ペットに関するいろいろな話題や営業中に出会ったペットショップさんや動物病院のみなさまについてお話してます。

2018年07月16日

新しいリーフレットが届きました。

先日、(公社)日本獣医師会 AIPO事務局さんからAIPOの新しいリーフレットが届きました。


以前のものより縁取りがアイポ君の形になり可愛らしくなりました。

「この中に愛と責任がつまってます」のキャッチもなかなか。 頑張ってますねェ〜!

義務化が騒がれている昨今、登録する飼い主さんの利便性を一番に考慮した形の登録団体または登録制度一本化、統一化に向けて全国ネットの最大組織が旗振り役としてリードしていただくことを切にお願いいたします。

リーフレットの内容は、マイクロチップとは? メリットとは? どのように装着するの? 保護されたら?とわかりやすく解説されています。

動物病院やペットショップさんで見かけることがあるとおもいますので、是非お手に取ってご一読ください。 マイクロチップやその登録について知識が深まります。

IMG_1499



kyoritsushokai2 at 11:58コメント(0) この記事をクリップ!

2018年07月04日

キャッチコピー募集します。

弊社の製品はしつけの先生やドッグトレーナーの方々からは一定の支持をおただいておりますが、それがなかなか一般のドッグオーナーの方々まで行き渡っていないのが現実です。


先日札幌のペットショップや動物病院を経営させている社長さんにそんなお話をしましたところ、「ユーザーさんやペットショップの人から商品のキャッチコピーを募集してみては?」とのアイデアをいただきました。

商品の開発から携わってきた”内側”の人間にはわからない、新鮮なアイデアが出るかもしれないというお話でした。

確かに普段使っているペットオーナーさんやそんな方々と直接接していられるショップの方の方がより実践的な声が聴けるのかもしれません。

商品や応募期間は決めていませんが、弊社製品すべてについてキャッチコピー応募します。

どんどんご応募ください。


kyoritsushokai2 at 14:28コメント(0) この記事をクリップ!

マイクロチップの義務化⁈

先日の日本獣医師会総会でも大きく取り上げられていたのが、この「マイクロチップの義務化」、今回はZPK会報6月号にも特集が組まれるほど注目が集まっています。

そもそも動物愛護管理法が前回平成24年度の改正時に施工後5年をめどにマイクロチップの義務化を検討するという附則があり、その5年が経過し今回の改正でいよいよマイクロチップの義務化が行われるのではないかと業界がざわついているというのが現状です。

不確定ではありますが、毎年犬で60万頭、更にそれ以上の猫が生まれていると推察され、3000万頭近くが現にいるとされているなか、マイクチップの装着率は10%にも満たないと言われています。

どの時点(生まれた時かブリーダーから販売された時かはたまたペットショップで終生飼育を約束された飼い主に巡り合ったときなのか?)での装着義務化なのか? 装着しても登録がされなければ意味のないマイクロチップの登録はどこの団体が担うのか? 

議員立法のこの法律、会期が延長された今国会のいつどのような形で採決されるのか? 

終生飼育、飼い主の意識向上や災害時の同行避難などマイクロチップにかかわるペットとペットオーナーそしてその先の社会的利点は多くあると思われますが、とにかく装着と登録の仕組み作りが急務なマイクロチップ義務化を取り巻く環境です。ZPK会報
 


kyoritsushokai2 at 14:07コメント(0) この記事をクリップ!
訪問日記
Profile

株式会社共立商会

カテゴリー一覧