パンパでガウチョ

移転したけど「小ネタ」は新鮮…のつもり。「パンパ」や「ガウチョ」についての情報は一切存在しません。

2005年07月

東アジア選手権 対北朝鮮戦

JFAエンブレム

さくっと負けてしまいました。

あれだけ自陣の深い位置でプレゼントパスを2本続けてだしてしまうと、そりゃ、やられますわな…。中澤も何をあんなにあわてていたんだか…。

むしろ、W杯予選でやったときよりも強くない相手ですから、舐めたから生じたミスに見えました。

1対1で負けないことを前面に押し出すと、アジア、特に韓国内では必ず日本に不利にな笛が吹かれてしまいますから、そこを慎重に行って北朝鮮にペースを握られてしまったという印象です。

ガツガツ行こうとすればいけるのだけれども、くだらないFKを相手に与えたくないという意識が働いたのでしょう。一度、ガツンと誰かがやっていてもよかったとは思いますが、それほど間違った選択ではなかったと思います。怪我もしたくないですしね…。まあ、日本がアジアで勝ちにくいというのはこう云うところがあるのだと思います。

でも、後半に点が取れなかったのは、悪いときの日本そのままです。大黒様の神通力が一時的に切れているのは、Jリーグの闘いを見ていればわかるはずなのですが…。結局、中村・中田の両大先生がいないとチャンスを演出できないのですな。

アレックスは後半には限界に見えたのですが、予想通り、村井の出番はありませんでした。

J2第23節 対山形戦

京都パープルサンガエンブレム

先にこっちから…(笑)

暑かったです。西京極。

盆地ダービーなので暑さは味方にはならず、むしろ京都の選手の方が動きが鈍かったです。聞けば、たった1週間余分にあった中断期間にフィジカルトレーニングを行っていたとのことで、それが影響しているのかなぁ…。

スターティングオーダーの唯一の変動要素である左サイドは六車でした。抜擢…といえるでしょうけど、これがやっぱり荷が重かった。

サイドとしての役割よりも中にもたれて三上が上がるスペースを作る役割だったのでしょうけど、これがほとんど機能せず…。

これでは右サイドの加藤大志がいくら頑張っても厚みある攻撃はできません。

ボランチの石田といい、六車といい、なかなか次のメンバーが出場して結果を出すということになりませんなぁ…。

もちろん、山形も3回目の対戦となれば、よく京都のことを理解していて、上がってきた斉藤が十分にマークされていました。六車がコンビネーションを作れれば、監督の狙い通りだったのでしょうけど、結局無得点試合。

次節はすぐに火曜日は鳥栖との対戦があります。リカルドがなんかおかしい中、なんだか、怪しい予感…。向こうはかさにかかって攻めてきそうです。

「特許」にまつわる言葉

下記の記事のタイトルを見て違和感を覚えました。別に今日初めてそう感じたというわけではありませんが…。

アマゾン、Webサービスに関する特許を申請 - 消費者の財布に入り込む新たな武器に(CNET Japan)

英語記事の原題は、「Amazon files for Web services patent」です。

この文脈においては、「files」は、「申請」ではなく、「出願」と訳すべきです。

「特許」も「実用新案」も「商標」も「意匠」も申請するものではなくて、「出願」するものなのです。

といって「申請」と表記したからと云って、誤解を生むとも思えませんので、多くは見過ごされているのでしょう。

あと、この記事についてのことではありませんが、関連して陥りやすい「罠」が「特許が登録された」という表現です。

商標や意匠や実用新案は確かに「登録」される(registered)ものなのですが、「特許」の場合、「特許」という単語それ自体がサ変動詞の語幹になります

つまり、「発明」に限って、それは特許される(patented)ものなのです。

いやはや、ややこしい…。

悪しき先例に倣って、この出願の公開公報などは全然読んでいないので、発明の中身についてのコメントはありません。

関連記事
アマゾン、「女の子にはピンクの包装紙」を提案するシステムで特許取得(CNET Japan)
プライバシー擁護団体、アマゾンの取得特許に難色(CNET Japan)

STYLE STORE : 今週末に買い物をすると5000円相当のポイントプレゼント

プロの道具キャンペーン

奥様…。

STYLE STOREでは、左のバナーのようなキャンペーンを開催しています。

これだけだと、なんてことはないのですが…。

8月1日(月)11:59までの期間に買い物をすると、5000円相当のポイントが当たります。

下記STYLE STOREのトップページからご確認ください。

All About STYLE STORE

29日(金)より3日間、期間中にお買い物いただいたメンバーの方から抽選で、5,000ポイントをプレゼントいたします。

ポイントは25人に1人の確率。なかなかプレゼントが当たらないと思っている方、当たる可能性はかなり高いですよ!5000ポイントは、もちろん5000円分の価値がありますので、早速、気になっていたアイテムを思い切って買えるチャンスになりますね。

menu/ サーモカップ S (2個セット)

というわけで、当たる確率も結構高いのでお得だと思います。

購入金額の下限はありませんので、安い商品を買ってみて当たりを期待するというのもアリかもしれません。

右は、注いだビールを冷たく保つ「menu/ サーモカップ S (2個セット)」。

平山、ロッテルダムへ?

