文溪堂 (2016.3.24 復刊)

長さ:約4分

さむがりでなまけもので
ボロボロのセーターを着ている
どうしようもないねこ。
でもなぜだかハマっちゃう。


【あらすじ】
極太の困りまゆ毛のねこは
寒がりでなまけもの。

ねこの着ているセーターには
ボロボロで大きな穴が
2つも空いています。

そんなねこの仕事は
どんぐりたちに帽子を
かぶせること。

でもなまけもののねこは
すぐに飽きてしまいます。

さらにねこは大変なせっかち。
歩きながらご飯を食べたり、
しっぽで牛乳を飲んだり。

そんなねこにどんぐりたちは

「ねこのセーター 
 あながあいているね」

と、からかって歌います。

ねこは恥ずかしくて泣いて
セーターを脱いでふて寝。

でもやっぱり次の日も
そのセーターを着る
ねこなのです。

【感想】
たまらなく可愛い
極太の困り眉のねこ。

超絶ゆる〜〜〜い空気が
ツボでした!

好きなもの着て、
好きなものを食べて、
仕事もすこしして。

このねこを見ていると、
なんだかほっとします。

というかなんだかちょっと
羨ましい。

「きっちりしないと」
「ちゃんとしないと」
「しっかりしないと」
「頑張らないと」

って結構疲れますよね。

だらしがない自分や、
だらしがない他人を
許せないと相手も自分も
窮屈でしんどい。

誰でもなまけ心や、
だらしがない部分って
ありますよね。

あって当たり前。
だらしなくても
なまけても
ないちゃってもOK。

好きなものを着て、
好きなものを食べて。

と思うと、
肩の力がぬけて、
なんだか優しくなれそう。

ねこはどんぐりに
帽子をかぶせるときに
ちゃんと、声をかけて
あげているのです。

1つぶ1つぶに声をかけてあげられる
心の余裕があるのでしょうね。

まぁ、3粒めくらいで、
サボっちゃうんですど(笑)

読み聞かせでは、
最初は「このねこだめだねー」と
笑ってた子どもたち。
どんぐりに帽子を
かぶせるシーンでも大笑い。

でもラストの、
「ねこは さむがりで なまけもので 
 せっかちで おぎょうぎがわるく——」
のところは、
読んでいると、
「先生、ちょっと言い過ぎだよ!」
とちょっと、
可哀想になったようです(笑)

子どもたちもまんまと、
だらしがないけど、
なんだか憎めないねこに
ハマってました!

作者のお2人はご夫婦で、
現在は「100%ORANGE」として
活動されています。

ねこのセーター
及川 賢治
文溪堂
2016-03-24


楽天ブックス↓
ねこのセーター [ 及川賢治 ]

【みんなの感想】



応援ありがとうございます
↓↓

絵本 ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ


【関連記事】
○100%ORANGEの絵本
○ねこの絵本
○ゆる〜い絵本
【関連作品】 

 
パンの ミミたろう
及川 賢治
学研プラス
2014-09-09

 
 
kyontaehon at 20:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0) | 4才~

2017年02月17日

どろぼうがっこう5

かこさとし
偕成社 1973/3 
 
長さ:約7:30 

【あらすじ】
”おいこのもり”の”へんなみみずく”
から聞いたお話。

山のはずれにある
どろぼうがっこう。

生徒はいかにも
悪そうなおじさんたち。

校長先生は歌舞伎役者のような
”くまさかとらえもんせんせい”

早く一番悪い泥棒になれるように、
生徒たちを指導します。

早速生徒たちに出た宿題は、
「何かを盗んでくること」

かわいい生徒たちが盗んできたのは、
自分の家の皮靴や、学校の黒板など、
どれも宿題の意図とははど遠いものばかり。

まぬけな生徒たちに先生はカンカンです。

次の日は遠足。
夜の10時に集合です。

遠足の行き先は”かねもちむら”

”ぬきあし さしあし しのびあし”
で忍び込みんだ先は
億万長者の住む大きなお屋敷。

だと思っていたら・・・・


【感想】
ロングセラーの
有名な作品ですが、
初めて読みました。
これは面白い!!

歌舞伎役者のような先生に、
いかにもわるそうな、昭和テイストの
おじさん生徒にやられましたね。

何度見ても、絶妙に面白い顔。
(失礼!)

そんないかにも悪そうなおじさんたちを
「かわいいせいと」と呼ぶギャップ。

ナンセンスが秀逸です。

先生はこんな目立つド派手な着物で
どろぼうをやってるのか!!
と思いましたが、
遠足の時には、ちゃんと
軽装になっていましたね。

生徒たちのおまぬけっぷりと
最後は「チャンチャン」と
言いたくなるような見事なオチに爆笑。
まるで落語かコントのよう。

一番大きなお屋敷には
英字新聞がコラージュされていて、
すごくおしゃれな建物に見えます。
「大きなお屋敷=洋風の建物」
というイメージでしょうか。

周りの絵からは浮いていて、
この「いかにも」という感じが、
オチへのフリとなっていて
何度見返しても面白いです。

世代を超えて愛されている
理由がわかりました。



楽天ブックス↓
どろぼうがっこう[ 加古里子 ]

【みんなの感想】



応援ありがとうございます
↓↓

絵本 ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ


【関連記事】
○かこさとしの絵本
○どろぼうの絵本
○かこさとしおはなしのほん

【関連作品】 





この作品の
制作秘話はこちらから

続きを読む

kyontaehon at 20:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)4才~ | 
記事検索
ランキング参加中!
励みになります!
応援よろしくお願いします!
ブログ王ランキングに参加中!
アクセスカウンター

きょんたにメール