2017年11月

2017年11月30日

當る酉歳 吉例顔見世興行★ロームシアター京都

京の年中行事
當る戌歳吉例顔見世興行

東西合同大歌舞伎
中村橋之助改め 八代目 中村芝翫 襲名披露
中村国生改め 四代目中村橋之助
中村宗生改め 三代目中村福之助 襲名披露
中村宜生改め 四代目中村歌之助

今年はロームシアター京都に「興行まねき」が掲げられています。 


ロームシアター京都には、仮の花道を設置するほか、場内提灯やまねき看板、芝居絵看板など、歌舞伎らしいしつらえも検討されており、ロームシアター京都の美観を活かしつつ、着々と準備が進められています。
まねき上げなど伝統ある顔見世関連の行事も受け継がれ、歌舞伎の伝統と京都の文化の殿堂が織りなす、“今年ならでは”の「吉例顔見世興行」。お見逃しのないよう、足をお運びください。

 

チケット好評販売中
チケットWeb松竹 24時間受付

※チケットWeb松竹 携帯版はこちら http://www.ticket-web-shochiku.com/
※パソコン、スマートフォン、携帯より24時間受付。販売初日は10:00〜
※チケットWeb松竹についてのお問い合わせ 03-3545-2200(10:00〜18:00)

 京の年中行事

☆★☆★ 當る戌歳 吉例顔見世興行 ☆★☆★

■開催日時:2017/12/1〜12/18      昼の部11:00〜 夜の部 16:00〜
■開催場所: ロームシアター京都 京都市左京区岡崎最勝寺町13
■料      金:
1等席(一階全席) 20,000円
2等席(二階全席) 12,000円
3階A席(三階正面前方) 8,000円
3階B席(三階正面後方) 5,000円
3階C席(三階左右) 3,500円
■お問合せ:075-561-1155(代)南座
■URL :http://www.kabuki-bito.jp/index.html
http://www.shochiku.co.jp/play/minamiza/






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ





kyoto_cf at 08:47|Permalink 歳時 

2017年11月29日

秋期特別展 名碗 ロシアを旅した樂

大昔から現代に至るまで日常生活には欠かせない、うつわ。
ガラスのうつわ。陶器のうつわ。金属のうつわ。時には、葉っぱをうつわにすることも。
それぞれの楽しみ方や感性で、うつわは使う人、見る人を魅了します。

2015年に国際交流基金、ロシア・エルミタージュ美術館、プーシキン美術館、樂美術館の主催によって「樂‐茶碗の中の宇宙」が開催されました。樂焼という日本の特殊な焼物の展覧会にもかかわらず、ロシアの人々の高い関心を集め、特にプーシキン美術館においては、およそ13万人の入場者があり大盛会となりました。
プーシキン美術館の展覧会では、講演会や15代吉左衞門と樂篤人氏によるギャラリートークの他にも、子供たちによる茶碗を制作するワークショップや樂茶碗を描くワークショップ等が催され、関連イベントも極めて充実したものとなりました。
こうした取り組みは、単に海外で日本の展覧会を行うということに留まらず、ロシアと日本の市民の間に深い交流を生み、中でも子供たちとの交流は、大変意義のあるものでした。
昨年から今年にかけては、京都国立近代美術館、東京国立近代美術館において「茶碗の中の宇宙 樂家一子相伝の芸術」がロシアでの帰国展として開催されました。開催中は若い人々の姿も多く見られ、約13万人の入館者がありました。
今回の秋期特別展では、樂美術館特別版の帰国展として、ロシアの人々との交流にも焦点を当て心の中に残るこの素晴らしい思い出を展覧会に致しました。
ロシアを旅した樂焼の名品と共に、ロシアの子供たちが描いた樂茶碗の絵、15代吉左衞門と子供たちが制作した樂茶碗なども特別出品されます。

 「15代樂吉左衞門 ギャラリートーク」

当代と一緒に展覧会を観ましょう!

初代長次郎作 二彩獅子(重要文化財)や、かつて千利休が所持した長次郎作 黒樂茶碗「万代屋黒」、三代道入作 黒樂茶碗「青山」(重要文化財)と共に樂歴代の名品が一堂に並ぶ今回の秋期特別展。

ギャラリートークでは、当代がこれらの名品について解説すると共に、ロシアで現地の方々と交流して感じ取った思いなどをお話いたします。

開催日時:
10月13日(金)、10月20日(金)、11月10日(金)、11月17日(金)、12月1日(金)

各回 17:00〜18:30

会費:3000円(入館料含む。ロシア展記念グッズ、展覧会冊子付)

ご予約はお電話にて(075-414-0304)樂美術館まで。

 

 

☆★☆★ 秋期特別展 名碗 ロシアを旅した樂  ☆★☆★
樂美術館版 エルミタージュ、プーシキン美術館帰国展

■開催日時:2017/9/30〜12/24   10:00〜16:30 (入館は16:00まで)
休館日/月曜日(祝日は開館)
■開催場所:樂美術館 京都市上京区油小路通一条下る
■料  金:大人1000円  大学生800円  高校生400円  中学生以下無料
■お問合せ:075-414-0304
■U R L:http://www.raku-yaki.or.jp/




メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ





kyoto_cf at 08:00|Permalink アート 

2017年11月28日

城陽の冬の風物詩 “TWINKLE JOYO 2017”



城陽の冬の風物詩となったこのイルミネーションも昨年は約16万人の来場者がありました。
16回目を迎える本年も、イルミ球を目標100万球に増設。より煌びやかな装飾をお楽しみください。
「永遠の青空」を表す青色LEDの60メートルのゲートと「純真な心」を表す白色LEDのゲートがお出迎え。
期間中、様々なイベントや地元特産品等の販売で盛り上がります。


p15086c


118210_2


16回目となる城陽の冬風物詩光のページェントは“TWINKLE JOYO”またはジョミナリエと呼ばれるほどになりました。

 

☆★☆ TWINKLE JOYO 2017 ☆★☆

■開催会場:城陽市総合運動公園レクリエーションゾーン
京都府城陽市寺田大川原
■開催期間:2017年12月1日〜12月25日
点灯式 2017年12月1日  17:30〜
人前結婚式 2017年12月1日 18:00〜
■点灯時間:17:30〜21:30
■料金  :無料
■お問合せ:城陽市観光協会 TEL.0774-56-4029
■URL   :http://www.joyo-kankou.jp/






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ





kyoto_cf at 09:00|Permalink お知らせ 

2017年11月27日

アグネス・イルミネーション2017

1


平安女学院 京都キャンパス
アグネス・イルミネーション2017
※写真は2016年度のものです。

 

烏丸下立売に聖アグネス教会があります。
レンガ造りの素敵な教会で、隣接するのが平安女学院。
心温まる手作りのイルミネーション。13年目を迎える。


5cb5998f322902d8


今年のテーマは「祈り 〜光がつなぐ人の輪〜」です。
企画から点灯まで、およそ1年近くにわたる手づくりの力作をぜひご堪能ください。
点灯は、点灯式(11月25日17:20〜)を皮切りに、毎日16時半〜21時、12月25日まで行われます。

 

0a858dea

 



☆★☆★☆ アグネス・イルミネーション2017 ☆★☆★☆
■開催日時:2017/11/25〜12/25     16:30〜21:00
■開催場所:平安女学院
〒602-8013 京都市上京区烏丸通下立売西入五町目町172-2
■料  金:観覧無料
■お問合せ:075-414-8154
■URL :http://www.heian.ac.jp/






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ





kyoto_cf at 08:00|Permalink イベント 

2017年11月26日

『RE/PLAY Dance Edit』 ☆Contemporary Dance 国際共同製作


流れ続けるポップ・ミュージック。倒れては踊り続けるダンサー達。カンボジア、シンガポール、日本を拠点とするダンサーたちの、剥き出しの踊りの競演!

 

京都芸術センターで実施しているKAC Performing Arts Programでは、舞台芸術の創作・発表へのさまざまな取り組みを通して、その可能性に挑戦しています。



今回は、Offsite Dance Project、RE/PLAY Dance Edit実行委員会との共同企画のもと、多田淳之介演出によるダンス作品『RE/PLAY Dance Edit』を、カンボジア・シンガポール・日本のダンサーとともに再制作します。


本作は、きたまりがプログラムディレクターを務めた「We dance 京都2012」にて、多田淳之介率いる東京デスロックの演劇作品『再/生』(2011)を下敷きに制作・初演。強靭な構造とその中で踊る/踊らないダンサーたち晒す剥き出しの身体と踊りで話題を呼びました。
その後本作は、横浜・シンガポール・プノンペンにおいて、各地のダンサーとの再制作を行い、それぞれの土地やダンサー達の多様さを浮き彫りにしてきました。



今回の京都での再制作では、これまでの巡回地で出会ったダンサーに加え、オーディションで新たに出演者を選出。土地も文脈も異なるダンサーたちの姿から、アジアの身体、踊り、社会の現在が露わになることでしょう。



 

【RE/PLAY Dance Edit 関連企画】
ウェルカムパーティー&ディスカッション「あなたのまちの踊りを教えて!」
2017年11月19日(日)18:00〜20:00

KAC Performing Arts Program 2017
Contemporary Dance 国際共同製作

☆★☆★  『RE/PLAY Dance Edit』   ☆★☆★
■開催日時:2017/11/25〜11/26
※25日(土)19:00開演/26日(日)15:00開演
■開催場所:京都芸術センター 講堂
〒604-8156 京都市中京区室町通錦小路上ル京都芸術センター北隣
■入 館 料:一般前売\2,000 / 当日 \2,500
■お問合せ:075-213-1000
■URL  :http://www.wedance.jp/replay/






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ





kyoto_cf at 08:00|Permalink エンタメ 
ClubFameのトップページへ飛ぶ
京都街場文化サイト


京都CFホーム
top1000
京に癒やされ・コラム集

電脳新聞無料購読申込へ
五所の京都街場文化雑記帳

■おいしいリンク集

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
記事検索
Archives
もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村