2019年05月24日

日本を寿ぐ☆千總ギャラリー



松竹梅に鶴亀…縁起物として、日本のお祝い事に欠かせない植物や動物たち。
絵画の題材として、装飾のモチーフとして様々に表されてきました。
身近な動植物の性質や名前の響きに吉祥の意味を重ねて、人々は不老長寿、子孫繁栄といった幸福への願いを込めました。自然と共に生き、時によりどころとしてきた日本人の心の表れでしょうか。
千總コレクションから、そうした自然に対する願い、喜び、寿ぎの意味が込められた作品をご紹介します。



● ギャラリートーク

千總ギャラリー学芸員より展覧会の見どころや作品鑑賞のポイント、
作品にまつわるエピソードなどをご紹介します。

5月19日(日)、6月10日(月) 両日とも14時〜
参加無料 事前申し込み制
申し込みフォームよりお申込みください。





☆★☆★ 日本を寿ぐ ☆★☆★

■開催日時:2019/4/27〜6/23   10:00〜18:00 水曜休館
■開催場所:千總ギャラリー/ CHISO GALLERY
京都市中京区三条通烏丸西入御倉町80 千總本社ビル2階
■入 場 料:無料
■お問合せ:075-211-2531  もしくは【お問い合わせフォーム】
■U R L :http://www.chiso.co.jp/







「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




kyoto_cf at 07:30|Permalink アート 

2019年05月23日

焼きたてフレンチトーストの「マーサーブランチ」

東京MERCER OFFICEが先斗町に焼きたてフレンチトーストを提供する「MERCER BRUNCH TERRACE HOUSE KYOTO(マーサーブランチ テラスハウス キョウト)」をオープンいたしました。




■Tokyo×Kyoto=New Culture
東京で初めてNYスタイルの「BRUNCH専門店」としてオープンして以降、“BRUNCHする”という言葉や“昼シャン飲む”という言葉を浸透させ、今なお東京のカフェ・レストランでは圧倒的なブランド力と人気を博している「マーサーブランチ」が京都にオープンしました。

伝統と歴史の町“先斗町”の新たなランドマーク的存在となるデザイナーズビル3F、4Fは鴨川沿い、三条大橋が目の前にある絶好のロケーション。鴨川、東山三十六峰を一望でき、一面ガラス張りの店内は、昼には光が差し込んでランチタイムを爽快に演出しています。夜は落ち着いた大人空間で、また違った楽しみ方ができます。

■ブリオッシュフレンチトーストへのこだわり
ランチタイムに必須の焼きたてパンは“フレンチトースト”。

毎日のランチタイムには欠かせない「Cafe」では、好みのプレートやメインにおいしいパンがつきもの。そのパンが実は“フレンチトースト”だったりしたら…さらには特別なレシピで焼き上げたブリオッシュを使った焼きたての“フレンチトースト”だったら…。表面はカリッと香ばしく中はしっとり柔らかで、濃厚なプリンのような仕上がり。甘さを控えめにし食事との相性を追求したフレンチトーストは一度食べればやみつきになること間違いなしです!




MERCER BRUNCH TERRACE HOUSE KYOTO

営業時間
[BRUNCH] 11:00〜17:00(土日祝 10:00〜)
[DINNER] 17:00〜24:00(日曜  〜22:00)
定休日 : 無し
場所
京都市中京区木屋町三条下る石屋町123-3F・4F
鴨川沿い、三条大橋が目の前の絶好のロケーション
TEL
075-221-3080
参照web
http://mercer-brunch-kyoto.com/




「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



kyoto_cf at 08:00|Permalink グルメ 

2019年05月22日

「セレブレーション−日本ポーランド現代美術展−」


日本とポーランドのアーティスト21組による競演


ポーランドと日本は、それぞれ豊かな歴史や文化の伝統を持ちながら発展してきました。とりわけ、両国に共通してみられる感性的特質、季節や時代の移ろいを敏感に感じ取り、変化する姿に「もののあわれ」を感じ愛でる美意識は高く評価されています。

ポーランドは、複雑な歴史を背負いながらも、その中から優れた芸術を生み出し続けてきたばかりでなく、生活全般と密接に結びつく工芸、建築デザインなどでも知られ、また映画や音楽、ファッションなどの分野でも高い評価を得ています。日本は独自の文化・思想的背景を元に、細やかな手仕事と仕上げの見事さで際立ち、また身体感覚と結びついた多様な表現の豊かさも見逃せません。

本展では、両国の若手中堅の作家に注目し、その美的・批判的価値の共通要素に焦点を当て、鋭い感性で社会を切り取る作品を通じて、両国の現代社会の姿について考えてみたいと思います。



本展を準備するにあたり、異なる様々な文化的背景を持った両国の作家相互がそれぞれに「生きた対話」を行い、意見交換し、学び合ってきました。本展は非・一元的な価値観や現象を示すことを目指しており、それを通じて、主要な中心的位置から隔たった、より小さな社会構造や目立ちにくい地方都市において、より生き生きとした社会生活が営まれることが示されるでしょう。

小泉明郎《私たちは未来の死者を弔う》2019 
c Meiro Koizumi Courtesy of MUJIN-TO Production
PHOTO ARCHIVE

本展は日本とポーランド両国で実施し、そのことで社会的政治的な変化や芸術のポストコロニアル的な解釈といった、同一のテーマに関して、いわゆる西欧的ではない立場から、多様で異なる見方を提案します。

 

 



日本ポーランド国交樹立100周年記念 ポーランド芸術祭2019 in Japan
☆★☆★☆  「セレブレーション−日本ポーランド現代美術展−」 ☆★☆★☆

■開催日時:2019/5/18〜6/23
京都芸術センター10:00〜18:00 ※5/29、6/12は休業(ギャラリー北・南は20:00まで、無休)
ロームシアター京都10:00〜19:00 ※5/29、6/3、6/12は休業
ザ ターミナル キョウト10:00〜18:00 ※無休
世界遺産・二条城(5月18日〜5月26日のみ)8:45〜17:00(入城は16:00まで)
■開催場所:京都芸術センター /ロームシアター京都/ザ ターミナル キョウト
■料   金:観覧無料
■お問合せ:075-213-1000     E-Mail:info@kac.or.jp
■U R L:http://www.kac.or.jp/






「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




kyoto_cf at 17:19|Permalink アート 
ClubFameのトップページへ飛ぶ
京都街場文化サイト


京都CFホーム
top1000
京に癒やされ・コラム集

電脳新聞無料購読申込へ
五所の京都街場文化雑記帳

■おいしいリンク集

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
記事検索
Archives
もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村