W杯出たい!平山フェイエ入り決断(スポニチ)

U―20日本代表FW平山相太(20=筑波大)がオランダのフェイエノールトへ電撃入団。29日にオランダへ出発し、数日間ほど練習参加して問題がなければ、正式にプロ契約を結ぶことになった。

オランダ・ロッテルダムのフェイエノールトが、平山に接触を図っていたという話は聴こえてきていましたが、ここに来て急転直下の進展ぶりです。スポニチの特ダネですが、国見高校の小嶺校長にも取材が及んでいるらしいところから、まんざらの飛ばし記事とは読めません。

かねてより特別指定選手として平山を受け入れる予定だった磐田が困惑しています。

磐田仰天「聞いてない」(スポニチ)

平山の受け入れ態勢が整っていた磐田にとっては、寝耳に水の話となった。鈴木政一強化部長(50)は「そんな話はまだ聞いていない」と驚いたような表情。

現状の平山の実力・評価からすれば、ドイツW杯の出場は困難でしょう。仮に磐田と契約しても出場できるのは差し当たりはサテライトから…。山本監督の配慮があったとしても、層の厚い磐田のFW陣を押しのけてJ1リーグ戦の出場機会がどれほど得られるか…。

ドイツW杯出場へ一発逆転…とまではいかなくても、それに近いぐらいのレベルアップをオランダで図るという決意なのでしょう。

ただ、ロッテルダムに行っても磐田よりも厳しい状況なのは当然予想できます。そこを敢えて飛び込むのは、よほどあのワールドユースでの敗退がこたえたのでしょう。大学に進学して伸びる選手もいますが、彼はそうではなかったわけですから…。

今にして残念なのは、筑波大進学に際して、J2の水戸でときどきプレーさせてもらってはどうか…などという話が小嶺校長の口の端に上ったことが、まったくなくなってしまったことでした。

J2は年間44試合もあるとても「教育的」なプロリーグであり、J1よりも出場機会などの配慮はしやすかったはずです。もともと国見高校サッカー部は、大学のチームに普通に勝つだけのレベルのチームでしたし、少なくとも22歳以下のDFしかいない大学リーグとは違って、J1と対して変わらない当たりのDFを相手にでもしないと技量が向上しないのは推測できます。

こうした助走期間を経ることなく、ロッテルダムに行くのはちょっときつそう…だという印象を受けます。まあ、そういうことを勘案してでもなお、環境を変えたい彼の欲求が強かったということなのでしょう。頑張ってきて欲しいです。

TiddlyWiki 1.2.29公開

またバージョンが上がりました。前のバージョンアップが今月の22日でしたから、あっという間ですね。

今回のバージョンアップの目玉は、Firefoxでの保存(SaveChanges)がとても早くなったことです。これでオプションでAutoSaveにしておいてもいいぐらいになりました。

さらにスタイルシート周りに若干変更があったらしく、独自のスタイルシートを当てている人向けに特段のTiddlerが設けられています。私の場合、従来どおりのスタイルシートを適用しても前のバージョンほどの不具合は感じられませんでした。

Revision 1.2.29(TiddlyWiki)

TiddlyWikiについては、いろいろな人が機能をアップする改造技を公開しています。今日も下記のようにページを読み込んでいる最中にロード中である旨を表示させるという小技があるのを知りました。

TiddlyWiki Load Page

ところがこれらの技の多くが元のソースを書き換えるものであり、本家の方でバージョンアップがある度に新しいソースを書き換えなければなりません。

今バージョンのように大幅に使い勝手が向上する改良がなされることもあり、これらの小技を安易に取り入れてしまうのは考えものだなぁ…と思いました。

もちろん、本家筋でのMacroなどの機能拡張についてはこの限りではありません。

Organic HTML : サイト固有の植物を繁らせてみる

Organic HTML

「ENTER」から入ってURLを入力すると、固有の植物をFlashで見せてくれるというサイトです。入力するURLは実在すればどこでも構いません。

Organic HTML

最初にブログ界隈で取り上げられたのは今年の2月初め頃なのでご存知の方が多いでしょうが、また最近ちらほらと記事にされているのを見かけるようになりました。

当時、私などは「冬眠」から覚めたばかりで乗り遅れましたので、こうして今頃になって書いているわけです(笑)

