アート

2018年10月23日

堅田*はまさんぽ〜アートでまち歩き〜


堅田の浜通り商店街とその周辺で開催される堅田*はまさんぽ〜アートでまち歩き〜に美術領域の学生・教職員が、企画運営、デザイン、出品者として多く関わっています。



【出展アーティスト】
◎招聘アーティスト
石井誠/国谷隆志/四間丁愛/信ヶ原良和/馬場晋作/藤井俊治/福田真知

◎学生アーティスト
青木海優/池澤虹歩/板原静夏/うえだあやみ/上田優喜美/上野モモ/岡田岳大/吉良加奈子/四宮弘賀/清水果穂/城ヶ崎をり/園部映莉香/千坂尚義/中筋みなみ/中村あかり/遼haruka/廣野鮎美/みなづきとうか/宮崎菖子/山口世楠/ゆりかき

◎特別参加
山本信一(金時堂)/堅田学区自治連合会 堅田まちづくり連絡協議会「案山子アートチーム」

【関連イベント】
◎オープニングレセプション
10月26日(金)17:00〜

◎ナイトギャラリーツアー
10/30(火)
11/1(木) 各20:00〜
出品作家と回る、ひと味違った夜のギャラリーツアーです。

◎はまさんぽツアー
10/27(土)
11/4(日) 各13:00〜
商店街の人と回る、浜通り商店街魅力発見ツアーです。

※共に1時間程度を予定

 


☆★☆★  堅田*はまさんぽ〜アートでまち歩き〜☆★☆★

■開催期間:2018年10月26日(金)〜11月4日(日)  10:00〜16:00
■開催会場:堅田浜通り商店街およびその周辺(大津市本堅田1丁目、2丁目付近)
インフォメーション:「白い家」滋賀県大津市本堅田1丁目19−12
■お問合せ:chiikiart@gmail.com(地域とアート実行委員会)>





京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


kyoto_cf at 18:00|Permalink

2018年10月13日

描かれた「わらい」と「こわい」展 ─ 春画・妖怪画の世界/細見美術館

中世から近世にかけて、日本人は絵巻や浮世絵で日常のなかの目に見えるもの、あるいは形なきものを視覚化してきました。日常の「表と裏」、「この世とあの世」。そこには今以上に境目があいまいな世界が広がっています。
本展覧会では、国際日本文化研究センターが現在所蔵する妖怪画・春画のコレクションより精選された約150点を通して、「笑い」と「怖い」という一見相反するテーマのもと、恐怖と笑いが地続きで繋がる前近代の豊かな日常をみていきます。

 

1期:10月16日(火)〜10月28日(日)  3期:11月13日(火)〜11月25日(日)
2期:10月30日(火)〜11月11日(日)  4期:11月27日(火)〜12月9日(日)

国際日本文化研究センター

昨年創立30周年を迎え、日文研の名で親しまれている国際日本文化研究センターは、1987年日本文化に関する国際的・学術的な総合研究と世界の日本研究者に対する研究協力・支援を行うことを目的に設置されました。

 

日文研コレクション
☆★☆★ 描かれた「わらい」と「こわい」展 ─ 春画・妖怪画の世界 ☆★☆★
■開催日時:2018/10/16 〜 12/9  10:00〜18:00
休館日/月曜日(祝日の場合は開館、翌火曜日休館)
■開催場所:細見美術館  京都市左京区岡崎最勝寺町6-3
■料  金:一般1500円
■お問合せ:075-752-5555  info@emuseum.or.jp




メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。

→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ





■URL :http://www.emuseum.or.jp/index.html



kyoto_cf at 10:44|Permalink

2018年10月11日

琳派ロックpart3 /平安神宮

ロックをベースに、絵と歌とダンスがクロスオーバーする
一大エンターテインメントショー。

 


