パンパでガウチョ

移転したけど「小ネタ」は新鮮…のつもり。「パンパ」や「ガウチョ」についての情報は一切存在しません。

FootBall

高校サッカー選手権 決勝 鹿児島実業 - 野洲

お金と時間をかけても観戦したいと思う高校生の試合!

実は私の知り合いの息子さんはFCセゾンでサッカーをやっているとのことです。高校はどうするのかまでは訊いていませんが、こんな試合を見たら野洲か草津東かに行きたいと思うのでしょうなぁ。

この試合の全部は見られなかったのですが、延長戦後半に挙げた野洲の決勝点は美しかったですねぇ。疲れで鹿実の選手の足が止まったとはいえ、野洲のやってきたサッカーを象徴したシーンでした。

ピッチ中央よりやや左サイドに寄った地点から右へのサイドチェンジ。受けた選手はそのままドリブルで突っかけつつも、クルリと回って鹿実のDFをかわし、さらに右サイドに開いた味方にパスし、その選手からのクロスめがけてゴール前に殺到。

教科書どおりの崩しでした。先行逃げ切りの形で勝ちあがって鹿実としてはそれまでの時間に点を挙げられなかったのが全てでした。

野洲のようなパスサッカーのチームが「美しく勝つ」のは、とても難しくなっています。ましてや一発勝負のトーナメントでこのようなチームが決勝にまで勝ちあがってくるのは運も味方しないとなかなか見られません。もっと上の年代や国別代表ならなおさらです。

霞ヶ丘でこんなチームの試合が行われるのはまたしばらくないかもしれません。高校ラグビーは伏工の優勝で、隣の府県同士が制する稀有な年でもありました。いやいや眼福でした。

冒頭にリンクしたページは見にくいので、「JavaScript::Bookmarklet」で配布されている「ウザイ色を正常化」があると助かります。

サッカーあれこれ

Jリーグのレギュラーシーズンが終わってもいろいろありますね。

日本はブラジル、クロアチア、豪州と同組 W杯抽選会結果(スポナビ)

NHKの生中継で見ていました。

ゴンがマフラーを首に巻いて壇上に登場したときは、ちょっと尻のあたりがもぞもぞしました。着用するかどうか直前まで迷っていたそうですが、まあよかたじゃないかな(塩風)。

私としてはイングランドとスウェーデンがまたも同組になった時点で、『代表監督が外国人の場合、その監督の母国と同組になる』という法則を悟り、日本はその通りになりました。当たっても嬉しくないけど…。ただオーストラリアはオランダの組に入らないかったので、ただの偶然でしょう。

ブラジルとは3試合目なのでなにも考えないこととして、次のW杯予選ではアジア出場枠を賭けて戦うかもしれないオーストラリア。どんな感じで試合に臨むかを想像してみました。

得点経過に関わりなく、60分ぐらいまでは慎重な試合運びをした後、今年のコンフェデ開幕試合の対ドイツ戦みたいな感じにギアチェンジというところでしょうか…。それにヒディング采配が加わるからあれ以上の『加速』があるのかもしれません。日本としては臨機応変な選手交代がカギとなりそうです。くれぐれも後手を踏まないようにと今から切に祈っています。

それと、日本の対戦国はいずれもカズが在籍したことのあるところばかりです。世界クラブ選手権以降、手のひらを返したようにカズの露出が嫁ともどもパッタリなくなる…なんてことが少しは抑制されそうな気がしていいことかも…とも思ったり、思わなかったり。

【J1・J2入れ替え戦:第2戦】本日の試合結果(J's GOAL)

ファンフォーレ甲府、J1昇格おめでとうございます。

試合を見ていないのでなんとも分からないのですが、大宮のJ1昇格に貢献したにも関わらず、放出されたバレーのこの一戦に賭ける想いが強かった…と思っておきます。

大宮から放出されたバレーには、J2クラブから複数のオファーがあったとのこと。その中で甲府がJ1昇格への熱意に一番あふれていた…とか(ソースなし)。まだ、23歳ですから今後長くJリーグで見ることになるのかもしれません。

