BR治療サイクル3

2016年9月15日

血液採取、毎週血液検査はきつい、10年来使っていた左腕の血管は針を刺しても血が出て来ない様になってしまったので、仕方がなく右腕を使用する様にした。

2016年9月16日

10時からリツキサンの点滴を開始する、100ml、から400ml迄30分毎にスピードを上げて12時で無事終了し、12時30分からベンダムスチンの点滴を開始し、2時40分終了。

2016年9月17日

11時ベンダムスチン点滴開始1時終了。

8月に引き続き、吐き気と怠さに苛まれる、抗がん剤投与後2週間はどうしようもない。

2016年9月30日

2時30分医師面談、結果良し、IgM 5700-3600、ヘモグロビン9.8-12
8年前の状況まで戻る。
医師がIgMはこれ以上下がらないかも知れないが自分としてはハッピーだと言うので、先生がハッピーな限り自分もハッピーですと握手。
当初このままリツキサンの点滴だけ月一で続けるかと先生が言ったが結局10月の4サイクル目を済ませてから結果を見て協議する事に落ち着いた。
血液採取も毎週はしないで良い事になった。

BR治療サイクル4

2016年10月13日

血液採取

2016年10月14日

9:00リツキサン点滴、12:00 ベンダムスチン

2016年10月15日

11:30 ベンダムスチン点滴
看護婦が血管をなかなか探せずステロイドで押した為液漏れで腕に染みが残ってしまった。

2016年11月3日、16日
血液採取

2016年11月17日
2時医師面談

残念ながらIgMの結果が出ていない、どうもテストは高額な為キャンサーセンター依頼じゃないと割愛されるみたいだ。
他の数値からIgMも順調に下がっていると推察される。
因みにヘモグロビンは通常の最低ライン13まで回復。
11月12月と月末にIgMの検査をして一月に再度医師と相談する事に決定した。
来年にはオーストラリアでもイブリティニブが認可されるので見通しは明るい。