出演者総勢 約100人全員が主役の舞台


今年は会場を平安神宮に移し、本殿前特設ステージで京都在住の歌手や舞踏家、演奏団体など24組が出演する。大正期から活動する雅楽団体「平安雅楽会」や宇治田原町に拠点を置く和太鼓チーム「大和の響き・京」、シャンソンの和サブローさん、マイケル・ジャクソンのダンスを伝える「MDP Masaki」さんら幅広い分野から参加する。

 



歌、踊り、演奏、そしてアート!!!ロックにシャンソン、ホーミー
バンドはもちろん、シターラ、トロンボーン、和太鼓
hip-hop、コンテンポラリーダンス、ライブペイントetc


 




琳派ロックpart3

■開催日時:2018/10/12  開場:17:30 開演:18:00
雨天順延10/13
■開催場所:平安神宮
■料 金:全席自由 5000円  前売のみ
■お問合せ:075-254-2888 (株)エレファント
rimparock.com






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。

→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ





kyoto_cf at 20:48|Permalink

2018年10月03日

へうげもの・織部好みの“対照の美”とは? / 古田織部美術館

img01


古田織部重然は、利休亡き後に豊臣・徳川政権で「天下一」と称された武将茶人です。激動の桃山時代後期の茶の湯をリードした、独特の美意識を持つ古田織部好みの茶道具を年3回の展示でお楽しみ下さい。

古田織部は、徳川2代将軍秀忠の茶の湯指南役でもありました。織部が将軍に与えた影響は大きく、幕命により織部が自刃した後も、秀忠は師を慕い、織部流の茶の湯を遵守したのです。



本展では織部が見出した道具の取り合わせとそこに宿る“対照の美”を紹介します。織部の師・利休好みの道具は均整がとれているため、どのような取り合わせでもほぼ調和します。しかし、織部好みの道具は利休に比べ、激しく歪んでいたり、背が高すぎる、もしくは低すぎるなど大変個性的で、取り合わせが難しく見えます。実はここに織部独特の緻密な計算があり、細くて背の高い茶入には平たく背が低い沓形茶碗を合わせるというように、相反する性質のものを取り合わせることで、それぞれが個性を発揮しつつも、全体として調和するようになっています。それは“対照の美”、すなわち、全く性質の違うもの同士を並べ比べたとき、その違いが際立つ美と呼べるでしょう。


本展では、この取り合わせを再現し、水指・茶入・茶碗を三つ に展示。加えて伝世品がない美濃焼の蓋を茶入に載せたり、大振りな細口の釜に織部形の大きな柄杓を取り合わせるなど(「旧聞録」)して展示します。織部の見出した“対照の美”をどうぞゆっくりとお楽しみください。

 

 

平成30年 秋季展
☆★☆ へうげもの・織部好みの“対照の美”とは? ☆★☆
■開催期間:2018/09/21〜2019/01/15    9:30〜17:30(入館は17:10まで)
休館日/期間中無休
■開催場所:古田織部美術館
京都市北区大宮釈迦谷10-37 太閤山荘内
■料   金:一般500円   高校生・大学生400円    中学生以下300円
■お問合せ:075‐707‐1800
■URL :http://www.furutaoribe-museum.com/






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。

→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ






kyoto_cf at 07:30|Permalink

2018年09月28日

ニュイ・ブランシュKYOTO 2018

パリ白夜祭への架け橋
―現代アートと過ごす夜―
2018テーマは「五感」



京都市では,姉妹都市であるパリ市との友好関係を深めるため,パリ市で毎年10月の夜に開催されている「ニュイ・ブランシュ(白夜祭)」の開催に合わせて,10月5日(金)の夜,市内各地で,無料で楽しめる現代アートのイベント。
回を重ねるごとに現代的なクリエイティビティが活気付く、国際交流を促進するイベントです。本年は京都・パリ友情盟約締結60周年、および日仏交流160周年を祝して開催される。

京都国際マンガミュージアムをはじめとしたパブリック、プライベートを合わせた42会場でイメージ、音、香りなど、あらゆる感覚を刺激する、日仏アートの活力溢れる夜となる。