一人で3点は「ハットトリック」と云いますが、6点はなんて云うのでしょうね。やはり日本語の漢字二文字の熟語「○○」しか心当たりがありません。

それにしても、仙台サポの中にも甲府を応援している方がちらほらといらっしゃいます。仙台の来季のことを考えると、知悉している甲府がJ2に留まることの方が有利かもしれないのに優しいなぁ…と思っていましたが、今日の甲府だったらJ1に行って欲しい…と思うのかもしれませんね。

柏はJ2で再出発となりますね。多くの試合をこなせるので、足腰強くチームを練り上げることができます。『この世の終わりではない』ので頑張って下さい。

金子達仁の考える”プロ意識”ってなんだろう? (和敬静寂)

金子達仁のコラム」を誤って読んでしまった方は上の記事をご参照。

サポティスタには、こんな記事も紹介されていました。

再び、他会場の結果(Weps うち明け話)

ハーフタイムに電光掲示板で前半までの経過を表示するぐらいはいいけど、随時場内放送ってのはなんぼなんでもはウザいですなぁ…。金子氏は家でNHKの5元中継でも見ていたほうがいいかも…。スタジアムで真剣に戦っているサポーターなどは視界に入っていないのでしょう。

J2第44節 対甲府戦

京都パープルサンガエンブレム

兵どもが夢の後…。

ガンバ大阪優勝おめでとうございました。

セレッソ大阪、残念でした。特に森島にあっては…(泣) 黒部が役に立ってないことが特に悔しくて、なんともはや…。

さて、この試合、J1優勝争いの陰に隠れていましたが、J2・3位の座を争う当事者との試合でした。結局、負けてしまいました。仙台の方々には「半分だけごめんね…。」という気持ちです。

試合終了間際に甲府が犯したファールに対して、主審が宣言したPKを線審の進言によりFKに切り替わったり、鈴木悟のキックはポストを叩くし、全44節の最後の最後まで勝負のあやがありました。

とはいえ、試合内容では甲府に押されていましたし、京都の負けはある程度見えていました。

まず、スタメンにFWアレモンの名前はなく、太腿裏痛で欠場とのことでした。既にクラブからアレモンとは来季の契約を結ばないことが発表されていることによる著しいモチベーションの低下か…なんていらざる邪推をしてしまいます。

さらに残留が決定した選手たち(特にリカルド)も安心したのか、前節までのガツガツした雰囲気が感じ取れませんでした。仕方が無いことですが、最終節の前に来季の構想を発表すると、こういうことになってしまいますね。

U-18 アジアユース予選 対北朝鮮戦

JFAエンブレム

後半からしかスポナビのネット中継を見られませんでした。ウチの選手がいないこともあって、現状、あまり選手も知りませんので、ちょこっとだけ…。

北朝鮮の忠実なマンマークを主体とした守備は、時間帯を感じさせないほど衰えが見えません。ところが、日本の各選手もこれにたじろぐことなく、よく動いてつないでいました。守備に回ったときも賢く予測して危険な因子を摘み取っていました。この点は日本の方がよく整備はされています。

また、攻めが引っかかって、相手陣内でボールを失いそうになるとスライディングタックルをかまして奪い返したりと、勝ちたい意思がとてもよく伝わってきました。

そんな中、決勝ゴールを決めたときの途中出場のガンバ大阪ユースの安田選手はとても落ち着いていたようで、シュートのときにちゃんとドライブを効かせてゴールの上辺を狙っていました。試合後のインタビューでは、いかにも「大阪のガキ子」といった風貌で納得した次第です(笑)

ハーフナー君もちゃんと仕事できてよかったけど、私が目に付いた選手は大分の福元洋平でした。来年、生で見られるのを楽しみにすることにします。

これがまだ、来年10月にインドで行われるアジアユースの予選リーグなんですが、中東諸国のグループはともかく、中国韓国に対して、北朝鮮と同じグループに属した日本は思えば厳しいグループでした。このグループを勝ち抜いたわけですから選手たちはさらに自信を深めて本大会に臨んで欲しいです。

インドで行われる本大会のベスト4が2007年のカナダでの世界ユースに出場できます。ところで、グループGにはオーストラリアが入っていて、世界への出場枠がまた厳しくなったことを思い知らさせてくれます。こうした勝負までにはかなり時間があるので同年代の代表チームの強化も期待してますし、なによりJリーグクラブに所属している選手はリーグ戦に出場してぜひ名前を売って欲しいです。

