作:いとうひろし

長さ4:00


【あらすじ】
ルラルさんは、メガネでオーバーオール、
ちょっぴり髪の毛すくなめのおじさん。

ルラルさんは大工ではありませんが、
大工道具を持っていて、
ドアの修理やテーブルを作ったりするのも
なかなかの腕前。

ある日、雨漏りの修理をしようと
はしごで屋根に登ったルラルさん。

テキパキと修理して、
屋根から降りようとした時、
はしごが倒れてしまいました。

屋根からおりられなく なったルラルさんは
庭のみんなに声をかけ、
はしごをかけ直して欲しいと 頼みました。

しかし、庭に集まった動物たちははしごを見て、
「きしゃみたい」と
電車ごっこを始めてしまったのです。
さらには動物たちは庭を一周し、
そのまま林の方へ遊びに行ってしまいます。

屋根に取り残されてしまったルラルさん。
これからパンを焼いたり
お風呂を掃除したり
するつもりだったのに・・・・

でもルラルさんは何だか楽しそう!?

【感想】
めっちゃゆる〜い。

動物たちが勝手に電車ごっこで林に
去っていく姿にルラルさんが立ち尽くす
シーンは切ないけど、おかしくて
おもわず笑ってしまいます。

ここは子どもたちにも
かなりウケそう。

ルラルさんは、
なんて穏やかなんだーーー!

私だったら、確実に
「予定があったのに!!!」
とイライラしてしまう。
「こら〜!!
 まてーーーー!!」
なんて言いながら。笑

考えてみると
人生って予想外のことばかり!
予定通り、思い通りに
いかないことだらけ。

特に子どもたちと過ごしていると、
えーーーー!と驚くような
予想外のことが多々起きて
予定が狂うこと
なんてしょっちゅう。

その度にイライラしていると、
自分にも子どもたちにも
よくないなぁと思うのですが。

ルラルさんのように
何が起きても
流れに身を任せ、
柔軟にその時々を楽しめる
余裕のある大人に
なりたいものです。

なかなか難しいんですけどね!

子どもよりも大人の心に響きそう。笑

2018年 読書感想文コンクール 
課題図書です。

親子で一緒に書いてみるのも
面白いかもですね!
【みんなの感想】


応援ありがとうございます
↓↓

絵本 ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ


【関連記事】
○ルラルさんシリーズ
○いとうひろしの絵本
○読書感想文にオススメの絵本
【関連作品】