各々の五感を武器に、観客はそれぞれ好みのコースを作成し、ヴィジュアル・アートやスペクタクル、プロジェクション・マッピング等の作品を巡ることになります。そこには比喩的な意味においても、また実際の意味においても、新しい香りが満ちています。

イベントスケジュール

京都国際マンガミュージアム

18:30-22:00

京都市中京区烏丸通御池上ル
www.kyotomm.jp
お問合せ:Tel.075-254-7414
アクセス:地下鉄烏丸線・東西線「烏丸御池」駅2 番出口より烏丸通を北へ徒歩2 分/市バス15、51、65「烏丸御池」下車すぐ/京都バス61、62、63「烏丸御池」下車すぐ

18:30-18:50
c Yvan Cledat

オープニング・セレモニー

門川大作/ 京都市長、ローラン・ピック/ 駐日フランス大使、クリストフ・ジラール/パリ市副市長(ニュイ・ブランシュ発案者)によるご挨拶。フランスのアーティスト・デュオによる「レ・ベニュール」や、日本からもスペシャルゲストが登場予定!

c Cyril Meroni
19:00-19:20

プロジェクション・マッピング【2018新作上映】

マチデコ・インターナショナル −街を映像でデコレートするプロジェクト−日仏アーティストによる映像作品をマンガミュージアム壁面に上映。
江村耕市シリル・ムローニがそれぞれ新作を発表します。

c Benni Valsson
19:25-19:45

ベルトラン・ブランによるライブ

フランスのシンガーソングライター、ベルトラン・ブラン(ボーカル・ギター)が、タチアナ・ムラデノヴィッチ(ドラム)とティボー・フリゾーニ(ベース)と共に初来日。低音ボイスとスロウな語り口のメロディーを、フォーク・ロックサウンドにのせて聴かせます。

19:50-20:20

プロジェクション・マッピング【2009–2017アーカイブ上映】

昨年、雨天のため上映できなかった2017年新作映像と、2009–2016年までに上映した作品から特に好評だった作品をアンコール上映。
上映アーティスト:春巻つくね、大見康裕、上野あきのり+松本篤史、吉光清隆、phenographics

c Blaue Rosen
20:25-20:50

アンヌ=ジェームス・シャトンによるライブ 「Some songs」

フランスの音響詩人アンヌ=ジェームス・シャトン(2008年度ヴィラ九条山レジデント)が、日常生活で身近にあるテキストを用いて、公共の場で耳にする音声にフォーカス。モールス信号をもとにしたビジュアル・サウンド表現を提案します。

20:55-21:20

プロジェクション・マッピング【2009–2017アーカイブ上映】

マチデコ・インターナショナルで2009–2017 年までに上映した作品から、特に好評だった作品をアンコール上映。
上映アーティスト:窪木亨、江藤ごなお、尾内丞二、神里亜樹雄、高木正勝

c Benni Valsson
21:25-21:45

ベルトラン・ブランによるライブ

ポエティックなテキストが魅力の新感覚フレンチ・シャンソンをお届けします。

プロジェクション・マッピング企画製作:楽洛まちぶら会、ART COMPLEX
ニュイ・ブランシュKYOTO 2017
〜パリ白夜祭への架け橋〜
―現代アートと過ごす夜―
イベント会場一覧
日時
平成30年10月5日(金)
主催/問い合わせ
京都市総合企画局国際化推進室 TEL:075-222-3072
アンスティチュ・フランセ関西 TEL:075-761-2105
参照web
http://www.nuitblanche.jp




メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。

→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



kyoto_cf at 09:00|Permalink
ClubFameのトップページへ飛ぶ
京都街場文化サイト


京都CFホーム
top1000
京に癒やされ・コラム集

電脳新聞無料購読申込へ
五所の京都街場文化雑記帳

■おいしいリンク集

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
記事検索
Archives
もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村