J2第43節 対仙台戦

京都パープルサンガエンブレム

こんな記事を書くのも久しぶりな私は、仙台まで応援に行った京都のサポーターには申し訳ないけど、TVでぼんやりのんびり『別に(入れ替え戦出場枠のかかる)仙台が勝ってもいいけど…』という気持ちで観戦していました。

仙台とは前半終了時点で0-0。試合開始直後から15分ぐらいまでは京都のペースで、その後はほぼ互角でした。きつい日程なので仙台がやや疲れているように見えました。

他会場、仙台のライバルである甲府は合口のいいはずの福岡相手に前半終了時で3点差のビハインドでした。試合後の都並監督の談話によると、選手にはこの事実を伝えてはいなかったとのことです。それにもかかわらず(堅くなったわけでもないのに)、仙台の選手は枠を捉えたシュートがほとんどありません。多分、後半に枠を捉えたシュートはロスタイムに入った直後しか印象に残っていませんが、これも京都のGK西村の好守にあって実を結びません。

シュートが枠に行かないのは京都の方も同じなのですが、前半終了直前に斉藤のミドルがとても久しぶり枠に行ったせいで誤魔化されています。

nike提供の動画では別の意味で「枠に行っている」のでいやになりますね…(笑)

ロナウジーニョの動画(ZIP圧縮:33MB)

結局、79分にアレモンが挙げたゴールを辛くも守りきった京都が勝ち、仙台の望みは今節では達成されませんでした。

ぼんやり観ていて、仙台で目に付いたのは、京都を散々な目に合わせたくれた梁が元気なさげだったことと、萬代君の成長度合いがもうひとつだということです。

負けたとはいえ、仙台は依然として甲府に対しては優位にあります。それに京都はホームで対甲府戦で、京都は甲府との合口はいいです。特に美尾…。いや、まだ何が起こるかはわかりませんけど…。

それにしてもJ1。

  1. C大阪…58…[F東京]
  2. G大阪…57…[川崎]
  3. 浦和レ…56…[新潟]
  4. 鹿島ア…56…[柏]
  5. ジ千葉…56…[名古屋]

[]内は最終節の対戦相手です。

要はセレッソが勝てばいいだけの話です(笑) ところで10番を背負ってる黒部は今日も出場せず…ですか…orz

オシム監督が抱いた哀しみは言葉通りに受け止めるしかないようです。ガンバはここに至るまでになんとかならんかったのかなぁ…。

J2第27節 対福岡戦

京都パープルサンガエンブレム

J2を盛り上げることに貢献したお約束どおりの結末でした。

所詮、昨年の川崎みたいにはなれそうもありません。

もとより福岡相手では中盤を作ることが困難な京都ですから、『守備が滅法弱いイタリア(笑)』というイメージで、ワントップに中払がシャドウに入ることは了解していました。

それだけに先発FWは田原で見たかったところです。まあ、直近でチームを預かる監督の判断ですからこれは仕方ありません。

事実、松田は守備にもなかなか奮闘し、前半を無得点で抑えていたので、ここまではゲームプランどおりでした。

ただ、京都の各選手には「何が何でも…」という気持ちが見えないことを証明するかのように、ボールに対する詰めが少しずつ遅れていました。自陣深い位置でうまくボールを絡めとっても、前への押し上げが遅く、次に預ける相手を探すうちに福岡の選手に奪い返される場面も目立ちました。

そのペースは変わらず、結局、後半に立て続けに失点します。

象徴的だったのは、2失点目。直前のポストに当たって跳ね返ったシュートを拾われ、ゴール正面に待機する田中がトラップしたのにすぐ詰めません。ややあって詰めに行くものの、なんと尻を向けてブロックに行きます…orz DFとしては最低の姿勢にがっかりしました。