CSSも形状に関連するようですが、HTMLの構造が比較的シンプルだと、天に伸びる竹のような植物ができ、あまり色もつかず、地味なものしかできない…というのがもっぱらの定説らしいです。

あと、記事数やディレクトリ・カテゴリの構成が複雑なほうが変わった形になるような気もします。tsupoさんとこが面白い(笑)

いろいろなサイトで試した方もいらっしゃいます。

Organic HTML Gallery

organic HTML 2(熱ケツ学園)

Konfabulator2.1

Yahoo! Widgets

デスクトップ上に配置するWidget(ウィジット)と呼ばれる「小物プログラム」(とは限らないですが)のエンジンとなるソフトウェアです。

シェアウェアだったのですが、26日に米国Yahoo!に買収されてフリーソフトになったことが発表されました。

ヤフー、ウィジェットエンジンの「Konfabulator」を獲得(CNET Japan)

WindouwsXP/2000用のモジュールも配布されています。ダウンロードは下記のところから…。

Yahoo! Widgets

アカウントはなくてもダウンロードできました。見本となるWidgetも添付されているので使い心地をすぐに試せます。

Konfabulatorと云えば、MacOSXに搭載のDashboardにパクられたとのもっともな作者の主張もあったりして、当時はなんとも気の毒だなぁ…と思いました。あれから1年以上にもなるのですね。

「新Mac OS X のDashboardはパクリ」:Konfabulator開発者が激怒(CNET Japan)

提供されているWidgetの見かけがとてもかっこいいですが、それも作った人のセンスに依ります。

Konfabulator: はじめてのウィジット作成ガイド

生成するウィジットの質は、それらを含むスクリプトおよびイメージの質と直接関係があります。 満足な画像を得たり作ることができなければ、ウィジットに満足しないでしょうし、 ウィジットは、立案時の能力より機能的になりえません。 これはとても重要なことです。

…(汗)

私などはせいぜい枠を作ってこうさぎをデスクトップで飼うぐらいかな…(笑)

ペイント暗号とその解読ツール

『ペイント暗号』はご存知でしょうか?

もっと以前にも見かけた覚えがあるのですが、今日のはてなブックマークでの人気記事に引用されている2chの発言です。

笑いの止まらないコピペ(煙いブログ)

561 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]

投稿日:2005/07/25(月) 23:43:12 ID:V1vLuom+0

1725517331352151732713521515173232712713717531
7080802504994051688080087271352151732713521515
7955187383327813521351851851783230271271371757
1517383187327813521568617302030287127171753123
7176933209668071326851986739271935215151732327
1733327135215173271352151517323271271371753127

ペイント開く>テキストボックス開いて上記数列をコピペ>黒色で背景塗りつぶし>君は真理を得る

できますか?

Windows付属のお絵描きソフト「ペイント」を起動し、ツールバー「A」のボタンをクリックし、範囲を大きく広げます。広げた領域に上の数字列をコピーした後、背景を黒く塗りつぶします。

同じ記事に寄せられているコメント(by みずきさん)には下記の文字列が提示されています。

33633215117253261117722355323
37955377372752672533231484883
68986842711577437117575551257
13857572255239355522217513551
79294827373139822215222137535
16617562321193365362173431751
28127561535391165542739531773
77311385275873185191324121237
12986427373475526837533489864

で、話はこれで終わらなくて…

ペイントを使う手順を省いて数字列から直接暗号を解けるようにされてます。

ペイント暗号解読ツール(最速インターフェース研究会)

こっちを先にやらないほうがいいです。確かに「最速」だけに、つまらないです(笑)

livedoor Blog外部リンクに挟む確認ページ導入は見送り

ブログから外部リンクの際に挟むページにつきまして(8月8日より変更があります)(livedoor Blog 開発日誌)

8月8日(月)より、アダルトカテゴリのブログ(livedoor Blog PRO利用ブログは除く)のみ表示することとさせていただきます。

アダルトカテゴリ以外のブログについては無料版であっても、「非痰壷認定」をしていただきました。

もうこの件に関しては新しく記事を起こすのはいやになっていたところでした。

ご苦労様でした。

  • ライブドアブログ