2011年04月

2011年04月29日

黄金週間/美しい藤の回廊の無料一般公開

22toba-keage_hana




鳥羽水環境保全センターは、藤の名所としても知られる京都市最大の規模を誇る浄水場です。

年に一度の数日限りでの一般への公開となります。


f0300dd6

休日は水にまつわるスタンプラリーなど楽しいイベントも開催され多くの家族連れで賑わいます。


46882ed4



芝桜と藤の織り成す風景の中で、お過ごしになりませんか。



0a6ae36c


京都駅と現地とのピストンバス運行がされていますので、お問い合わせください。

開花状況をお問い合わせの上、お出かけください。



鳥羽水環境保全センター 〜藤の公開〜

開催日時:平成23年4月28日(木曜日)から5月1日(日曜日)までの4日間
 ・午前10時〜午後4時(入場は,午後3時30分まで)

開催場所:鳥羽水環境保全センター
京都市南区上鳥羽塔ノ森梅ノ木1

お問合せ:075-672-7832 (上下水道局下水道部施設課)

地図




kyoto_cf at 12:33|Permalink

2011年04月28日

GWにマイセンを見る/開窯300年 西洋磁器の誕生

多くの人が憧れるマイセンの陶器。

高価なので、現代作家ものといえ、なかなか手に入れることができませんね。



11_02-crs_s

純白の硬質な磁器(白磁)を作る技術がなかった17世紀のヨーロッパでは、中国の磁器や日本の伊万里焼は人々の憧れとなっていました。

そして1710年、ドイツのマイセン王立磁器製作所において、ヨーロッパ初となる東洋の磁器とほぼ同質の「硬質磁器」を生み出すことに成功しました。


開窯300年を記念した本展覧会では、マイセン窯の歴史のなかでも最も栄光ある時代とされる、最初の半世紀の作品が紹介されています。


snowball_meisen300

華やかなだけでは終わらない、マイセン磁器の真髄を表した作品の数々とともに、それらを創り出した18世紀のヨーロッパ文化の特色が感じられるでしょう。


天才的な二人の創始者、J.G.ヘロルトの絵付けとケンドラーの造形によって、宮廷のためにのみ製作する王立の美術工房から、企業としての磁器工場へと発展してきたマイセン。
マイセンはヨーロッパで磁器を初めて作った窯でした。


zuroku_11_02

工芸品から始まり、芸術品へと昇華したマイセンの作品を、図録とともに是非ご覧ください。



陶磁器に出会う 開窯300年マイセン 西洋磁器の誕生


開催場所:京都 細見美術館
開催期間:2011年4月23日(土)−7月3日(日)

開館時間:午前10時〜午後6時 (入館は、午後5時30分まで)

休館日 :毎週月曜日 ※但し、5月2日は開館
入館料 :一般1000円(800円) 学生800円(600円) ※( )内は20名以上の団体料金

京都市左京区岡崎最勝寺町6-3
お問合:075-752-5555

http://www.emuseum.or.jp/index.html



map_s


続きを読む

kyoto_cf at 16:32|Permalink アート | リリース

2011年04月27日

戸谷真子 紅型展 初夏の彩り

紅型を始めて10年、
京都で工房を始めて5年。

戸谷真子さんの
オリジナリティー溢れる紅型の世界。

戸谷真子


帯、着尺、バッグ
などが並びます。
カクテルドレスも出品いたします。


<出品内容>
カクテルドレス、ワンピース、スカート、ショール、帯、帯揚げ、
麻タペストリー、バッグ、がまぐち、日傘 など
(展示作品販売可・オーダー可)

※売り上げの5%を東北地方太平洋沖地震の
復興支援として寄付します



今、あなたに出来る支援がここに!

「東北関東大震災」支援クリック募金


 日本赤十字社/東北関東大震災義援金を受付

 


■期間   :2011年5月3日(火)〜8日(日)
■場所   :京都市中京区堺町通御池下ル西側丸木材木町680-3
■会場   :くらふと・ギャラリー「集」
■時間   :午前11時〜午後7時(最終日は5時まで)
■入場料  :無料
■お問合せ :TEL 075-254-3955 くらふと・ギャラリー「集」内田迄
■URL      :http://www.ac-n.com


kyoto_cf at 21:23|Permalink アート 

2011年04月26日

東寺1200年の寺宝に触れる

東寺は、
正式名称を「教王護国寺」といい、東寺真言宗の総本山。

DSC_6144DSC_6035



弘法大師空海に下賜され
真言密教の根本道場として栄え、庶民の信仰を集めている。


DSC_6056

DSC_6064DSC_6054


今回展示されている、
国宝「五大尊像」は、
真言宗の寺院で現存する最古の五大明王の画像。

DSC_6050

DSC_6166DSC_6158



「五大尊像」は、
不動明王を中心とした五つの明王の絵像。
展示会では、
4月21日までの前期に不動明王と降三世明王を、
後期に軍荼利(ぐんだり)明王と金剛夜叉(やしゃ)明王の絵像を
展示する。

中国・唐時代の仏像「兜跋(とばつ)毘沙門天立像」(国宝)は、
平安京の入り口に当たる羅城門の楼上にまつられていたと
伝わる。

昨年度に
境内の発掘調査で見つかった宋銭や平安時代の鬼瓦も並ぶ。



桜は見頃を過ぎた京都の今は
新緑が目に眩しい季節。
GWはぜひ!





東寺(とうじ)春期特別公開
■見どころ:宝物館特別展「東寺の五大尊像−怒りの群像−」
■開催場所:京都市南区九条町1
■開催期間:2011年3月20日(日)〜5月25日(水)
■拝観時間:9:00〜17:00(受付終了)
■拝 観 料 :一般500円 中学生以下300円
■お問合せ:TEL.075-691-3325
■URL      :http://www.toji.or.jp/

今、あなたに出来る支援がここに!

「東北関東大震災」支援クリック募金


 日本赤十字社/東北関東大震災義援金を受付

 


kyoto_cf at 19:57|Permalink イベント | 歳時

2011年04月25日

夜灯りに灯された額縁庭園で幽玄の世界にひたる

宝泉院の庭園は、
客殿の柱、鴨居を額縁に見立て、
客殿の間から絵画を眺めるように楽しむ、
額縁庭園といわれる。

宝泉院1


お香がほのかに香る客殿から観る夜灯りに灯された庭園は、
新緑に萌える昼とは違う姿を見せ、
時の経つのも忘れ非日常の幽玄の世界を
堪能することでしょう。

周辺の道は暗くなっています。
懐中電灯など持たれると安心ですよ。




春の夜灯り 大原 宝泉院

■開催場所:京都市左京区大原勝林院町187 
■開催期間:2011年4月23日(土)〜5月8日(日)
■開館時間:18:00〜21:00(閉門)※拝観受付終了20:45
■拝 観 料:一般800円 中高生700円
■お問合せ:TEL.075-744-2409 
■URL     :http://www.hosenin.net

今、あなたに出来る支援がここに!
「東北関東大震災」支援クリック募金


 日本赤十字社/東北関東大震災義援金を受付

 


kyoto_cf at 23:20|Permalink イベント | 歳時
ClubFameのトップページへ飛ぶ
京都街場文化サイト


京都CFホーム
top1000
京に癒やされ・コラム集

電脳新聞無料購読申込へ
五所の京都街場文化雑記帳

■おいしいリンク集

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
記事検索
Archives
もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村