始めから引き分けでいいつもりで試合に向かうと、現状の京都の守備力だったら、やっぱりこの結果しか得られないという見本のような試合でした。

それにしても田原…。途中から出ても、ちゃんとした仕事ができるんだから、いらん反則するなよ…。

W杯予選 対イラン戦

JFAエンブレム

イランの各選手にしたところで、カリミ・マハダビキアといったヨーロッパ組不在の中、W杯へのチームメンバーに食い込むためのアピールをしなければならないわけですし、日本の各選手も東亜選手権での「全取り替えショック」以降のホームゲームですから、精度はともかく、予想通り、それ相応に引き締まった試合になりました。

試合開始直後から前へ前へという意欲は両方のチームからとても強く感じました。それが多少空回りしてボールを失うシーンはみられるものの、チャレンジしてのことですからチームのリズムを悪化させたりはしません。

イランもよく整備されたチームで、日本からボールを奪うとほとんどロスもなくボールを前に運びますが、やはりスポーツショップチェーン店のオーナーで腹が出かかった新婚ダエイ大先生が「最前線の蓋」となっているところから、最終的な仕掛けはサイドしかなく、アレックスや中澤・田中がサイドでがっちり受け止めてしまうと、危険な匂いはあまりしてきませんでした。

この試合で必死にやっているなぁ…と感じたのが、アレックスと加地、それに玉田・大黒というところで、これは予想の範囲内です。ところがそれにも増して気合が入りまくりだったのが、京都にいた頃から飄々として見える遠藤でした。見ていて楽しかったのですが、今野の台頭がかなり効いたようで、ちょっと心配なような…(笑)。

小笠原・福西・田中らはいつもどおりで、中澤などは風格すら漂う悠々としたプレーでした。そうした中、宮本ツネ様ももちろんいつもどおりなのですが、こころなしか悲壮感が漂っています。

後半、ダエイにPKを与える契機になったクロスを、マルセイユの中田浩二ばりにカブったのはツネ様でしたね。ジーコマイレージが減らないかしら…。

応援に行った方々も、暑い中、お疲れ様でした。

J2第26節 対徳島戦

京都パープルサンガエンブレム

なんか「横綱の貫禄」だったそうですね…。


J2:第26節 京都 vs 徳島 レポート(J's GOAL)

ホームでの勝利を目指す京都と前節の勢いをぶつけて金星を狙う徳島との戦いは京都の横綱相撲といった様相で徳島を退けた。

ビデオを見たのですが、確かにそのような表現は妥当だと思いますが…。

徳島に決定力が不足しているのをいいことに、京都は「プレゼントパス」を何本か差し上げていました。

徳島を舐めているのか、観客を舐めているのか…。

と、悪意にばかり傾いて解釈するのもつまらないのですが、こんなプレー態度を続けていると、J1に上がっても痛い目に合うのは必定です。まだ、何も手にしてはいないとはいえ、こういったことは急には直らないし、監督にあっては今から厳しく指摘して欲しいものだと思います。

後半途中出場の小原はよかったです。後半かなり経過してからの投入だったのでプレッシャーはやや緩めでしたが、ポストプレーを確実にこなし、反転してのシュート体勢に移行する動きもキレがありました。もうちょっと続けて見てみたかったです。

次節はアウェイで福岡との対戦です。少なくとも前半は忍の一字になることでしょうけど、この試合の内容では失点してしまいます。ちゃんと緊張感を持って試合に臨んでもらいたいものです。そうでないと、怪我するよ…。

東アジア選手権 男子 対韓国戦

JFAエンブレム

2日遅れの記事…。

李天秀(イ・チョンス=「ヤカン」)のトイ面が茂庭ということで、どちらかがなにかをやらかしてくれるという期待に胸を膨らませながら、両者のマッチアップを最大の楽しみにしておりました。中澤だとこういう楽しみは無くなってしまいます(笑)

ヤカン」にゴールを決められると、なぜか異様に悔しく感じるので、最悪、彼だけは抑えて欲しいと思っていました。

茂庭の試合後の談話…。

イ・チョンスはやっていて楽しかったですよ。くせやフェイントもビデオで見たつもりだったけど、今度やるときは下がって遠くから打たせた方がいいのかな?

俺の距離でやったら向こうの方が一枚上。U−18からイ・チョンスとはやっているので、そのときのインパクトが強くって、今もすごい。めまぐるしくリズムが変わっていた。

試合中に「そこはお前が行け!」と怒号を発して中田英寿を当惑させたとの噂がある茂庭から想像も付かない、とても殊勝かつ謙虚なコメントですね(笑)

茂庭の逸話についてはUGさんの記事をどうぞ…。

上の茂庭の件もそうですが、今大会の星勘定は1勝1分1敗、得失点差も0と、なにもかもチャラになったような錯覚(?)…。

おまけに、対北朝鮮戦での失点につながるダブルミスを犯した小笠原と中澤が、この試合でアシストと得点という出来過ぎた結末でした。

ところで今大会前に下記のような事件(?)がありました。

「久保辞退」でジーコ監督、横浜に激怒(nikkansports.com)

スポ新の「煽り」を割り引いたとしても、ジーコ監督が当惑するのも無理からぬところです。クラブ・協会間の円滑な意思疎通がなかったことが主因でしょうし、もちろん久保のコンディションを知る横浜の主張は正当なものです。

さて、これを受けてジーコ監督は久保に代わって高さも期待できる千葉の巻を召集しました。今までのジーコ監督ならば、ここは鈴木師匠を指名していたことでしょう。ということは、ジーコ監督は最初の召集選手を発表した時点で、久保をトップに据えた「総取替え」を企図していたことが窺えます。

韓国戦後 ジーコ監督会見(スポーツナビ)

本来なら第1戦から彼らを投入してもいいと考えていたが、自分が躊躇(ちゅうちょ)した。

躊躇した要因には久保の不在もあったのでしょうね。

ということで、ジーコ監督は、いままで出場機会に恵まれなかったり、新たに召集した選手たちを試す大会として、東アジア選手権を位置づけていたと考えるのが自然です。

田島強化委員長のこんな談話があります。

「優勝以上の収穫」=東アジアサッカーで田嶋委員長 (スポーツナビ)

それは云いすぎでしょう…と思いますが(笑)

元々「B代表の編成」を唱えていた田島強化委員長のことですから、「総取替え」についてもなんらかの進言をしていて、それが実現した嬉しさゆえのこの発言なのかもしれません。

J2第25節 対甲府戦

京都パープルサンガエンブレム

甲府盆地だって暑かったでしょうけど、今日はボールを拾いに行くときでもダラダラしてませんでした。

アレモンが太ももを傷め欠場。田原・リカルドは出場停止処分。手島も引き続き負傷による欠場…ということで、危機感が共有されたということなのでしょう。結局、気合の問題ということなのでしょう。

特に久しぶりのスタメンとなったFW松田は、さぞかし気が逸ったプレイをやるのかと思えば、とても落ち着いていました。特に2点目はGKの股を抜いたシュートを決めたりして、あんなことができるとは見直しました。田原スネ男を抜いて3番目のFWへ昇格…(笑)

甲府は他のチームと比べると、プレスを掛けてくる位置が明らかに低く、両サイドともかなり深い位置まで侵入することができましたし、斉藤も伸び伸びとボールを散らしていました。

バレーはあまり守備しないとはいえ、甲府の中盤の選手が他のチームと比べて走力や技量が劣るとも思えないし、大木監督もそんな指示はしてなかったそうなのですが、不思議ですね。京都を苦手としている原因はこの辺りにあるのかもしれません。

京都のDFラインの危なっかしさは相変わらずなんですが、リカルド・手島が抜けても同程度に見えるのがまた頭痛の種です。ただ、鷲田・鈴木悟ともに泥臭く体を張ってゴールを守る姿勢はよかったです。バレーも抑えることができて上出来です。

久々に出場を果たした富田は勝負せず…。1回ぐらいはチャレンジしてもよかったのに残念です。夏に強い京都を取り戻すために京都の子には頑張って欲しいです。

星に替わって右サイドに入った加藤。ボールを受けたときに後ろにしかパスを出さないとすぐに分かるような動作はやめて欲しいです。このときはリードしていたから仕方ないのかもしれませんが、若いんだから、やっぱり勝負に行くフリだけでもしないといけません。

何はともあれ、黄信号が灯ることだけは防げてほっとしました。

いよいよ福岡が2位争いから飛び出し、3位とは勝ち点差6となりました。次々節でアウェーでの対戦となります。その前に徳島を屠らないと…。

  • ライブドアブログ